オムツの代用品が必要なとき ナプキンは代用できる?

オムツの代用品が必要なとき ナプキンは代用できる?

災害時やもしものときに使えるポイント

自宅にあるオムツのストックをうっかり切らしてしまったり、外出中にオムツを忘れたことに気づいて焦った経験のあるママもいるのではないでしょうか。今回は、ママたちの体験談をもとにオムツの代用品やオムツがなかったときの対処法についてご紹介します。

オムツがなくてこまった

小さな子どもと長時間の外出をするときはオムツ替えをする時間がありますよね。特に月齢の低い赤ちゃんは1日に何度もオムツ替えをするので、その分オムツもたくさん必要になるでしょう。

外出中にオムツ替えをしようと思ったらオムツがなくて焦ったという経験のあるママもいるかもしれません。必要なときにオムツがなくてこまったときは、どのように対処すればいいのでしょうか。

オムツがないことに気づいたシーン

実際にオムツがないことに気づいたのはどのような場面でしょうか。そのときのシーンや実際に行った対処法をママたちに聞いてみました。

バッグに入れ忘れた

Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
マザーズバッグでおでかけするようになってからはいつも荷物が多いので、外出するときは毎回中身を確認しているのですが、急いで家を出たときについ中身を確認せず外出してしまいオムツを忘れてしまいました。会う約束していたママ友の子どもは月齢が小さくてオムツのサイズが合わなかったのですが、オムツを1枚貸してもらってそのとき持っていたタオルで赤ちゃんのおしりを包み、なんとか薬局に着くまでの間しのぎました。

ママ友と会っているときだと、サイズは違ってもオムツを貸してもらえることが多いですよね。少し大きめのタオルを持ち歩いておくとこのようなときにも対応できるかもしれません。

オムツが足りなくなった

20代ママ
バッグにはいつも多めにオムツを入れているのですが、子どもがお腹を壊してしまったときにオムツをいつも以上にこまめに替えていたらオムツが足りなくなってしまいました。薬局には大きいサイズのオムツやテープタイプのオムツしかなく、コンビニににも寄ってみたもののオムツが売っておらず、その日の予定をキャンセルして急いで帰宅しました。

赤ちゃんのオムツかぶれを防ぐためにオムツをこまめに替えていると、想像以上に早くオムツを消費してしまいますよね。

夜中にオムツを替えようと思ったら家にオムツのストックがなくなっていることに気づき、既に薬局も閉まっている時間帯だったので焦ったというママもいました。

外出ができないときに

30代ママ
大型の台風が近づいていて外出を控えるようにニュースでも呼びかけられていたので、食料や子どものミルクなどを多めに購入して備えていたら、オムツがないことに気づきました。台風の影響で外出はできず、ネットスーパーなども利用できないので、避難バッグに用意していたオムツやサイズアウトしたオムツを一時的に代用してしのぎました。

台風などの災害時は、買い物に行ったり宅配便を頼むことができないのでオムツを切らしていた場合すごく不便ですよね。

家に小さくなったオムツがあるママはその使い道をどうしようか悩むかもしれませんが、小さくなったオムツもとっておくと緊急時に代用できるかもしれません。

オムツの代用品

オムツの代用品にはどのようなものがあるのでしょうか。

タオル

Africa Studio/Shutterstock.com

災害時などは、日用品はもちろんオムツも手に入りにくくなるでしょう。そのようなときには、ビニール袋とタオルで簡易オムツを作り代用する方法が推奨されているようです。清潔なビニール袋の端をはさみなどで切り、赤ちゃんのおしりが当たる部分に清潔なタオルを敷いて使うとよいでしょう。

赤ちゃんは長時間オムツを替えないとオムツかぶれなどをおこしてしまうかもしれません。代用品はできるだけ清潔なものを使い、こまめに取り替えましょう。



ナプキン

女性用ナプキンもオムツの代用品として使えるようです。タオルで代用したときと同様にビニール袋の端をハサミなどで切り、赤ちゃんのおしりが当たる部分にナプキンを敷いて使用します。

簡易オムツとしてナプキンを代用するので、赤ちゃんが寝ているときや動いているときなどは漏れてしまいやすいようです。

ナプキンはおしっこを吸収するためのものではないので、代用する場合はこまめに取り替えるか、大きめのナプキンを一時的に使用するとよいかもしれません。

小さくなったオムツ

外出時には難しいかもしれませんが、自宅に小さくなったオムツが残っている場合もあるでしょう。特に、使えなくなってしまったテープタイプのオムツなどは使い道が分からず処分してしまう方もいるようです。

タオルやナプキンでオムツを代用したときのようにビニール袋を活用し、赤ちゃんのおしりに小さくなったおむつが当たるようにして包むと一時的にオムツの代用ができるでしょう。

オムツの代用品を活用しよう

szefei/Shutterstock.com

災害時や外出時にオムツがなくなってしまった場合の対処法をご紹介しました。

オムツの代用品を使用する場合は、赤ちゃんのおしりに肌荒れがおきていないか、赤ちゃんのおしりのサイズに代用品が合っているかどうかなどを確認しましょう。

急遽オムツがないことに気づき、困ったときにも、オムツの代用品を活用して乗り切れるとよいですね。

2019年12月30日

専門家のコメント
28
    あーちん先生 保育士
    今は忘れてもどこでも買えそうですが、忘れないようにしたいですね!

    災害時は心配で、大型台
    まな先生 保育士
    吸水性の良いタオルとビニール袋でオムツの代用を作ることができます。
    ビニール袋は切って縦長
    せおみ先生 保育士
    おむつを忘れて出かけてしまう事、よくあります。
    家に帰るか、買いに行くまでの間なので、代用
    いちご先生 保育士
    赤ちゃんにとってオムツは必須品なので、切らさないようにしておきたいですね。けれど、災害時に
    なごみ先生 保育士
    トレーニングパンツにナプキンをつけても十分代用品になります。思っていた以上にオムツを持って
    ゆか先生 保育士
    おむつの代わりに代用したものがないですけどやはりタオルにビニール袋でしょうね!  災害の時
    くじら先生 保育士
    赤ちゃんの頃に比べると荷物は随分減りましたが、オムツだけは常に持ち歩いています。また災害に
    いちぽ先生 保育士
    地震だけじゃなく台風も怖いですよね。
    常にオムツは買いだめするようにしていますが、災害よう
    まるまる先生 保育士
    ナプキン、ビニール袋に夜用2枚で渋滞時の子ども用の簡易トイレにもなりますよ。
    ビニール袋は
    ぽんた先生 保育士
    使い捨てのつもりで、布オムツ的に、使い古したシーツとかタオルとかも使えそうです。使い古した
    でぶいも先生 保育士
    オムツは車のトランクに袋のまま1つは置いておいて、外出時や災害時に備えています。防災リュッ
    きいちゃん先生 保育士
    災害時への備えは万全にしておきたいところですが、このような代用方法を知っておくだけでも不安
    あー先生 保育士
    わたしも赤ちゃんのオムツかぶれを防ぐためにオムツをこまめに替えていると、想像以上に早くオム
    すみっこ先生 保育士
    代用できるものを知っておくだけで、焦らずに対応できますね!
    ナプキンは止血にも使えますし、
コメントをもっと見る

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ