トイトレはいつから?嫌がるときやオムツを外して外出するときのコツ

トイトレはいつから?嫌がるときやオムツを外して外出するときのコツ

トイトレを始めるときの準備やポイント

子どものトイトレを始める時期や進めるときのポイントを知りたいママがいるかもしれません。子どもがトイトレを嫌がるときやオムツを外して外出するときはどのようにしたらよいのでしょうか。今回は、トイトレについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

トイトレはいつから始める?

子どものトイトレはいつから始めたのかママたちに聞きました。

30代ママ
子どもが2歳半のときに始めました。
30代ママ
3歳頃から始めました。
20代ママ
2歳10カ月頃から本格的に始めました。入園する幼稚園は、入園前にトイトレを完了する決まりでした。

トイトレを始めた時期は、それぞれ異なるようでした。子どもの成長や気持ちに応じて始めるとよいでしょう。

幼稚園や保育園でオムツをはずす決まりがある場合は、トイトレを完了させたい時期を考えて計画的に進めるとよいかもしれません。

トイトレを始めるときに準備するもの

トイトレを始めるときは、どのようなものを準備すればよいのでしょうか。

トイレトレーニングパンツ

トイレトレーニングパンツ
virginna - stock.adobe.com

トイレトレーニングパンツは、オムツをはずしてパンツをはく練習用のパンツです。布製と紙製があるので、子どもに合う種類を選ぶとよいでしょう。

布製のトイレトレーニングパンツは、股の部分の布が厚い層になっていて防水加工しているものもあるようです。普通のパンツのように見えるので、子ども自身がステップアップを感じやすくトイトレへの意欲が高まりやすいかもしれません。

紙製のトイレトレーニングパンツは、汚してしまったときにオムツのように捨てられるので、洗濯する手間がないのがポイントのようです。

また、トイレトレーニングパンツの代わりに紙オムツを裏返しして使う方法もあるようです。余っているオムツを使い切りたいときによい方法かもしれませんね。

補助便座

一般的なトイレは、子どもが座るには大きいでしょう。補助便座は、家庭用のトイレに簡単に取り付けられ、子どもが安心してトイレに座ることに役立つアイテムです。

踏み台や取っ手がついているものなどさまざまな種類があるので、子どもに合うものを選びましょう。

おまる

おまるは、部屋の好きな場所に置いてトイトレの練習ができるでしょう。子どもがトイレに行くのを嫌がる場合は、子どもが落ち着ける場所でおまるでトイトレを進めてもよいかもしれません。

トイレをした後は、掃除して清潔に保ちましょう。

トイレに関する絵本

子どものトイトレへの興味や意欲を高めたいとき、トイレに関する絵本を読むとよいかもしれません。トイレはどのような場所かやトイレでおしっこやうんちをする理由をわかりやすく教えられるのではないでしょうか。

トイレでおしっこやうんちをすることやパンツを履くことに子どもが憧れの気持ちを持ったらスムーズ進みそうですね。

子どもがトイトレを嫌がるときはどうする?

トイトレをするとき、子どもが嫌がることがあるかもしれません。子どもがトイトレを嫌がるとき、どのようにすればよいのかママたちに聞きました。

トイトレをお休みする

トイレを嫌がる赤ちゃん
Tamara - stock.adobe.com
20代ママ
トイトレを嫌がるようになったとき、オムツに戻すこともありました。入園式までにトイトレを完了させたい焦りが伝わってしまったと思い、子どもの様子を見てゆっくり再スタートしました。

トイトレを嫌がるときに無理にトイトレを続けることで、子どもがますます嫌がることもあるでしょう。そんなときは、トイトレを休んで嫌がる気持ちを忘れさせるとよいかもしれません。

何かのきっかけでまたトイトレへの意欲がでてくるとよいですね。

トイレの空間作りを工夫する

30代ママ
トイレにシールを貼るシートを用意して、トイレでできたら好きなキャラクターのシールを貼れるようにしました。

トイレに行きたくなるように子どもが楽しめる空間作りをしたママがいました。

子どもの好きなものを置いたり、シールを貼るシートを用意したりして、子どもがトイレに行くことが楽しい習慣になるよう工夫するとよいかもしれませんね。

お気に入りのおもちゃでトイレに誘う

30代ママ
補助便座にキャラクターのおもちゃがついていたので、それを外して子どもに見せて『トイレに行こう』と促しました。

おもちゃなど子どもがよろこぶものを使ってトイレに誘っているママもいました。

トイトレを進めるうちに、おもちゃがなくてもトイレに行けるようになったらうれしいですね。

トイトレを進めるときに意識したこと

トイトレを進めるとき、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ママたちがトイトレを進めるときに気をつけたポイントをご紹介します。

短期間で集中してトレーニングする

30代ママ
1週間でオムツがとれるように、外出を減らしてトイトレに集中できる期間を作りました。

短期間でトイトレに集中する期間を作ったママがいました。子どもがトイトレに興味を持った頃に、集中する環境を用意することでスムーズにトイトレが進むかもしれません。

子どもの様子を見て、コツコツと長期間で進めるか集中して短期間で進めるか考えるとよいでしょう。

失敗しても怒らない

20代ママ
トイレが失敗したときも絶対に怒らないと決めていました。
30代ママ
成功したときはたっぷり褒めることを意識しました。

トイレが成功したときはよく褒め、失敗したときでも怒らないよう子どもの気持ちを大切にしているママがいました。

なるべく子どもがトイトレで嫌な気持ちにならないよう、接し方に気をつけるとよいでしょう。

外出時は早めにトイレに誘う

20代ママ
外出するときはトイレが近くにない場合もあるので、早めにトイレに行くよう誘っていました。

早めにトイレに行くように声をかけるよう意識しているママがいました。外出時はトイレに行きたそうな様子が見られなくても定期的に声をかけるとよいかもしれません。

子どものペースに合わせてトイトレを進めよう

トイレトレーニングをする男の子
No-Te - stock.adobe.com

子どものトイトレを始める時期は、それぞれ異なるようで子どもの成長や気持ちに応じて始めるとよいでしょう。

トイトレを嫌がるときは、子どもが前向きな気持ちでトイトレに挑戦できるよう工夫しているようでした。

子どものペースや気持ちを大切にしてトイトレを進めていきましょう。

2019年11月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧