夫婦でスポーツをしよう。スポーツジムや家などで体を動かす趣味作り

夫婦でスポーツをしよう。スポーツジムや家などで体を動かす趣味作り

平日や休日の空き時間を利用しよう

夫婦でスポーツをしたいと考えるとき、スポーツジムや家でどのようなことができるのか知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、平日や休日に夫婦でスポーツに使う時間はどのくらいなのかと家のなかや家以外で夫婦でしたスポーツ、夫婦いっしょに体を動かすことで感じるよさを体験談を交えてご紹介します。

夫婦でスポーツに使う時間はどのくらい?

夫婦で体を動かす機会として、いっしょにスポーツをしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。ママたちに、夫婦でスポーツに使う時間はどのくらいなのかを聞いてみました。

20代ママ
平日は、子どもを寝かしつけた後に30分程度体を動かすように意識しています。私も夫もデスクワークなので、短時間でも体を動かす習慣をつけたいという考えから、いっしょにスポーツを始めました。
40代ママ
出産後は授乳や抱っこで体がこり固まるような感覚があり、思いきり体を動かす時間を作りたいと思いました。夫婦の休日が重なる日は、子どもを私の両親に預けて3時間程度スポーツを楽しんでいます。

平日は子どもの就寝後、休日は子どもを預かってもらえる間など時間をやりくりして夫婦でスポーツをする時間を作ったママがいるようです。

どのくらいの時間をスポーツに使うかは夫婦によってそれぞれ違ってくるようですが、明確な時間は決めずにその日毎に時間を考えるなど柔軟に対応しているというママの声もありました。

家のなかで夫婦でしたスポーツ

家のなかでは、どのようなスポーツができるのか知りたいママもいるようです。ママたちに聞いた、家のなかで夫婦でしたスポーツをご紹介します。

ヨガを楽しむ

ヨガマット
iStock.com/fottograff
30代ママ
私が妊娠前にヨガを習っていたこともあり、今は夫婦でヨガを楽しんでいます。DVDを流しながらヨガの呼吸やポーズを無理のない範囲で実践すると、気分もすっきりとし毎日の楽しみのひとつになりました。

家のなかでするスポーツのひとつとして、夫婦でヨガを楽しんだというママの声がありました。ヨガはマット1枚ずつを用意するだけでよいので、初心者同士の夫婦でも始めやすいスポーツかもしれませんね。

ストレッチや筋トレをする

30代ママ
家ではストレッチや筋トレをしています。ストレッチのメニューに2人1組になってするものを組みこむと、夫婦で協力して体を動かすことができるので1人でやるよりも楽しいです。

ストレッチや筋トレも、家のなかにいながら始めやすいスポーツのひとつかもしれませんね。簡単なストレッチの場合、夫婦だけでなく子どももいっしょに楽しめたというママの声もありました。

家以外で夫婦でしたスポーツ

家以外では、どのようなスポーツが夫婦でできるのでしょうか。ママたちに、家以外で夫婦でしたスポーツについて聞いてみました。

ランニングをする

30代ママ
まとまった時間が取れたとき、夫婦で近所の川沿いの道をランニングしています。最初は短い距離だったのですが、慣れた頃に距離を伸ばしておしゃれなカフェで一息つくのが夫婦の楽しみになっています。

夫婦のペースにあわせた距離を考え、ランニングをしたママがいるようです。

ママのなかには、ランニングウェアやお財布などを入れる小さめのボディバッグを夫婦で新調すると、ランニングをする日がさらに楽しみになったという声も聞かれました。

テニスを楽しむ

テニスラケットとテニスボール
iStock.com/Rulles
30代ママ
子どもの習い事がある日は、結婚前から共通の趣味だったテニスを再開しました。試合で勝てるように、平日でもお互いに空き時間を見つけて筋トレや素振りの練習をしています。

元々共通の趣味だったテニスを再開した夫婦もいるようです。テニスコートで知りあった夫婦と意気投合し、夫婦ペアや男女ペアでわかれてダブルスの試合を楽しむようになったというママの声もありました。

スポーツジムへ行く

40代ママ
いろいろなプログラムを楽しめると思ったので、夫婦でスポーツジムに入会しました。エアロバイクやバランスボールなど、自分のやりたいプログラムを選べるので続けやすいと思います。
20代ママ
スポーツジムでは時間帯によってダンスやエアロビクスなどのプログラムや、いつでも使えるエアロバイクなどのマシンがありました。夫婦で同じスポーツを選択しないときでも、それぞれ楽しめるところがよいと思いました。

夫婦でスポーツジムを利用するのもよいかもしれませんね。スポーツジムは、天候に関係なくさまざまなプログラムを体験できるようなので、飽きにくく続けやすかったというママの声もありました。

夫婦でスポーツをすることで感じるよさ

夫婦でスポーツすると、どのような変化を感じられるのでしょうか。実際に、ママたちに聞いた夫婦でスポーツをすることで感じられるよさをご紹介します。

コミュニケーションの機会が増えた

40代ママ
夫婦で同じスポーツジムに通い始めてから、コミュニケーションの機会が増えたように感じます。我が家の場合、次はいつスポーツジムに行くかやどのようなプログラムを受けようかなど会話が増えました。
30代ママ
夫とは、メールでスポーツについてやりとりする機会が増えました。次に休みに行ってみたいスポーツ用品店や気になっているアイテムなどを画像つきで送りあうなど、独身時代を思い出すような頻度のやりとりになることもあります。

夫婦でスポーツをすることで、コミュニケーションの機会が増えたと感じるママもいるようです。夫婦のコミュニケーションが増えることで、普段の会話も弾みやすくなるかもしれませんね。

長続きする

20代ママ
夫婦でいっしょにスポーツをしていると、1人でするよりも長続きすると思いました。私は飽きっぽいのですが、いっしょに続けてくれる夫が側にいてくれると楽しく続けられるので助かっています。

1人でスポーツするよりも、夫婦2人ですることで長続きするというママの声もありました。勝敗が決まるスポーツの場合、お互いに負けないように努力することで長続きすることもあるかもしれませんね。

夫婦で楽しめるスポーツを始めよう

ヨガをする男女
iStock.com/west

夫婦でスポーツをする時間は、平日は短時間や休日は数時間など家族によってそれぞれ違ってくるようです。家ではヨガ、屋外ではランニングなどを夫婦で楽しんでいるというママの声もありました。

さまざまなプログラムを体験できるスポーツジムもあるようなので、夫婦でいっしょに体を動かす共通の趣味を見つけられるとよいですね。

2019年08月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧