2020年の母の日はいつ?母の日の由来やプレゼント、メッセージについて

2020年の母の日はいつ?母の日の由来やプレゼント、メッセージについて

毎年5月にある母の日ですが、日にちはいつなのか気になっている方もいるかもしれません。今回の記事では、2020年の母の日がいつなのか、また母の日の由来や贈り物、母の日のメッセージついてご紹介します。

母の日はいつ?

日本では、母の日は毎年5月の第2日曜日に定められています。母の日は暦によって変動するので、毎年いつなのかをチェックしておくといいかもしれませんね。2020年の母の日は5月10日、2021年は5月9日です。

母の日の意味、由来は?

母の日ができたのはイギリスで、17世紀ごろから存在したという説があります。当時の母の日は奉公に出された子どもたちが年に一度、教会で母と再会することを許された日だったそうです。

時代は変わり、現在のような母の日の形が生まれたのは1900年代のアメリカでした。アメリカのある女性が、亡き母を追悼したいという思いから、生前母の好きだったカーネーションを配る活動を始めたことがきっかけのようです。こうして母の日は、母のことを思う日として日本にも定着しています。

母の日に贈るもの

母の日
PR Image Factory/Shutterstock.com

一般的に、母の日にどのような贈り物が選ばれているのでしょうか。

カーネーション

母の日が近くなると生花店などで多く取り揃えられます。女性らしい色が特徴的なカーネーションのプレゼントはもらったらうれしいですよね。最近は鉢植えも選ばれることが増えているようです。

旅行券

母の日の贈り物として、旅行券が選ばれることもあるそうです。旅をしてリフレッシュしてほしいという思いを込めて贈る方もいるようです。

食事券

最近は、母の日に限定した食事券ギフトセットもあるようです。食事といっしょにゆっくりする時間をプレゼントできそうですね。いつでも使える食事券を選んでもいいでしょう。

母の日のメッセージ

母の日のメッセージをどのように伝えたらいいのでしょうか。一般的な例をご紹介します。

ありがとうなどの感謝を伝える

母の日はママに感謝を伝える日。シンプルに「いつもありがとう」という言葉を伝えてみてはどうでしょうか。普段メールで済ませてしまう人でも、母の日に直接会う機会を作ったり、遠方なら電話でもいいかもしれませんね。

手書きで書いてみる

照れて言葉にできないという方には、じっくり考えてメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。手紙はお金のかからないプレゼントではありますが、もらって嬉しかったというママたちの声もありました。

母の日に感謝を伝えよう

いつが母の日
Oleksandra Naumenko/Shutterstock.com

母の日がいつなのか、母の日の由来やプレゼントについてご紹介しました。せっかくの母の日、お母さんが喜ぶプレゼントやメッセージを準備して日頃の感謝の気持ちを伝えたいですね。

2018年01月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ