トイトレはいつから?嫌がるときやオムツを外して外出するときのコツ

トイトレはいつから?嫌がるときやオムツを外して外出するときのコツ

トイトレを始めるときの準備やポイント

子どものトイトレを始める時期や進めるときのポイントを知りたいママがいるかもしれません。子どもがトイトレを嫌がるときやオムツを外して外出するときはどのようにしたらよいのでしょうか。今回は、トイトレについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

トイトレはいつから始める?

子どものトイトレはいつから始めたのかママたちに聞きました。

30代ママ
子どもが2歳半のときに始めました。
30代ママ
3歳頃から始めました。
20代ママ
2歳10カ月頃から本格的に始めました。入園する幼稚園は、入園前にトイトレを完了する決まりでした。

トイトレを始めた時期は、それぞれ異なるようでした。子どもの成長や気持ちに応じて始めるとよいでしょう。

幼稚園や保育園でオムツをはずす決まりがある場合は、トイトレを完了させたい時期を考えて計画的に進めるとよいかもしれません。

トイトレを始めるときに準備するもの

トイトレを始めるときは、どのようなものを準備すればよいのでしょうか。

トイレトレーニングパンツ

トイレトレーニングパンツ
virginna - stock.adobe.com

トイレトレーニングパンツは、オムツをはずしてパンツをはく練習用のパンツです。布製と紙製があるので、子どもに合う種類を選ぶとよいでしょう。

布製のトイレトレーニングパンツは、股の部分の布が厚い層になっていて防水加工しているものもあるようです。普通のパンツのように見えるので、子ども自身がステップアップを感じやすくトイトレへの意欲が高まりやすいかもしれません。

紙製のトイレトレーニングパンツは、汚してしまったときにオムツのように捨てられるので、洗濯する手間がないのがポイントのようです。

また、トイレトレーニングパンツの代わりに紙オムツを裏返しして使う方法もあるようです。余っているオムツを使い切りたいときによい方法かもしれませんね。

補助便座

一般的なトイレは、子どもが座るには大きいでしょう。補助便座は、家庭用のトイレに簡単に取り付けられ、子どもが安心してトイレに座ることに役立つアイテムです。

踏み台や取っ手がついているものなどさまざまな種類があるので、子どもに合うものを選びましょう。

おまる

おまるは、部屋の好きな場所に置いてトイトレの練習ができるでしょう。子どもがトイレに行くのを嫌がる場合は、子どもが落ち着ける場所でおまるでトイトレを進めてもよいかもしれません。

トイレをした後は、掃除して清潔に保ちましょう。

トイレに関する絵本

子どものトイトレへの興味や意欲を高めたいとき、トイレに関する絵本を読むとよいかもしれません。トイレはどのような場所かやトイレでおしっこやうんちをする理由をわかりやすく教えられるのではないでしょうか。

トイレでおしっこやうんちをすることやパンツを履くことに子どもが憧れの気持ちを持ったらスムーズ進みそうですね。

子どもがトイトレを嫌がるときはどうする?

トイトレをするとき、子どもが嫌がることがあるかもしれません。子どもがトイトレを嫌がるとき、どのようにすればよいのかママたちに聞きました。

トイトレをお休みする

トイレを嫌がる赤ちゃん
Tamara - stock.adobe.com
20代ママ
トイトレを嫌がるようになったとき、オムツに戻すこともありました。入園式までにトイトレを完了させたい焦りが伝わってしまったと思い、子どもの様子を見てゆっくり再スタートしました。

トイトレを嫌がるときに無理にトイトレを続けることで、子どもがますます嫌がることもあるでしょう。そんなときは、トイトレを休んで嫌がる気持ちを忘れさせるとよいかもしれません。

何かのきっかけでまたトイトレへの意欲がでてくるとよいですね。

トイレの空間作りを工夫する

30代ママ
トイレにシールを貼るシートを用意して、トイレでできたら好きなキャラクターのシールを貼れるようにしました。

トイレに行きたくなるように子どもが楽しめる空間作りをしたママがいました。

子どもの好きなものを置いたり、シールを貼るシートを用意したりして、子どもがトイレに行くことが楽しい習慣になるよう工夫するとよいかもしれませんね。

お気に入りのおもちゃでトイレに誘う

30代ママ
補助便座にキャラクターのおもちゃがついていたので、それを外して子どもに見せて『トイレに行こう』と促しました。

おもちゃなど子どもがよろこぶものを使ってトイレに誘っているママもいました。

トイトレを進めるうちに、おもちゃがなくてもトイレに行けるようになったらうれしいですね。

トイトレを進めるときに意識したこと

トイトレを進めるとき、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ママたちがトイトレを進めるときに気をつけたポイントをご紹介します。

短期間で集中してトレーニングする

30代ママ
1週間でオムツがとれるように、外出を減らしてトイトレに集中できる期間を作りました。

短期間でトイトレに集中する期間を作ったママがいました。子どもがトイトレに興味を持った頃に、集中する環境を用意することでスムーズにトイトレが進むかもしれません。

子どもの様子を見て、コツコツと長期間で進めるか集中して短期間で進めるか考えるとよいでしょう。

失敗しても怒らない

20代ママ
トイレが失敗したときも絶対に怒らないと決めていました。
30代ママ
成功したときはたっぷり褒めることを意識しました。

トイレが成功したときはよく褒め、失敗したときでも怒らないよう子どもの気持ちを大切にしているママがいました。

なるべく子どもがトイトレで嫌な気持ちにならないよう、接し方に気をつけるとよいでしょう。

外出時は早めにトイレに誘う

20代ママ
外出するときはトイレが近くにない場合もあるので、早めにトイレに行くよう誘っていました。

早めにトイレに行くように声をかけるよう意識しているママがいました。外出時はトイレに行きたそうな様子が見られなくても定期的に声をかけるとよいかもしれません。

子どものペースに合わせてトイトレを進めよう

トイレトレーニングをする男の子
No-Te - stock.adobe.com

子どものトイトレを始める時期は、それぞれ異なるようで子どもの成長や気持ちに応じて始めるとよいでしょう。

トイトレを嫌がるときは、子どもが前向きな気持ちでトイトレに挑戦できるよう工夫しているようでした。

子どものペースや気持ちを大切にしてトイトレを進めていきましょう。

2019年11月26日

専門家のコメント
13
    みょん先生 保育士
    出る出ないに関係なくハイハイができる頃から始めました。お昼寝後から少しずつ座る事から始めました。
    ちろちぃ先生 保育士
    1歳半頃がちょうど夏だったので、補助便座を書い少しずつ座る…という所から慣れさせていきました。あくまでも本人が行きたいという時だけで、無理に連れていくことはありませんでした。
    ずっとオムツの生活でしたが、自然と2歳過ぎ頃からおしっこでた。おしっこしたいと言うようになったりしたので、トレーニングパンツを購入してキブンを高めましたが、最終的にトイレが怖いから嫌だと言ってしまい…感覚も掴めていたので本人に説得力するしかないと思い…おしゃべりな女の子で、話は通じていたので…なんども話をしてトイレで出来るようになりました。
    なつみ先生 保育士
    上の子は1歳11ヶ月から始めて、たまたま風邪もひいてたので引きこもって集中的にやったら1週間で取れました。下の子は1歳6ヶ月で始めて、1歳10ヶ月で取れました。
    2人ともまず、パンツを履かせてどのくらいの間隔でしてるかを漏らされるのを覚悟で調べて、4回漏らされ、分かったところでおむつに戻す。その漏らした感覚が15分〜20分だったので朝起きてからすぐに行かせたあとはとりあえずその感覚で行かせて段々行かせる間隔をあける。起床後、朝食前後、2時間後、昼食前後、2時間後、夕飯前後、お風呂後、就寝前と行かせるようにしてました。
    特段嫌がる事はなく、お姉さんになる意識が強かった姉妹なので、苦労はそんなにしなかったです。
    はなこ先生 保育士
    一歳半くらいからボチボチやり始めましたが、本気出したのは2歳過ぎかな?

    お話できるようになってからの方が楽に思います!!
    無理やりというよりは、遊び感覚でシール貼りゲームみたいな感じで最初は初めましたね!!

    うーちゃん先生 保育士
    おしっこが出るときにちょっと止まっている、とか
    オムツにおしっこ出た!と何かその子也のサインで教えてくれるとか、
    それもトイレトレーニングをはじめる時ですね。
    最初はトイレに慣れることから始めます。

    トイレトレーニングを始める目安としてよく言われるのは、
    しっかり歩ける
    言葉で伝わる、意思疎通出来る、
    おしっこの間隔が2時間開く、
    ということ。

    我が子は2歳前に、一気にパンツにして、濡れる感覚がわかることで2週間ほどで取れました。

    園でトイレトレーニングを始めるときに、
    おしっこの間隔がパンツにしてみるとわかりやすいこともあり、
    2時間開くのを待たずに始めています。

    パンツにしてみて子ども自身がぬれる体験をすると、我慢する感覚がわかるらしく、おしっこの間隔も開いてくることがよくあります。

    午前中のみパンツを履くことから始めていきますが、
    はじめたらなるべくお休みしないように継続していきます。
    せっかく覚えた感覚が鈍っていくのか、オムツ卒業にとても時間がかかるようになります。
    まりこ先生 保育士
    2歳の夏頃から少しずつスタートしました。夏はお洗濯してもあっという間に乾く事と、服装も身軽なのでチャレンジしやすかったですよ。
    トイレの足場を一緒に手作りして興味を持たせたり、無理のないように焦らず進めていく事が大切だなと感じました。じっくりと進めた方が、その後の失敗の数も少なくなると感じます。
    子どもの膀胱も成長過程ですものね。出来るって決めるのは母親ではなく、子どものタイミングなんですよね。寄り添いながらゆったりと進めてみてください。
    せんせい 保育士
    本人が行きたくなったらがいいですね。無理に座らせようとして、嫌なイメージがついたら長引きます🌞そうなるとママやパパのストレスが凄まじいことに、、、
    にゃー先生 保育士
    私の働く保育園では1才になるころからトイトレ始めています。
    まずはトイレに慣れることから。
    でも、冬は寒いので嫌がるようなら無理してその時期に始めることはないかと思います。
    トイレに行き、おまる、もしくは補助便座に座れるようになる。
    これだけでも大きな一歩ですからね!
    のの先生 保育士
    まず、トイトレが子どもに負担になっているのであれば、もう少しオムツでもいいと思います。
    また、子どもと一緒に好きなパンツを買うところから始め、興味が持てて自分からやりたい気持ちになってからスタートするといいです。
    ゆか先生 保育士
    歩行が安定してきたらトイトレをする目安にしています。
    最初は1時間くらいパンツで過ごす→トイレでおしっこが出るようになったら半日パンツで過ごす。
    もちろんおもらしはたくさんします。

    うちの園ではトレーニングパンツは使用しません。
    普通の薄いパンツで過ごします。
    トレーニングパンツは分厚くて染みてこないので不快感も弱いです。
    薄いパンツだと、そのまま垂れてくるのでおもらししたらわかります。不快で泣く子もいます。
    それに、薄いパンツの方がすぐ乾くので扱いも楽です。

    我が子は夏にトイトレを始めたのでノーパンで過ごすこともありました(笑)
    外出するときはスニーカーは履かず漏らしてもすぐに洗えるサンダルを履いて出掛けていました。
    ズボンよりスカートのほうが圧倒的に多かったですね。楽なので😃

    漏らされたら困るというよりは、漏らされてもこれなら大丈夫だという服装を選んでお出掛けしていました。
    なー先生 保育士
    おすわりが安定したら便器には座れるようにしています。
    パンツは興味が出たり、何度か便器で排泄が出来るようになったら取り入れています。
    嫌がる際は無理強いせず、やってみたい!というきもちが強い時にできると良いですね。
    いちぽ先生 保育士
    2歳前になったらトイレトレーニングを始めようかなと思っていました。
    まだしっかりと歩けないので、意志の疎通がとれて、歩行もしっかり、おしっこの間隔も空いてきたらやり始めるサインかな。
    すあま先生 保育士
    トレーニング開始時期はご家庭や保育園などでさまざまだと思いますが、2〜3歳くらいで始めるケースが多いでしょうか。
    コツは「毎日決まった時間(食後、お風呂前など)にトイレに行く」「便座に座れたらOK」「もしトイレでの排泄が成功したらたくさん褒める」です…!

    トイトレは体の成長段階も大きく関わっており、膀胱が成長していなければ尿をためることができません。その点も考慮しながら、焦らず進めていくのが大切です(^ ^)
おすすめユーザーのコメント
1
    SB
    2歳すぎでトイトレを始めましたが、うまくいかず少しお休みして再開しました。

    パンツで外出する時は、時間をみながら誘って行くようにしていました!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧