母の日に贈る手作りカード。子どもと楽しく作るアイディア

母の日に贈る手作りカード。子どもと楽しく作るアイディア

母の日に贈るカードを子どもと手作りしたいと考えるパパもいるかもしれません。日頃の感謝の気持ちを込めた、とっておきのカードを贈りたいですよね。今回の記事では、ママたちが母の日にもらったカードでうれしかったメッセージや、子どもと楽しく作ることができるカード作りのアイディアをご紹介します。

子どもと母の日に贈るカードを手作りしてみよう

母の日
Rawpixel.com/Shutterstock.com
母の日に贈るカードを子どもといっしょに手作りしてみませんか?子どもといっしょにメッセージや絵をかいたり、切り貼りしたりして、楽しく母の日のプレゼントを用意することができますよ。

世界にひとつだけの子どもとパパの手作りのカードは、きっとママによろこばれることでしょう。

母の日カードでうれしかったメッセージ

母の日に贈るカードはどのようなメッセージがよろこばれるのでしょうか。母の日にもらったカードでうれしかったメッセージをママたちに聞いてみました。

ママいつもありがとう

30代ママ
定番かもしれませんが『ママいつもありがとう』です。なかなか日頃感謝を伝えてもらう機会がないので、改めて伝えられると感謝してくれているんだなとうれしく思います。
毎日いっしょにすごしていると、してもらうことが当たり前になってしまい、なかなか感謝の気持ちを伝える機会も少なくなるかもしれません。改めて日頃の感謝を伝えられるとママはうれしく思うようです。

毎日おいしいご飯を作ってくれてありがとう

30代ママ
どんなに忙しくてもお惣菜やでき合いのもので食事を済ませることがないので、『毎日おいしいご飯を作ってくれてありがとう』はうれしかったです。
食事を作るのは365日毎日のことですよね。毎食家族のためを思い、栄養バランスを考えた食事を作るママにとってはうれしい一言でしょう。

ママだいすき

30代ママ
初めて母の日にもらったカードに『ママだいすき』と書いてあって、心が温かくなりました。字が書けるようになったんだという成長も感じ、うれしくもあり、さみしくもなりました。
「だいすき」は短い言葉ですが、改めて伝えられるとうれしいメッセージかもしれません。初めて子どもにカードをもらう場面では、子どもが字を書けるようになったことに感動し、知らず知らずのうちに成長していく姿に胸が熱くなるようです。

お仕事頑張ってね

30代ママ
仕事で毎日忙しくしているので、『お仕事頑張ってね』というメッセージが書かれたカードをもらったときはうれしかったです。明日からも頑張ろうと思えます。
働くママにとって、家事や育児との両立は大変なものです。仕事についての子どもとパパからのメッセージは活力になることでしょう。

母の日の手作りカードのアイディア

工作 パパ
Pressmaster/Shutterstock.com
母の日にプレゼントするカードを子どもといっしょに作るとき、どのようなデコレーションをすればよいか迷うパパもいるでしょう。ママによろこばれそうなデコレーションのアイディアをご紹介します。

家族の写真を貼る

家族みんなの感謝の気持ちが伝わる、家族写真を貼ったカードは、ママがもらってうれしいカードの飾りのひとつかもしれません。

フレームに家族写真と手作りしたカードを入れて、そのまま飾れるインテリアとしてプレゼントしてもよろこばれそうです。

子どもの手形や足形をつける

手形や足形は、小さい赤ちゃんでも参加できるデコレーションですね。手形や足形を母の日ならではのカーネーションに見立てたり、さまざまな色のインクを用意して、動物や家族をモチーフにしたアートなどにアレンジしたりしてもよいかもしれません。

毎年恒例にすると、前に贈ったものと見比べて子どもの成長を感じることもできそうですね。

ママの似顔絵を描く

母の日にママの似顔絵を贈るのは定番かもしれませんが、子どもが自分を想って描いてくれたというのはやっぱりうれしいものですよね。また、子どもの描く絵の上達は早いので、そのときにしか描けないママの似顔絵は貴重な思い出になるでしょう。

子どもが表現したいけれど描くのを難しそうにしている部分などがあれば、パパが手伝ってもよいかもしれません。

飛び出すようにする

カードを開くと花やハートが飛び出す仕掛けのカードは、折り紙や画用紙を使って簡単に作ることができるので、子どもとカードを手作りするのにはぴったりかもしれません。

折り紙を折ったり、切り貼りしたり、作る過程も子どもといっしょに楽しむことができそうです。

母の日やママにちなんだデザインにする

定番のカーネーションやハート、リボンなど、母の日ならではのものやママの好きなものをモチーフにしたカードのデザインにするのはいかがでしょうか。折り紙やペンを使って、ママの好きな動物やキャラクターなどを作ってカードに貼ってもよいですね。

カード自体を花束やプレゼントの形にするなど、さまざまな工夫ができそうです。

母の日は手作りのカードで感謝の気持ちを伝えよう

母の日
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com
ママたちは日頃の感謝の気持ちを改めて伝えられると、どのような言葉でも心があたたかくなり、うれしく感じるようです。

カードの飾りは、子どもの成長を感じられるものや、ママの好きなものをモチーフにするなどして工夫をするとよいかもしれません。パパが考えたものいっしょに作ってもよいですが、思い切って子どもに任せて作ってみてもよいですね。

子どもといっしょに手作りした心のこもったカードがママによろこばれるとよいですね。

2020年05月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ