幼稚園の身支度用の収納を用意するとき。スペース作りで意識したこと

幼稚園の身支度用の収納を用意するとき。スペース作りで意識したこと

ボックスなどを使ってクローゼット風に

子どもが幼稚園に入園するのをきっかけに、身支度用のスペースを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、カラーボックスなどを使ったクローゼット風収納や身支度用スペース作りで意識したこと、子どもが自分で着替えを取り出せる工夫などを体験談を交えてご紹介します。

幼稚園の子どもの身支度で気になること

子どもの幼稚園入園をきっかけに制服や洋服、幼稚園への持ち物などをしまっておける身支度スペースを作りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。幼稚園の子どもの身支度で気になることについて聞いてみました。

30代ママ
もうすぐ幼稚園に入園する子どものために、身支度用のスペースを作りたいと考えています。どのようなものを使って作るとよいのか知りたいです。
30代ママ
子どもの身支度スペースは大人用の場所といっしょにしていますが、子どもが園服やかばんを置きっぱなしにして困っています。幼稚園ではできているので、自宅でもできるよい方法はないかと考えています。
幼稚園入園前に身支度スペースを作っておきたいと考えるママや、子ども自身に身支度を行ってもらうための方法を知りたいママなどもいるようです。他にも、小学校入学前に一通りの身支度が自分でできるよう、幼稚園のうちから練習させたいというママの声もありました。

そこで今回は、ママたちが使った身支度用の収納やスペース作りで意識したこと、身支度収納を使うときの工夫について体験談を交えてご紹介します。


幼稚園の身支度の収納に使ったもの

幼稚園の身支度用の収納スペースを作るとき、どのようなものを使って作るとよいのか知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。幼稚園の身支度用収納で使ったものについて、ママやパパに聞いてみました。

カラーボックス

30代パパ
我が家では、幼稚園の身支度用スペースをカラーボックスを二つ並べて作りました。一つのカラーボックスは棚板を一枚外して縦長のスペースを作り、つっぱり棒をつけることでクローゼット風に仕上げると子どもも嬉しそうにしていました。
必要に応じて棚板の位置を変えられるカラーボックスを使って、幼稚園の身支度用収納スペースを用意したママやパパもいるようです。他にも、カラーボックスの背板にインテリア用のシートを貼ると、オリジナルクローゼットが出来上がり、子どものお気に入りスペースになったというママの声もありました。

衣類収納ケース

タンス
Serg64/Shutterstock.com
30代ママ
赤ちゃんの頃に使っていた小さめの衣類タンスを、幼稚園用品を入れるための収納に変えました。背が低いタンスなので、子どもでも出しやすくて使いやすそうに感じます。
赤ちゃんの頃に使っていた衣類タンスを、幼稚園の身支度用収納にして使っているというママもいるようです。他にも、透明の収納ケースを用意すると中身が見えやすいので、子どももどこに何があるかわかりやすいようだったという、ママの声もありました。

身支度用のスペース作りで意識したこと

身支度用の収納スペースを用意するとき、子どもが使いやすくなるようにどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。

子どもが作業しやすい場所に設置する

30代ママ
当初子どもの身支度用スペースは、リビングの奥の方に用意していました。子どもが玄関で荷物を置いたり園服を脱いだりしているのを見て、リビングの中の玄関に近い方へスペースを移動しました。
30代ママ
子どもの幼稚園グッズの収納として、ハンガースタンドを用意しましたが、子どもは全くかけようとしませんでした。よく見ると、ハンガーの位置が少し高かったようで、ポールの位置を低くすると自分でかけるようになりました。
身支度スペースを子どもが作業しやすい場所に設置するようにしたママもいるようです。子どもの動線を考えたり手の届きやすい位置を確認したりして、設置場所を決めるとよいかもしれません。

アクションの数を減らす

30代ママ
うちの子どもは上着や園服をハンガーにかけ、つっぱり棒にかけるという行動が面倒だったようです。壁にフックをつけてそこにかけるだけのやり方に変えたら、自分でかけることが増えました。
子どもが自分で身支度を整えるようにするには、アクションの数を減らすことも大切かもしれません。普段の子どもの行動をヒントに、やりやすくできる方法を考えられるとよいようです。ママのなかには、幼稚園のお部屋をみて収納方法を同じようにしたという声もありました。

ラベリングする

30代ママ
子どもが使う幼稚園アイテムは大小さまざまなものがあるので、どこに何が入っているかわかりやすいとよいかなと考えました。紙に洋服や下着の絵を描いて貼っておくと、子どもも収納されている場所がすぐにわかるようでした。
どこに何が入っているのかが一目でわかるように、収納場所にラベリングをしているママもいるようです。絵だけでなく、写真を貼り付けているというママの声もありました。

子どもにわかりやすい方法でラベリングできるとよいかもしれませんね。


身支度収納を使うときの工夫

せっかく用意した身支度用の収納だから、長く使いたいと考えるママやパパもいるかもしれません。身支度収納を使うときの工夫について、ママたちに聞いてみました。

いっしょに中身を整理する

中身の整理
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
週末は、子どもといっしょに中身を確認しながら整理するようにしています。普段は子どもが一人で出し入れしているので、ぐちゃぐちゃになっていたらいっしょに片づけるようにしています。
子どもと収納スペースの中身を整理することも大切かもしれません。子どもの使う様子を見ながら、より使いやすい方法などを探っていくのもよいかもしれませんね。

成長に応じて見直す

30代ママ
幼稚園年少のときに作った身支度用収納スペースは、年長の頃には小さくなってきました。小学校入学も控えているので、着替えの仕切りスペースなどを見直していこうと考えています。
子どもの成長に応じて、収納スペースを見直すようにしているママもいるようです。他にも、子どもが文字に興味をもちはじめたので、ラベリングした絵の横にひらがなのラベリングも書き足したというママの声もありました。

幼稚園児に使いやすい身支度スペースを用意しよう

使いやすい身支度収納を
Africa Studio/Shutterstock.com

幼稚園の身支度用収納スペースを作ったママやパパのなかには、カラーボックスとつっぱり棒、収納ケースを使ってクローゼット風に仕上げたという声や、赤ちゃんの頃の着替え入れに使った衣装タンスを使ったという声もありました。

子どもの身支度スペースを作るときは、子どもが使いやすい位置に設置したり、簡単に行えるようアクション数を減らしたりできる工夫があるとよいかもしれません。幼稚園児に使いやすい身支度用収納スペースを用意して、楽しく身支度できるとよいですね。

2020年02月06日

専門家のコメント
16
    せおみ先生 保育士
    子どもはリビングで着替えたり準備をするので、幼稚園の物や服、全てリビング収納にしています。カバンや帽子を置く場所も全て同じ場所にあり、子どもが手の届く場所にあります。カバンなどの定位置を決めておく事は、帰ってきても自分でおく事ができるので便利だとも思います。
    なごみ先生 保育士
    子どもの服やカバンなどはリビングに置いてある絵本棚の横についてある引き出しに置くようにしました。園カバンなどは用意したら玄関のラックに置くようにしてます。
    すみっこ先生 保育士
    幼稚園グッズは一つのチェストにまとめています。一段めはハンカチ&ティッシュ、二段目は手拭きタオル、三段目はシャツ…と自分で支度ができるように見やすく収納しています。
    年長組になってやっと洗濯済みの制服をしまうのも上手にできるようになりました✨
    おはぎ先生 保育士
    リビングにはあまり物を置きたくなくて、子供部屋にまとめて子どもの届く位置に置いています。できればリビングで広げる前に玄関に鞄を置いて洗濯物や洗い物などそこで仕分けして持っていってくれればなぁー、と今はまだ思案田中です
    いちぽ先生 保育士
    リビングとつながっているところに6畳の洋室があるので、そこに幼稚園準備セットは置いておくようにするつもりです。
    自分でできるようにわかりやすくまとめておくようにしたいです。
    りお先生 保育士
    我が家はリビングに本人専用のカラーボックスを準備して、幼稚園の制服やカバン、体操服なんかを置いています。

    朝は制服を置いている棚から出して自分で着替えをしてますよ!
    カバンの中身は親が準備してしていますが、棚からカバンを出して背負って行っています😁

    隣には、兄のランドセル置き場があるので、同じようにしています。

    カラーボックス、割と使えますよー!!
    のの先生 保育士
    子ども用の棚があるといいですね。園のお支度は自分でやるという習慣がついているも小学校でも活用されていくと思います。子どもに任せっぱなしではなく、子どもが寝てからチェックしてあげるといいでしょう。
    すー先生 保育士
    4月からこども園に通うので、現在どのようにしようか模索中です。今年4歳になる為、持っていく物は自分で準備してもらいたいと思い、わかりやすく一箇所にまとめて収納できるように考えていきたいです。
    めめ先生 保育士
    普段の服は二階のクローゼットですが幼稚園グッズはリビングの隣の部屋にチェストを買いました。
    下の子も将来使えるように引き出しが4つついたものにしました!
    まい先生 保育士
    子どもはリビングで着替えたりするのでリビングに収納するようにしていたら子どもも自然と自分で用意したりすることが出来ます。
    のんの先生 保育士
    子供にさせるより、自分がした方が早い!と思って、ついつい手を貸してしまいがちですが、子供自身にさせることも大切です。
    はんかちの場所、制服の場所、など子供がとりやすく、わかりやすいよつにしてあげることが大切です。
    nt_2
    @のんの先生さん
    なるほど、子ども自身にさせてあげること、そして子どもがとりやすかったりわかりやすかったりするよう工夫するのが、大切なんですね。さすが保育士さん!勉強になりました😊
    のんの先生
    @nt_2さん
    コメントありがとうございます。 子供にさせると最初は逆に手がかかってしまいますが、子どもにやらせることで、自らできるようになりますので、すこしの間見守ることが大切!なんですけど、長女の時はなかなかできず、かなり手取り足取りしてました。(笑)
    nt_2
    @のんの先生さん
    最初は逆に手がかかってでも、じっとしんぼうして見守っていれば自らできるようになっていく。そうしたら後は自立していきますもんね😊育てる側もだんだん慣れていくんでしょうか。 周りの人にもアドバイスしてみます。ありがとうございます!
    のんの先生
    @nt_2さん
    慣れていくものだと思います。 いい意味で、母親としての子育ての手の抜き方、力の抜き方がわかってきました。 最初の子供を育てるときは、力が入ってしまいますよね。みなさん同じだと思います。 返信ありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。
    とーち先生 保育士
    我が家はリビングで着替え、準備をすることが多いので、リビング横の洗面所にカラーボックスのような棚を用意して、そこに幼稚園グッズをまとめています。

    子どもが取り出しやすいように、ランチョンマットや、巾着を1つのコーナーに。

    体操服セットを1つのコーナーに。等々。

    子どもの様子を見て、配置しています。

    鞄や制服なども、棚の近くに置いて、準備がなるべく1つの場所で済むようにすると、子どももスムーズに準備できると思います。

    なつまる先生 保育士
    持っていくものを1つのスペースに置いておけるといいですね!
    そこから1つずつ好きなものを選ぶ。と言うことができればいいかと思います!
    園でも2歳児になったら自分の持ち物からお着替えを1つずつ出すなどの練習をしていましたよ!
    あー先生 保育士
    やはりこどもの身支度を自分で出来るような環境を整えるのは、こどもの発達にとてもいいと思います。カラーボックスに100均一などで作ったボックスにそれぞれ衣服や制服かばんなどで分けると子どもも物を置く迷うことなく置けるようになるのでオススメです。最初慣れるまでボックスにそれぞれ入れる物の写真など貼っているのも子どもが迷わず片付けられますね!
    ゆきな先生 保育士
    物事のおく場所をしっかり決めておくこと、また子どもの背の高さを考え見える位置。
    覚えられないこには写真を貼っておくのもいいですね!
    めい先生 保育士
    子どもが自分でできる高さに収納スペースがあること、ワンアクションでできる手軽さなどに気をつけて、スペース作りをしたいと思っています。

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧