1歳の子どもを保育園へ預けるとき。一日のスケジュールや遊びの様子

1歳の子どもを保育園へ預けるとき。一日のスケジュールや遊びの様子

園グッズや服装を確認するなど入園の準備

1歳児を保育園に預けるとき、一日のスケジュールや遊びの様子の他に、保育料金が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、お弁当箱や水筒などの園グッズ、服装や靴を確認するなどの入園式前の準備、園に通ってよかったことなどを体験談を交えてご紹介します。

保育園に子どもを預けるタイミングは?

仕事などのさまざまな事情から、保育園に何歳から子どもを預けたらよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。そこで、ママやパパたちに保育園に子どもを預けるタイミングを聞いてみました。

40代パパ
うちは自営業なので0歳から子どもを保育園へ預けました。保育園に預けることで仕事と育児のバランスをとることができてよかったと思います。
20代ママ
私は育休明けの1歳から保育園へ入れました。保育料金は高いと感じますが、正社員で働きたいと考えていたので、1歳での入園を決めました。毎日慌ただしいですが充実しているように思います。
子どもが0歳や1歳になるタイミングで保育園に預けた家庭もあるようです。ママのなかからは、入園にあたって、1歳児クラスの保育園でのすごし方やお弁当を持って行くのかが気になるという声がありました。

今回は、一日のスケジュールなど保育園の1歳児クラスの様子や1歳での入園に向けた準備でしたことなどについてご紹介します。

保育園での1歳児クラスの様子

1歳赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com

保育園に子どもを預けるときに、1歳児クラスでは子どもたちがどのようにしてすごしているのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。1歳児クラスの子どもを持つママやパパたちに一日のスケジュールや遊びの様子について聞いてみました。

一日のスケジュール

7:30~順次登園、自由遊び
9:30~おやつ
10:00~活動
11:30~昼食(給食やお弁当)
12:30~お昼寝
15:00~おやつ
16:00~自由遊び、順次降園

園によって昼食やお昼寝の時間帯は多少異なることもあるようです。また、早朝保育や延長保育を利用する場合、料金がかかることもあるというママの声も聞かれました。

他にも、園の行事などで1歳児クラスもお弁当や水筒を持って園周辺をお散歩したり遊んだりして楽しむこともあるそうです。

遊びの様子

30代パパ
娘は少しずつ歩けるようになり、外で遊ぶのが大好きなようです。水や砂、葉っぱなどに興味があり、手で触れて感触を楽しんでいるそうです。
30代ママ
うちの娘は音楽がかかると先生の真似をして、体を動かしたり手をたたいたりして遊んでいるようです。ボールを転がして取りに行ったり、絵本をめくったりする姿も見られます。
1歳頃の子どもの遊びの様子に、砂や水の感触を楽しんだり、音楽にあわせて体を揺らしたりする姿が見られるようです。ママのなかには、新聞紙などを丸めたりちぎったりして遊ぶ姿も見られるという声もありました。

1歳での入園に向けた準備でしたこと

1歳クラスへ入園するにあたり、どのような準備をしたのでしょうか。ママやパパに聞いてみました。

園グッズを用意する

おむつ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
入園式前にもらったプリントを見ておむつやおしりふき、食事用エプロン、ループ付きタオル、コップなどを準備しました。他にも着替えやお昼寝用布団も必要なようです。
入園式前に行われる入園説明会で配布された、準備リストを確認して、園グッズを準備したママもいるようです。ママのなかからは、保育園に給食室が整備されていないため、毎日お弁当と水筒を用意しているという声も聞かれました。

服装を確認する

40代ママ
園の服装を確認したところ、ボタンや飾りがついていないものと決まりがあったのでシンプルな服装を何枚か用意しました。また子どもが歩きやすいように、履きやすい靴を準備したのを覚えています。
園の指定があるかどうか服装を確認したママもいるようです。また、園では薄着保育を取り入れているので、季節に応じて調節できそうな服装を心がけたというママの声も聞かれました。

1歳から保育園に通ってよかったこと

1歳から保育園に通ってよかったと感じることを、ママやパパたちに聞いてみました。

生活リズムが整う

30代ママ
保育園に通い始めたことで早寝早起きのリズムができたように感じます。早起きする習慣ができたことで、朝ごはんをしっかり食べられるようになりうれしいです。
保育園で一日をすごすことで、生活リズムが整うように感じるママもいるようです。早起きすることで自然とお腹が空き、朝ごはんをしっかり食べることができるようになるのかもしれません。

他にも、生活リズムを崩さないように休日も同じようにすごすように心がけたという声もありました。

子どもの成長を感じた

20代ママ
初めのうちは登園すると泣いて私にしがみついていましたが、先生やお友だちに慣れたのか泣かないで登園するようになりました。息子の姿を見て、私もがんばろうと元気をもらいました。
30代パパ
保育園に入ってから、自分でやろうとする姿が見られるようになり成長を感じました。靴を自分で履こうとしたり、フォークやスプーンを使って食べるようになったり、日々驚かされます。
登園するときに泣かないようになったり、自分でやろうとする姿が見られたりするなど、子どもの成長を感じることもあるかもしれません。パパのなかからは、お友だちと関わる様子を先生から聞いて、成長したなと感じ胸があつくなったという声も聞かれました。

自分の時間がもてる

30代ママ
娘が保育園に入園したことでメリハリがつき、育児や家事、仕事のバランスがとりやすいように感じています。通勤中に自分の好きな本を読むこともでき、隙間時間に自分の時間がもてるようにもなりました。
子どもが保育園に入園することでメリハリができ、自分の時間をもてるようになったと感じるママもいるようです。ママのなかからは、仕事に打ち込むことができ、一日が充実しているように感じるという声も聞かれました。

子どもを保育園へ預けるタイミングはさまざま

親子 アジア
Syda Productions/Shutterstock.com

0歳や1歳になるタイミングで保育園へ預けるママやパパがいるようです。子どもを保育園に預ける時間帯によって料金が変わる場合もあるかもしれません。園によってお弁当や水筒を準備することもあるようなので、入園式前に行われる説明会で配布される資料などで持ち物や服装、靴などを確認しておくとよさそうです。

保育園に通うことで、生活リズムが整い朝ごはんを食べるようになったり、泣かないで通えるようになったりしたという声も聞かれました。保育園のスケジュールを見ながら、ママやパパも子どもと遊ぶ時間をもつなど楽しい時間をすごせるとよいですね。

2020年03月19日

専門家のコメント
13
    のんの先生 保育士
    一歳から保育園に入所させると、早く慣れてくれます。
    仕事でやむを得ず最初から最後まで預けられるお母さんもいらっしゃいます。仕方のないことですが、子供たちとお母様方が触れ合える時間と言うのは数時間になってしまいますのでおうちへ帰ってからのスキンシップは欠かさず行って欲しいです
    まり先生 保育士
    0歳児クラスから1歳児クラスになる時定員数も増える園が多いようなのでそのタイミングでの入所が多いように思います。立地的な事や都心に近いと長時間の電車通勤などもあり仕事時間の1時間前…となると早番利用からの遅番まで、が増えているのかな、と思います。ですが様々な事でお金のかかる世の中で働く保護者が増えているなと感じています。
    入園グッズは、
    保育園の場合はお給食が多いので、タオルやエプロン(朝おやつ、お昼、おやつ)タオル、着替えは多めに、
    お布団セットには大きく名前を…
    等々園により様々かと思いますがたくさん用意があると思います。
    りお先生 保育士
    回りのママたちは、0歳のうちに預ける人が多かったです。
    1歳になってしまうと枠が埋まってしまって預けにくくなるらしく。

    私は専業主婦なので、子ども一時保育の利用しかしていませんが、回りのママたちは子どもが1歳になる前に復帰していた人が多かったように思います。

    ただ、保育園に空きがある場合は、1歳までは一緒にいてあげた方がいいんだろうなーと思います。
    すみっこ先生 保育士
    保育園の一歳児クラスでは
    色々なことを経験し、本当に急成長をします♪
    集団生活の力ってすごいなぁと感じることが多いです。

    座ってお話を聞いたり
    みんなでお片付けをする姿…しっかりしています。

    お昼寝の時間にお昼寝をしたり
    規則正しい生活ができます♪
    すあま先生 保育士
    ☆持ち物について☆
    保育園によっては「着替えだけ用意してくれれば他(紙おむつ、タオル等)は園で用意します」というところもあります。その場合はもちろん保育料に多少加算されるわけですが、保護者の方々にとっては楽になる点も多いですよね。
    なごみ先生 保育士
    0才1才など早いうちから預ける方が早く慣れてくれるのでその点ではいいと思います。しかしすぐに熱が出たり体調も崩してしまうので、そういう点では大変になるかもしれませんね。
    まあ先生 保育士
    1歳から保育園に預けられている方は多いですよね。保育園で生活することでたくさんのことを経験していきます。その反面、まだまだ親子での時間もとても大切です。
    のの先生 保育士
    入園前に園に1日の流れを聞いておくと良いでしょう。また、必要なものは入園前説明で詳しく教えてくれます。
    こいまま先生 保育士
    子どもの適応能力はすごいですね。
    朝は大泣きだった子も、お母さん、お父さんと離れると少ししたらケロっとして遊び出します。
    おやつ、給食になったら自分で席に座っていたりして生きる力が育っているなと感じます。
    ゆか先生 保育士
    集団で生活することによってのメリッとはたくさんあります。
    おむつがとれるのが早い、食事が上手に食べられるようになるのが早い(介助なしでもスプーンやフォークをうまく使える、ストローではなくコップも早く使える)、生活リズムも整う、集団になれる(待つことを、覚える)等です。

    でも、これは親の愛情に勝るものではないと思います。
    ぽんた先生 保育士
    人見知りのあまりない子は、園生活をとても楽しんでいます。あとは、家でしっかり、睡眠と朝食は大事ですよ
    あき先生 保育士
    初めこそ大泣き&病気もらってばかりになる事も多いですが、楽しい所、友達がいる場所とすぐに認識して家ではできない様々な経験が出来るところが保育園のいい所ですね。一歳は歩き始めたりして更に好奇心も旺盛になるので家でずっと過ごすと危ない場面がでたりする可能性も大きいので、そこも保育園だと安全に過ごせるように思います。ただ、まだ友達からの噛みつきや引っ掻きもある年齢です💦
    ひで先生 保育士
    1歳くらいから保育園に入ってる子どもは保育園に慣れているので、新しい子どもが入ってきたときも先輩として振る舞ってますね。長時間保育だと情緒が不安定なってしまう時もあるので、家でタッチコミュニケーションして貰えるといいかと思います。
おすすめユーザーのコメント
1
    YK
    長女は1歳で保育園に入りましたが、まだ小さくても天気のいい日は積極的にそとで遊ばせてくれる園なので、健康的に日焼けして体力も少しずつついて、ありがたかったです

イベントの関連記事

カテゴリ一覧