子どもの眼鏡の保証。保証内容や保証期間について

子どもの眼鏡の保証。保証内容や保証期間について

ママたちがよいと感じたサポートとは

子どもの眼鏡の購入を考えるママやパパのなかには、保証の内容や保証期間について気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、子どもの眼鏡の保証内容や実際によいと感じたサポート、子どもの眼鏡の保証内容で意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

子どもの眼鏡の保証とは

子どもの眼鏡は、成長に伴い視力が変化したり激しい運動をしたりして、レンズやフレームの交換が必要になることもあるかもしれません。保証がついていることで、保証期間内に保証対象の事由による眼鏡の交換や修理が必要になった場合、費用の負担が減ることもあるようです。

子どもの眼鏡の保証には、どのようなものがあるのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。保証期間やよいと感じたサポートの内容について知りたい方もいるかもしれません。

そこで今回は、子どもの眼鏡の保証についてお伝えします。

子どもの眼鏡の保証内容

子どもの眼鏡の保証内容には、どのようなものがあるのでしょうか。子どもの眼鏡の保証内容について、ママたちの声を聞いてみました。

見え方の保証

30代ママ
子どもの眼鏡を購入した眼鏡店では、度数が変わったときのレンズ交換にかかる費用が、1年間の保証期間以内であれば無料になる保証がありました。1年で視力が変わることはありませんでしたが、保証がついていることで安心感があったと思います。
40代ママ
うちの子どもは眼鏡を購入して6カ月が過ぎた頃に見え方に変化があり、眼科で新しい処方箋を出してもらいました。眼鏡を受け取った後6カ月以内のレンズ交換が無料、1年以内であれば半額になる保証がついていたので、半額でレンズの交換ができて助かったことを覚えています。
眼鏡店によって、視力が変わりレンズの交換が必要になったときの費用が無料になったり半額になったりする保証があるようです。ママのなかからは、成長するにつれて遠視が徐々に近視に変化していき、何度かレンズの交換が必要になったので保証がついていてよかったという声も聞かれました。

破損の保証

眼鏡店
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
眼鏡が壊れた場合、受け取り日から3カ月以内は無料、1年以内であれば半額で交換してもらえるという保証がありました。子どもが眼鏡を踏んで壊れてしまったことがありましたが、保証期間内だったので無料で交換してもらえてよかったです。
子どもの眼鏡が破損したときの保証がつく眼鏡店もあるようです。眼鏡の扱い方に慣れていなかったり、体をたくさん動かしたりする時期にある子どもは、眼鏡を壊してしまうことがあるかもしれないので、破損の保証がついている眼鏡店を選ぶように意識したというママの声も聞かれました。

品質の保証

30代ママ
眼鏡の品質に問題があった場合、受け取り後1年以内であれば無料で眼鏡の交換や修理をしてくれる保証が子どもの眼鏡についています。保証を利用したことはありませんが、無料で保証がつけられることなど眼鏡店の姿勢に信頼を感じられました。
子どもが正常に眼鏡を使っていてメッキや塗装の剥がれなど品質に問題が生じた場合に、眼鏡の交換や修理をしてくれる保証もあるようです。ママのなかからは、見え方の保証と破損の保証、品質の保証がセットになっていて安心だったという声も聞かれました。

実際によいと感じたサポートについて

実際によいと感じた、子どもの眼鏡に関するサポート内容をママたちに聞いてみました。

子ども用の保証プラン

40代ママ
息子の眼鏡を購入した眼鏡店では、子ども用の定額制の保証がありました。月額料金を支払うと、15歳まで3000円でレンズを何度でも交換できたので、視力にあったレンズを費用の負担を抑えながら定期的に交換することができてよかったです。
子どもの眼鏡を扱う眼鏡店のなかには、通常の保証よりも手厚い内容や長めの保証期間を設定する子ども用の保証プランで、子どもの眼鏡のサポートをしてくれるところもあるようです。ママのなかからは、眼鏡店によって子ども用の保証プランの内容はさまざまなだったという声も聞かれました。

定期的なメンテナンス

眼鏡のメンテナンス
Monika Wisniewska/Shutterstock.com
30代ママ
子どもが活発に動くので、眼鏡の鼻パッドの部分が歪むことがよくあります。眼鏡店に持って行くと、角度の調整をしてかかり具合をチェックしてくれるので有難いです。
眼鏡のメンテナンスのサービスを行う眼鏡店もあるようです。子どもが眼鏡をかけたり外したりする動きで微妙に角度が変わることがあるため、定期的にかかり具合を見てもらうようにしているというママの声もありました。

子どもの眼鏡の保証内容で意識したこと

子どもの眼鏡を選ぶときに、保証内容についてどのようなことを意識したのかをママたちに聞いてみました。

保証内容を確認して眼鏡店を選ぶ

30代ママ
眼鏡店によって保証内容や保証期間はそれぞれ異なるようです。取り扱っている眼鏡の品質やデザインとあわせて、保証についても確認してから眼鏡店を選びました。
眼鏡店の保証内容や保証期間を店舗ごとに確認してから、どこで購入するかを決めたというママの声がありました。実際にいくつかの店舗に足を運んで眼鏡のかけ心地やフィット感を確かめに行く際に、保証内容についても確認しておくとよいかもしれません。

保証内容のグレードアップを考える

30代ママ
子どもが3歳から遠視の眼鏡をかけています。これから先、見え方がかわることもあると医師から言われたので、保証期間を長くするグレードアッププランを選びました。
保証内容や保証期間をグレードアップできる眼鏡店もあるようです。ママのなかからは一度レンズの交換をしたときに思っていたよりも費用がかかったので、途中からグレードアッププランに加入したという声も聞かれました。

保証内容を確認して子どもの眼鏡を選ぼう

眼鏡をかけている子ども
Take A Pix Media/Shutterstock.com


子どもの眼鏡の保証内容には、見え方の保証や破損の保証、品質の保証などがあり、保証内容や保証期間は眼鏡店によってそれぞれ異なるようです。基本の保証内容の手厚さだけではなく、子ども用の保証プランや保証内容のグレードアップがあるかどうかや、眼鏡の調整などのアフターサービスが充実しているかどうかを気にして、眼鏡店を選んだというママの声もありました。

いくつかの店舗に実際に足を運び保証内容についてそれぞれ確認してから、子どもの眼鏡を選べるとよいですね。

2020年03月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ