男性の授乳の仕方や使っているグッズは?パパも授乳を楽しもう

男性の授乳の仕方や使っているグッズは?パパも授乳を楽しもう

パパが授乳をしてよかったこと

かわいい赤ちゃんに授乳をしたいと考える男性もいるかもしれません。今回の記事では、授乳についての男性の悩みや授乳をするために準備したこと、授乳するときに使っている便利なグッズ、赤ちゃんに授乳をしてよかったと感じたことを、パパたちの体験談を交えてご紹介します。

男性の授乳についての悩み

赤ちゃんのお世話で疲れたママの代わりに、授乳をしてあげたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。パパたちに授乳についての悩みを聞いてみました。

40代パパ
赤ちゃんがミルクを欲しがったときには、すぐに授乳しようと思うのですが、哺乳瓶に粉ミルクを計って入れることなどに手間取ってしまいます。妻がスムーズにこなしていることも私には難しいと感じました。
30代パパ
夜泣きが続いて妻が疲れている様子だったので抱っこして授乳しようとしたのですが、ミルクを用意しても泣き止んでくれませんでした。抱き心地や授乳の仕方が気に入らないのかもしれないと感じました。
調乳の手際や夜中の授乳の仕方で悩んでいるパパがいました。赤ちゃんが夜泣きをしているときは、パパが腕に抱っこして授乳しようとしてもなかなか泣き止んでくれないことがあるようです。

今回は、男性の授乳についてパパたちに聞いてみました。

男性が授乳をする際に準備したこと

男性が授乳をする場合、事前に準備しておくとよいことがあるようです。実際に、パパたちが行なったことを聞いてみました。

調乳の練習をする

20代パパ
赤ちゃんがミルクを欲しがった際はスムーズに作って授乳するために、時間のあるときには何度も調乳の練習をしました。「人肌」という感覚がわかるまで妻に確かめてもらいながら練習を繰り返したところ、泣いていても慌てずに準備できるようになりました。
ミルクの調乳の練習をして、赤ちゃんを待たせずに授乳できるようになったパパもいるようです。赤ちゃんのご機嫌が悪くなる前にミルクを作り終えることで、パパの授乳を喜んでくれるかもしれません。

授乳しやすい抱き方を考える

アジア人 パパ
szefei/Shutterstock.com
40代パパ
授乳するときは抱き方を工夫することで、赤ちゃんがミルクを飲みやすくなるのではないかと思います。妻の抱き方を見たり私が抱っこしたときの赤ちゃんの様子を見たりして、赤ちゃんにとって心地よい抱き方を考えました。
男性が授乳をするときには、赤ちゃんをどのように抱っこするのかも大切なポイントかもしれません。パパの大きな腕のなかにすっぽりと収まることで、赤ちゃんが安心してミルクを飲めるようになったというママの声もありました。

ゲップをさせることに慣れる

30代パパ
授乳をした後は必ずゲップをさせる必要があると妻から聞いたので、妻が授乳したときにも私がゲップをさせて慣れるようにしました。赤ちゃんを高い位置に抱えてゲップをさせる様子を見た妻が「わたしよりじょうずね」と言ってくれたので嬉しく感じています。
ママが授乳をしたときにも赤ちゃんにゲップをさせて、ひとりでも授乳ができるように準備をしているパパがいました。ミルクの準備からゲップまでの授乳の行程をパパだけでひと通りできると、赤ちゃんと留守番をするときにも安心かもしれません。

授乳に便利なグッズ

男性が授乳をする際にあると便利なグッズには、どのようなものがあるのでしょう。パパたちに使っている授乳用品を聞いてみました。

ミルクケース

20代パパ
私はミルク3回分を計りおきできるミルクケースを使っています。時間に余裕のあるときに正確に計って入れておくことで、ミルクを調乳する際にスムーズに哺乳瓶に入れることができ便利だと思いました。
調乳のたびに粉ミルクを計るといった手間が省ける、ミルクケースを使っているパパもいるようです。ロートになった口がついているミルクケースは、粉ミルクをこぼさずに哺乳瓶に入れることが簡単にできるというパパの声もありました。

調乳器具

40代パパ
調乳するときの適温である70度にお湯の温度を保つ調乳ポットを使っています。沸騰させたお湯を入れておくだけの調乳器具ですが、赤ちゃんが夜泣きをしたときに時間をかけずに授乳できるので使いやすいと感じています。
沸騰したお湯を入れておくだけで、いつも70度に保つことができる調乳ポットは、男性の授乳を助けてくれるアイテムかもしれません。パパのなかには、除菌滅菌機能がついて哺乳瓶の消毒もできる調乳ポットを使っているという声もありました。

授乳クッション

赤ちゃん クッション
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
妻が授乳の際に使っている授乳クッションを、私も進められて使い始めました。使い慣れた授乳クッションに赤ちゃんも安心するのか、私が抱いて授乳するときも妻のときと同じようにご機嫌よくミルクを飲んでくれます。
男性が授乳をする場合は、ママが愛用している授乳クッションを使うと赤ちゃんが安心するようです。普段使っているクッションに包まれることで、ママに抱かれているように感じるのかもしれません。

赤ちゃんがパパの授乳に慣れてきた頃に、パパが自分専用の授乳クッションを用意していたというママの声もありました。

パパが授乳をしてよかったと感じたこと

男性が授乳することには、どのようなよさがあるのでしょう。パパたちに、授乳をしてよかったと感じたことを聞いてみました。

赤ちゃんのかわいらしさを感じられた

40代パパ
私が授乳をしてよかったと思うことは、赤ちゃんのかわいらしさを身近に感じられたことです。ミルクを飲みながら私の目をじっと見る様子に胸が熱くなり、授乳はできるだけ私にやらせてほしいと妻に話しました。
赤ちゃんに授乳をすることで、いっそうかわいらしさを感じるパパもいるようです。ミルクを飲んでいる赤ちゃんが見せてくれる笑顔が、心から愛おしいと思えるというパパの声もありました。

夫婦で協力できることが増えた

30代パパ
私が授乳の準備から片づけまでを全て行なっている間に、妻が赤ちゃんから離れて必要な家事をこなせるようになってきました。子育てで疲れた様子のときには妻に休んでもらうこともあり、夫婦で協力して子育てをしていると感じています。
赤ちゃんへの授乳をパパだけで行えるようになると、夫婦で協力できることが増えてくるかもしれません。家事や子育てを夫婦で助けあって行うことで、家族の絆がいっそう深まったように感じるというパパの声もありました。

パパも授乳を楽しもう

アジア人 パパ
Monkey Business Images/Shutterstock.com

男性が授乳をする際には、調乳の仕方や抱き方などを事前に練習しておくと、赤ちゃんが気持ちよくミルクを飲んでくれそうです。授乳に便利なグッズを使って夜中の授乳もスムーズに行なっているパパがいました。

赤ちゃんの授乳期間中は、パパもママも協力しながら授乳を楽しむことができるとよいですね。

2019年12月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧