冬に使うベビー布団について。ママたちが用意した布団の種類

冬に使うベビー布団について。ママたちが用意した布団の種類

寒さ対策や快適に眠るための工夫

冬に使うベビー布団を用意するとき、どのような布団や敷きパッドを使えばよいか悩むママもいるでしょう。冬にベビー布団は必要か、ママたちが用意したベビー布団の種類、寒さ対策や赤ちゃんが快適に眠るために工夫したことをご紹介します。

冬にベビー布団は必要?

ママたちは冬にベビー布団を使っているのでしょうか。
20代ママ
子どもが小さい頃はベビー布団を使っていました。温度調節がしやすく、使ってよかったです。
30代ママ
子どもが冬生まれなので、ベビー布団が必要でした。
30代ママ
ママといっしょにベッドで寝ているので、ベビー布団は使っていません。
20代ママ
夏場はママと同じ布団で寝ていましたが、冬場はベビー布団に変えました。ベビー布団を使った方が、布団の枚数を調整しやすく、子どもも快適に眠れている気がします。
赤ちゃんのためにベビー布団を用意したという声が複数ありました。特に冬は、温度の調整がしやすいという理由で重宝するママが多いようです。添い乳をするときはベビー布団を使わず、ママと同じ布団で寝ることもあるようです。

ママたちが冬に用意した布団の種類

ママたちが冬に用意したベビー布団の種類について、ご紹介します。

軽くて暖かい掛け布団

枕と布団
iStock.com/sutteerug
30代ママ
赤ちゃんが動きやすいように、軽くて暖かい掛け布団を使っています。
冬場は、赤ちゃん用の軽い掛け布団を選ぶママが多いようです。赤ちゃん用の掛け布団は軽くて暖かいだけでなく、通気性がよいという特徴もあります。赤ちゃんは汗をたくさんかくので、掛け布団選びは重要かもしれません。

タオルケット

20代ママ
掛け布団のほかに、タオルケットを用意しています。肌寒いときに掛け布団にプラスして調整しています。
タオルケットは汗をよく吸い取ってくれて、素早く乾くのが特徴です。汗をかきやすい赤ちゃんは、掛け布団や毛布といっしょに使うとよいかもしれません。タオルケットの代わりに、バスタオルを使うママもいるようです。

ボアつき敷きパッド

30代ママ
冬場は布団の中も冷えるので、暖かいボアつきパッドを用意しています。
季節によって敷きパッドを変えるママは多いようです。ボアつき敷きパッドは、暖かくふわふわした感触なので、赤ちゃんが気持ちよく眠れるかもしれません。

冬にベビー布団を使うときの寒さ対策

冬にベビー布団を使うときの寒さ対策について、ママたちに聞きました。

布団の枚数を調整する

毛布
iStock.com/Olguta Serban
30代ママ
冬の寒さ対策に毛布を使っています。掛け布団にプラスして、布団の枚数を調整しています。
冬の特に寒い日は、掛け布団にタオルケットや毛布を足して、寒さ対策をするママがいました。毛布を選ぶときは、赤ちゃんが寝苦しくならないように、軽いものを選びましょう。赤ちゃんの様子を見ながら、布団の組み合わせを調整できるとよいですね。

敷布団にタオルケットを敷く

20代ママ
冬場はシーツが冷たいので、シーツの上に薄いタオルケットをひいて、その上に寝かせています。
冬場は、赤ちゃんを毛布に包むと寝つきがよかったというママの声もありました。シーツや布団が冷たいと、赤ちゃんはびっくりするのかもしれません。赤ちゃんが安心して眠れるように、工夫できるとよいですね。

暖房で部屋を暖める

20代ママ
寝かしつける前に部屋の暖房をつけて、少しでも暖かくなるようにしています。
寝かしつける時間までに暖房で部屋を暖めておき、ママやパパが寝るときに暖房を消すようにしているという声がありました。ずっと暖房をつけていると、空気が乾燥したり、室温が上がって暑くなることがあるので、気をつけましょう。

赤ちゃんがベビー布団で快適に眠るための工夫

赤ちゃんがベビー布団で快適に眠れるように、ママたちはどのような工夫をしているのでしょうか。

寝汗対策をする

30代ママ
寝汗をかいているときに、バスタオルをシーツ代わりにして何枚か用意してすぐに変えられるようにしていました。
いつも清潔な状態で眠れるように、洗い替えしやすいバスタオルをシーツの代わりに使うというママがいました。赤ちゃんが寝やすいように、肌触りがよく、吸水性に優れた素材の寝具を選ぶとよいでしょう。

温度調整をする

20代ママ
冬は厚手のパジャマを着せているので、布団をたくさんかけて暑くなりすぎないように気をつけています。
赤ちゃんは布団を蹴ってしまうことがあるので、冬用の厚手のパジャマを着せるママが多いようです。布団や敷きパッドだけでなく、パジャマの素材も含めて組み合わせを考えられるとよいですね。

冬用のベビー布団で赤ちゃんの快適な眠りをサポートしよう

毛布で眠る赤ちゃん
iStock.com/Melpomenem
冬場は、軽くて暖かい掛け布団やボアつき敷きパッドを使うママが多いようです。室温に応じて、タオルケットやバスタオルで調整するとよいでしょう。

特に寒い日は、毛布を足す、寝かしつける前に部屋を暖めるなどの寒さ対策を行うとよいかもしれません。寝汗対策や温度調整をして、冬用のベビー布団で赤ちゃんが快適に眠れるとよいですね。

2019年10月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧