ベビーベッドは必要?必要性や柵のないネットタイプなど特徴と選び方

ベビーベッドは必要?必要性や柵のないネットタイプなど特徴と選び方

必要な場面など

ベビーベッドを用意するかどうか悩むママのなかには、ベビーベッドの必要性や柵のないネットタイプのベビーベッドの特徴やよさについて知りたい方もいるのではないでしょうか。今回は、ベビーベッドが必要と感じた場面やネットタイプのベビーベッドの特徴と選び方について、体験談を交えてご紹介します。

ベビーベッドは必要?

初めての出産を控えた方は、赤ちゃんが使うベビーベッドを用意した方がよいのか気になることもあるのではないでしょうか。ベビーベッドについて、どのようなことが気になるのかをママたちに聞いてみました。

30代女性
初めての出産なので、ベビーベッドを用意しようかどうか悩んでいます。ベビーベッドにはどのようなよさがあるのかを知って、必要かどうかの判断をしたいです。
30代ママ
もうすぐ2人目が産まれる予定です。2歳上のお兄ちゃんのときはベビー布団で寝かせていましたが、上の子がいる場合べビーベッドを用意した方がよいのでしょうか。
ベビーベッドのよさを知りたいという方や、上の子がいる場合はベビーベッドが必要なのかどうかが気になるというママの声がありました。それでは、実際にママたちがベビーベッドを必要と感じたのはどのようなシーンなのでしょうか。

ベビーベッドが必要と感じた場面

ベビーベッドを用意したママたちに、どのような場面でベビーベッドの必要性を感じたのかを聞いてみました。

上の子どもやペットがいる場合

お兄ちゃんと赤ちゃん
Rawpixel.com/Shutterstock.com
30代ママ
我が家には3歳の上の子どもがいるので、寝ている赤ちゃんに手が届かないようにするためにベビーベッドが必要だと感じました。上の子どもは、赤ちゃんの様子がとても気になるようだったので、ベビーベッドがあってよかったです。
上の子どもの手が赤ちゃんに届かないようにする必要があると感じて、ベビーベッドを用意した家庭があるようです。ペットを飼っているママのなかからは、布団の上に寝かしつけているとペットが寄ってきたりいっしょに寝ようとしたりするので、ベビーベッドがあってよかったという声も聞かれました。

家族がベッドで寝ている場合

30代ママ
大人用のベッドでいっしょに寝ることも考えましたが、私が少し動くだけで振動が伝わり起きてしまうことがあったのでベビーベッドが必要だと感じました。家族のベッドに横づけして、同じ目線の高さで寝られるところが気に入っています。
ベッドを使用している家庭からは、赤ちゃんの睡眠のことを考えてベビーベッドの必要性を感じたという声も聞かれました。それぞれの家庭の生活スタイルによって、ベビーベッドの必要性を感じることがあるようです。

ネットタイプのベビーベッドの特徴

ベビーベッドを用意したママのなかには、ネットタイプを選んだ方もいるようです。ネットタイプのベビーベッドの特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

柵がない

ベビーベッド
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
猫を飼っていたので、柵のついたタイプのベビーベッドだと隙間から入ってしまうかもしれないと考えました。4方面がネットで囲まれているタイプのベビーベッドを選んだので、猫が入る隙間がなく猫の様子をずっと気にしていなくてもよいので助かっています。
ネットタイプのベビーベッドは、柵の代わりに細かい網目状のネットでベッドを囲んであることが特徴のようです。動物を飼っていたり、上の子どもがいたりするママのなかからは、柵の隙間から手が入りにくいため、安心してお昼寝させられたという声も聞かれました。

赤ちゃんの様子が見えやすい

30代ママ
家族のベッドに横づけしたときなど、ネットがメッシュのようになっており赤ちゃんの様子が見えやすいところが、ネットタイプのベビーベッドのよさだと思います。寝室からリビングに移動させて使用するときも、お昼寝中の様子がよく見えました。
柵がついていないため赤ちゃんの全身の様子が見えやすいところも、ネットタイプのベビーベッドのよいところかもしれません。ネットの網目の細かさなどの造りは、商品によってそれぞれ異なるようなので、ママやパパが使いやすいと感じるものを選べるとよさそうです。

寝返りを優しく受けとめやすい

30代ママ
全面柔らかいネットで囲まれているので、寝返りをしたときにも安心できそうです。ベビーベッドの上で寝返りをしたり体を大きく動かしたりするようになってきた娘も、快適そうにすごしています。
ネットタイプのベビーベッドは、柵がなく柔らかめの素材でできているため、赤ちゃんが体を動かすようになってからも使いやすかったというママの声もありました。赤ちゃんがのびのびと体を動かしやすいことも、ネットタイプのベビーベッドのよいところと言えそうです。

ネットタイプのベビーベッドの選び方

ネットタイプのべビーベッドを選ぶときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。ネットタイプのベビーベッドの選び方について、ママたちに声を聞いてみました。

折り畳みできるかどうか

40代ママ
里帰り出産だったので、持ち運びがしやすいものがよいと考えて折り畳み式のネットタイプのベビーベッドを選びました。開閉ロックを引き上げるだけで簡単に折り畳むことができ、時間も手間もかからず助かったことを覚えています。
ネットタイプのベビーベッドのなかから、パーツを取り外さなくてもワンタッチで折り畳める造りのものを選んだママがいるようです。折り畳みができるネットタイプのベビーベッドは、コンパクトになるため収納にも便利だったというママの声もありました。

置く場所や使い方を意識する

30代ママ
我が家では、お昼寝用にネットタイプのべビーベッドを用意しました。長く使うことを考えて大きめのサイズを選んだのですが、ネットタイプなのでリビングに置いても圧迫感がなくてよかったです。
ベビーベッドを選ぶときは、いつまで使いたいのかや置き場所などを意識することも大切かもしれません。ネットタイプのベビーベッドにはサイズの他に、ベビーベッドとしての使用期間がすぎた後にベビーサークルとして使用できるものや、キャスターがついているものなどさまざまな種類があるようなので、家庭の状況にあったものを選べるとよさそうです。

家庭にあったベビーベッドを用意しよう

お昼寝中の赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com

上の子どもがいる家庭やペットを飼っている場合などに、ベビーベッドの必要性を感じたというママの声がありました。ネットタイプのベビーベッドは、上の子やペットの手が入りにくいことや、柵がなく赤ちゃんの様子が見やすいことの他、寝返りを優しく受けとめてくれることなどが特徴としてあげられるようです。

ネットタイプのベビーベッドには、折り畳み式やキャスターつきなどさまざまなタイプのものがあるようなので、ママとパパにとって使やすく家庭にあったものが用意できるとよいですね。

2020年02月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧