子どものおもちゃを収納する棚はどう用意する?種類や選ぶときに意識したこと

子どものおもちゃを収納する棚はどう用意する?種類や選ぶときに意識したこと

子どもが上手に収納できるアイデア

子どものおもちゃを収納するための棚はどのようなものがよいのか、気になるママやパパもいるかもしれません。今回は子どものおもちゃを収納する棚の種類や、棚を選ぶときに意識したこと、子どものおもちゃの収納アイデアなどについて体験談を交えてご紹介します。

子どものおもちゃをどう片づける?

子どものおもちゃをどのように片づけようかと、考えているママやパパもいるのではないでしょうか。おもちゃの片づけについて気になることを聞いてみました。

20代ママ
おもちゃが増えてしまい、しまいきれないおもちゃが床やキッチンの棚に置かれていて気になっています。どのような棚だと、子どものおもちゃをすっきり収納できるのか知りたいです。
30代ママ
子どもに毎日おもちゃを片づけるように言ってますが、結局親が片づけたり、時間がなくてそのままになったりしています。他のママは、子どもが自分から楽しく片づけられるようにどのようなことをしているのか気になります。
子どもの成長とともに増えていくおもちゃを収納するためにどのような棚がよいのか気になるママや、子どもが自分で片づけられるような収納のアイデアを知りたいママがいました。実際におもちゃの棚を購入したママは、どのような種類の棚を、何を意識して選んだのでしょうか。

子どもにおもちゃの棚を選ぶときに意識したこと

おもちゃ 棚
Africa Studio/Shutterstock.com

おもちゃの棚を選ぶとき、どのようなことを意識したのかママやパパに聞いてみました。

片づけやすさ

40代ママ
子どもが自分でおもちゃを出し入れできるように、子どもの目線と同じくらいの高さの棚を選びました。すぐに手が届くところにおもちゃ箱が見えるので、片づけしやすくなったようです。
30代ママ
子どもでも片づけがしやすいよう、種類別に収納できることを意識して棚を用意しました。息子も「車はここ」「ブロックはここ」という感じで、取り出すときやしまうとき迷いにくくなったようです。
子どもが片づけしやすいかどうかを意識しておもちゃの棚を選んだママがいました。片づけやすい環境を整えることで、子どもが楽しくおもちゃを片づけられるようになるかもしれません。

デザイン

30代パパ
シンプルなデザインの棚を購入しました。子どもが小さいうちはおもちゃの収納場所として使い、大きくなったら他の部屋の収納として活かせたらよいなと思っています。
20代ママ
子ども部屋に置く棚を、子ども自身が選んだデザインのものにしました。カラフルではっきりした色のものでしたが、子どもの気に入ったものなので子どもも楽しんで片づけしてくれています。
長く使えるかどうかや子ども自身が気に入ったものなど、デザインを意識して棚を選んだママやパパの声がありました。棚を置く部屋のインテリアにあうデザインかどうかをポイントにして棚を選んだとの声もありました。

安全性

40代ママ
子どもがぶつかってもケガの心配がないように、プラスチック製で角に丸みのある形の棚を選びました。
30代パパ
プラスチック製のものより値が張りましたが、安定感のある木製の棚を選びました。息子たちが遊びに夢中になってぶつかってしまっても倒れることもなく、安心して使えています。
子どもの生活の場に置く棚の安全性を意識して選んだママやパパがいました。棚の塗装に安全な塗料を使っているかも確認したという声もありました。

子どものおもちゃの棚の種類

子どものおもちゃを収納する棚の種類について、ママやパパに聞いてみました。

オープンラック

おもちゃ オープンラック
Rawpixel.com/Shutterstock.com
40代ママ
子どもの成長にあわせて自由にレイアウトを変えられるようにオープンラック型の棚を選びました。大きいバスケットにぬいぐるみを入れたり、小さめの収納ボックスを並べて細かいおもちゃを分類したりできるので便利です。
レイアウトを自分の好みにできるオープンラックを、おもちゃの棚として選んだママがいました。オープンラックは奥が抜けているためスッキリして見え、圧迫感が少なくてよいという声も聞かれました。

壁面収納タイプ

40代パパ
おもちゃが見えるように収納したいと考えて、壁に打ちつけて固定するタイプの棚を設置しました。息子もお気に入りのおもちゃが常に見えるところにあるので嬉しそうです。
壁面収納タイプの棚を選んで、子どものおもちゃが見えるように収納したパパがいました。他にも、壁面収納だと部屋が狭くても空きスペースを活用できるので便利だという声もありました。

引き出し

30代ママ
パズルやシールなど細々としたおもちゃが多いので、引き出しタイプの棚を選びました。見た目もすっきりしているので気に入っています。
細々としたおもちゃをすっきりしまえる引き出しタイプの棚を選んだママがいました。引き出しタイプを選ぶときは、子どもがお片づけをするときの安全性を考えて落下防止のストッパーがついたものを選んだという声もありました。

子どものおもちゃの収納アイデア

子どものおもちゃを片づけるとき、他のママはどのようにしまっているのか気になる方もいるかもしれません。子どものおもちゃの収納アイデアについて聞いてみました。

ボックスを活用する

30代ママ
子どもが簡単に出し入れできるように、フタのないボックスをたくさん用意しました。今は空いているボックスに入れるだけですが、いずれは種類別に片づけられるようにしていきたいと考えています。
ボックスを活用して、入れるだけの簡単な収納にしたり、おもちゃの量を調節できるようにしたりしたママがいました。さまざまな大きさのボックスを揃えれば、おもちゃの大きさごとに分類することもできそうです。

見やすく分類する

40代ママ
収納ケースにおもちゃの写真を貼り、中に何が入っているかが見えるようにしています。写真だとわかりやすいようで、娘自身で確認しながら片付けられるようになりました。
20代パパ
カラフルな色の箱を用意して息子と一緒におもちゃを分類したところ、「ミニカーは赤の箱だよ」とか「ブロックは黄色に入れるね」など、子どもが楽しんで片づけしてくれるようになりました。
おもちゃの分類がわかりやすい収納にすることで、子ども自身が片づけに参加する様子が見られるようになったというママの声がありました。目当てのおもちゃがすぐにわかるので、取り出すときも子どもが楽しそうにしているというママの声もありました。

飾るスペースを作る

Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
カラーボックスを横向きにして、子ども用のドールハウスや人形を飾っておく場所にしました。上はプレイテーブル、下は収納スペースにすることで、遊ぶ場所を取ることもなくお片づけもすぐにできます。見せる収納としてもとてもかわいくて、親子で気に入っています。
30代パパ
誕生日やお祝いのたびに増える電車のおもちゃをきれいに飾りたいと思い、電車のおもちゃ専用の見せる収納棚を作りました。片づけしやすくなった上、きれいに並んだ様子に息子も大興奮で、作ってよかったと思いました。
見せる収納を用意することで、そのまま遊べるスペースにしたり、きれいに飾ってしまえるようにしたりしたママやパパがいました。今日はどのような配置で片づけようかなどと、大人もいっしょに楽しめそうですね。

子どものおもちゃを棚を使って楽しく片づけよう

おもちゃで遊ぶ男の子とママ
iStock.com/monzenmachi
子どものおもちゃを収納する棚について、片づけやすさやデザイン、安全性などを意識して選んだママやパパがいました。子どもがお片づけしやすい収納には、ボックスを活用して分類したり、飾るスペースを作ったりするアイデアがあるようです。子どもがおもちゃで遊んだあと楽しくお片づけできる収納がみつかるとよいですね。

2019年12月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧