運動会に向けたスニーカー選び。子どもやママ、パパに選んだもの

運動会に向けたスニーカー選び。子どもやママ、パパに選んだもの

意識したポイントやコーディネート例など

運動会に向けて子どもに新しいスニーカーを用意したいと考えることや、運動会でおしゃれに見えるママやパパの服装について知りたい方もいるかもしれません。今回は、運動会に向けて子どものスニーカーを選ぶときのポイントの他に、ママとパパの靴やファッションについてもご紹介します。

運動会に新しいスニーカーを用意したい

保育園や小学校の運動会が近づくと、子どもに新しいスニーカーを用意しようと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。運動会に行くときのママやパパの靴や服選びで迷うこともあるかもしれません。

子どものスニーカー選びや運動会について気になることを、ママやパパに聞いてみました。

30代パパ
運動会ではかけっこがあるので、子どもに速く走れそうなスニーカーを用意したいです。走りやすそうなスニーカーを選ぶには、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。
30代ママ
小学校の運動会に行くのが初めてで雰囲気がわかりません。他のママたちはどのような服装で運動会に行くのか気になります。
パパやママたちからは、運動会のかけっこに出る子どもに速く走れそうなスニーカーを用意したいという声や、運動会を見に行くときの服装について知りたいという声が聞かれました。

今回は、運動会に向けて、子どものスニーカー選びのポイントやママやパパのファッションなどについてご紹介します。

運動会に向けた子どものスニーカー選び

運動会で履く子どものスニーカーを選ぶときのポイントについて、ママやパパに聞いてみました。

サイズ

30代ママ
かけっこの途中で靴がぬげないように、サイズやフィット感を意識するのもポイントだと思います。運動会に用意したスニーカーは、子どもの足にピッタリのサイズを選ました。
子どものスニーカーは、メーカーによって同じサイズ表示でもフィット感が変わるように感じるというママの声がありました。運動会のスニーカーを選ぶときは、いくつか試し履きしてちょうどよいものを選んだパパもいるようです。

デザイン

さまざまな子ども靴
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
息子は慌ててスニーカーを履くときに、靴のかかとを踏んでいることがあります。靴を選ぶときは、面ファスナーがついていて脱ぎ履きしやすそうなスニーカーを選びました。
子どもに脱ぎ履きのしやすそうなデザインのスニーカーを用意したママがいるようです。スニーカーのかかと部分に、紐がついていると履きやすそうだというパパの声も聞かれました。

軽さ

30代パパ
軽いスニーカーが走りやすそうだと考えました。子どもには、スポーツメーカーの軽いタイプのスニーカーを選びました。
運動会に向けて、子どもに軽いタイプのスニーカーを用意したパパがいるようです。実際にスニーカーを手に持って、軽さを比べたというパパの声も聞かれました。

走りやすいスニーカーを用意して、子どもが運動会で力を出し切れるよう応援できるとよいかもしれませんね。

運動会のママやパパの足元は?

子どもの運動会を見に行くとき、ママやパパの靴選びで迷う方もいるかもしれません。ママやパパたちに運動会にどのような靴を履いて行ったのか聞いてみました。

スニーカー

スニーカー
Brian A Jackson/Shutterstock.com
30代パパ
運動会の親子競技に出る予定だったので、靴はスポーツメーカーのスニーカーを選びました。靴紐がほどけないよう、念入りにしばっておくと安心して競技に集中できました。
運動会にスニーカーを履いて行ったパパの声がありました。保育園や小学校では、綱引きや子どもといっしょに走るかけっこなどさまざまな親子競技があるようです。

子どもの前でかっこいい姿を見せられるよう、力を発揮できそうな靴が選べるとよいかもしれません。

スリッポン

20代ママ
運動会にはスリッポンを履いていきました。レジャーシートと校庭とを行き来することもあり、サッと履けるスリッポンは便利だったと思います。
靴紐がなく足を滑りこませるだけで簡単に履けるスリッポンは、脱ぎ履きが簡単だったというママの声がありました。運動会でのすごし方をイメージしながら、履いて行く靴を選んでもよいかもしれませんね。

スニーカーやスリッポンの他に、アウトドアブランドのサンダルやローヒールのパンプスなどを履いていったというママの声も聞かれました。

運動会のファッションのポイント

子どもの運動会にどのような服を着ていこうか、コーディネートに悩む方もいるようです。ママやパパに運動会のファッションのポイントについて聞いてみました。

動きやすさ

20代ママ
運動会には伸縮性があるスウェット素材のスキニーパンツを履いていきました。カメラで写真を撮るときなど運動会では何かと動き回る場面も少なくないので、動きやすい格好がよいと思います。
運動会のママやパパのファッションでは、動きやすさもポイントのひとつかもしれません。素材やデザインなどを意識して、運動会のコーディネートを考えたパパもいるようです。

清潔感

30代ママ
子どもの行事に参加することを考え、運動会では清潔感のあるおしゃれを心がけました。スニーカーにあわせて、服や小物にもスポーツテイストがあるものを選び、小さめのアクセサリーをひとつだけつけていったと思います。
運動会のファッションで清潔感のあるおしゃれを意識したママの声が聞かれました。運動会の雰囲気にあわせながらも、コーディネートや小物などでそれぞれのおしゃれが楽しめるとよいですね。

日焼け対策

30代ママ
運動会ではほとんど屋外にいるので、日焼けしそうだと考えました。日焼け対策につばが大きめの帽子を選び、常にかぶっておくように気をつけたと思います。
日焼け対策を意識して、帽子などの小物を用意したママがいるようです。紫外線カットのアームカバーをつけたというママの声も聞かれました。

運動会に子どもにあったスニーカーを選ぼう

家族
szefei/Shutterstock.com

運動会に向けたスニーカー選びでは、フィット感やデザイン、軽さをポイントに早く走れそうなものを用意したというママやパパの声がありました。新しいスニーカーを履き慣らしておく期間も考えて、少し早めに用意してもよいかもしれませんね。

子どもの運動会を見に行くときは、足元にはスニーカーを選んで、清潔感のあるおしゃれを心がけたママがいるようです。

靴や服など、家族それぞれに必要なものを準備して運動会当日を迎えられるとよいですね。

2020年01月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧