マタニティズボンはいつから用意する?選び方やリメイクの方法

マタニティズボンはいつから用意する?選び方やリメイクの方法

マタニティズボンを用意するときのポイント

妊娠中にズボンがきつく感じるとき、アジャスターベルトやゴムで対応する他に、お腹周りが暖かいマタニティズボンの購入を考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、マタニティズボンやパジャマをいつから用意したかや、下がる、きつい場合の対応、マタニティズボンの選び方やリメイクの方法をご紹介します。

マタニティ用のズボンやパジャマはいつから使う?

マタニティ用のズボンやパジャマは、いつから用意しているのでしょうか。ママたちにいつから必要に感じたか聞いてみました。

20代ママ
妊娠5カ月頃からお腹が膨らんできたのを感じ、今のズボンがきついと感じるようになりました。手持ちのズボンにアジャスターベルトをつけて対応していますが、そろそろマタニティ用のズボンを購入したいと考えています。
30代ママ
妊娠7カ月頃には手持ちのズボンでは対応できなくなり、マタニティ用のズボンとパジャマを購入しました。シルエットもマタニティ専用に作られているためか、きれいにシルエットが出るのでよかったです。
いつからマタニティズボンを用意するのかはさまざまなようですが、妊娠が進むにつれてお腹が大きくなってくると、マタニティ用のズボンやパジャマはウエストがゆったりしていて着心地が楽な上、シルエットもきれいに出ることから購入を考えるママの声がありました。

他にも、まだお腹は膨らんでいなかったが、つわりなどで体調が悪く妊娠中ということを周囲に知らせるために、マタニティウェアを用意したというママもいました。

今回は、妊娠中も快適にすごせるよう、マタニティ用のズボンやパジャマを選ぶポイントやリメイク方法についてママたちに聞いてみました。


マタニティズボンを選ぶポイント

考える女性
Dean Drobot/Shutterstock.com

マタニティ用のズボンやパジャマを購入する際は、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。マタニティ用のズボンを選ぶポイントについて、ママたちに聞いてみました。

マタニティズボンの素材

20代ママ
伸縮性のある素材は、スキニーパンツでも締めつけが少なく着心地が楽でした。妊娠中でも、自分の好きな服装が楽しめて嬉しかったです。
30代ママ
妊娠中に肌が敏感になったので、肌に優しい素材を選ぶようにしました。また、寒い時期だったので、パジャマは裏起毛の暖かい素材を選びました。
妊娠中は伸縮性のある素材や肌に優しい素材が、着心地がよく快適にすごせるようです。また、寒い時期は体を冷やさないよう、裏起毛など暖かい素材を選ぶとよいですね。

マタニティズボンのデザイン

30代ママ
産後は体型がすぐには戻らないと聞いていたので、産後にも使いやすいデニムパンツを選びました。季節も問わずに着られるので、長く履けてお得に感じます。
20代ママ
妊娠中も野暮ったくならないように、美脚や小尻に見せるデザインを選びました。また、黒い色のズボンは引き締まって見え、いろいろなトップもあわせやすく重宝しました。
妊娠中もおしゃれを楽しめるよう、デザイン性も重視して選ぶというママの声もありました。デニムズボンは活用の幅が広く、季節を問わないので一本は持っていると便利なようです。

マタニティズボンのサイズ

30代ママ
だんだん大きくなるお腹のサイズにあわせて、ウエスト部分がアジャスターで調節できるものを選びました。産後もしばらく活用できたので、長い期間重宝しました。
マタニティズボンは、お腹のサイズにあわせて調節できるアジャスターつきのものもあるようです。また、無理せずにゆったりしたサイズを選んだことで、つわりが和らいだというママもいました。

マタニティズボンの使い方で意識したこと

マタニティズボンを履いて気になったことを解消する方法について、ママたちの声を聞いてみました。

ずり下がるとき

30代ママ
試着したらちょうどよいサイズだったのですが、動いているうちにずるずるとズボンが下がることがありました。ウエスト部分を折り返したら、下がるのが気にならなくなりました。
妊娠初期から中期頃のお腹がまだ小さいときは、マタニティズボンがずり下がるということもあるようです。ママのなかからは、アジャスターがついていてもずり下がるときは、リブの部分を折り返して調節していたという声も聞かれました。

きついと感じるとき

20代ママ
お腹が大きくなり、以前買ったマタニティズボンもきついと感じるようになりました。無理せず大き目サイズを購入したところ、とても楽になりました。
マタニティズボンのサイズを大き目にすることに、抵抗感を感じるママもいるようですが、無理のないサイズのズボンを用意すると、体が楽になったという声がありました。サイズが大きくても、おしゃれなデザインを選ぶことで、今まで通りのおしゃれを楽しむことができるという声もありました。

マタニティズボンへのリメイクアイデア

裁縫
Africa Studio/Shutterstock.com

手持ちのズボンをマタニティズボンに変身させられたら、お財布にも優しく嬉しいですね。マタニティズボンへのリメイクアイデアをご紹介します。

用意するもの

  • 手持ちのズボン
  • 着古したTシャツやタンクトップ
  • バイヤステープ
  • ゴム
  • はさみ
ここで使用するゴムは、太めのものを利用すると履いたときに下がる心配が少なく、履き心地もよかったというママの声もありました。Tシャツやタンクトップの他には、黒やグレーなど、暗めの色あいのものを使うとアウターに響きにくいかもしれません。

マタニティズボンの作り方

  1. ズボンのウエストから下腹部分を、お腹の形を考えながら切り取る
  2. ズボンのカットした部分がほつれないように、バイヤステープでくるんで縫う
  3. Tシャツやタンクトップをお腹が隠れる部分まで残してカットし、ズボンと縫いあわせる
  4. ずり下がらないように、Tシャツの上側にゴムを入れて完成
Tシャツやタンクトップの素材は伸縮性があり、ほつれにくいので簡単にリメイクできてよかったというママの声がありました。ズボンをカットする際は、手持ちのマタニティズボンや、インターネットでマタニティズボンを検索して参考にするとよいようです。

妊娠中もマタニティズボンで快適に楽しくすごそう

しあわせなマタニティ
Rido/Shutterstock.com

いつからマタニティズボンを用意するかは、体調を考えゆったりした服を選びたいときや、アジャスターベルトで対応できなくなってからなど、ママによってもさまざまなようです。用意するときは暖かい素材やサイズのほか、使いやすいデニムや黒など、デザインにも注目しながら選ぶとよいかもしれません。

着ているときついと感じたり、ゴムが緩くなりズボンがずり下がるように感じたりするときは、色々と工夫しながら使っているというママの声もありました。自分好みのマタニティ用のズボンやパジャマを探したり、リメイクを楽しんだりしながら、妊娠中もおしゃれを楽しみつつ心地よくすごせるとよいですね。

2019年12月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧