父の日にプレゼントを贈ろう。子どもと作れる手作りプレゼントについて

父の日にプレゼントを贈ろう。子どもと作れる手作りプレゼントについて

パパに喜んでもらう工夫など

父の日に、 日頃がんばっているパパのために感謝の気持ちを込めてプレゼントを用意したいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子どもといっしょに手作りできるプレゼントアイデアや、父の日の定番プレゼント、パパに喜んでもらうための工夫などを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

父の日にパパが喜ぶプレゼントを贈りたい

日頃の感謝の気持ちを伝える父の日に、プレゼントを贈りたいと考えるママもいるかもしれません。パパが喜んでくれそうな定番のプレゼントや、子どもといっしょに手作りできるプレゼントアイデアにはどのようなものがあるのでしょうか。

父の日にママが用意した定番プレゼント

父の日にぴったりで、パパにも喜んでもらえる定番のプレゼントをママたちに聞いてみました。

パパの好きな料理

ビール
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
父の日にパパの好物のお好み焼きを作りました。完成したお好み焼きに、ソースとマヨネーズで感謝の言葉を添えました。
30代ママ
お酒が好きなパパに、父の日にビールセットをプレゼントしました。お酒にあう餃子やおつまみを夕食に作ったら、喜んでくれました。
父の日に、パパの好きな料理を作って感謝の気持ちを伝えたママがいました。他にも、パパの好きなお店を予約しておき、お店でサプライズプレゼントを渡したママもいました。

洋服や趣味のグッズ

20代ママ
パパは音楽を聴くのが好きなので、通勤時に音楽が聴けるようにワイヤレスのイヤホンをプレゼントしました。前からほしがっていたのでとても喜んでもらえました。
30代ママ
普段から写真を撮るのが好きなパパに、一眼レフ用の革製名入れストラップをプレゼントしました。とても嬉しかったようで、ますます張り切って家族の写真を撮ってくれています。
パパの好きなものや趣味に関連したグッズをプレゼントしたママがいました。他にも、洋服やスポーツ用品などを贈ったママもいるようです。 

日頃の会話のなかで、パパが好きそうな物を聞いておくとよいかもしれません。

健康アイテム

40代ママ
最近ダイエットを始めたパパに、筋トレグッズとジョギングウェアを贈りました。パパのダイエットに付き添って、週末は家族みんなでランニングする時間がパパにとっても楽しいひとときのようです。
30代ママ
肩こりが悩んでいたパパのために、マッサージ器具を贈りました。持ち運びもできるサイズのものを選んだので、職場でも使ってくれているようです。
パパの健康を気遣って、父の日に健康グッズを贈ったママがいました。普段の生活の中で、気軽に楽しんでもらえるような健康グッズをプレゼントするとよいかもしれませんね。

子どもと手作りできる父の日のプレゼントアイデア

父の日に、子どもと作ったプレゼントを贈ったママに手作りのアイデアを聞いてみました。

パパの似顔絵入りマグカップ

マグカップ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
100円グッズの陶器に直接書けるペンを使って、パパ専用のオリジナルマグカップを作りました。耐熱性のマグカップにパパの似顔絵を描き、オーブンで焼いて完成です。パパは気に入ってくれたようで、コーヒーを飲むときに毎日使っています。
陶器に直接描けるペンを使って、オリジナルマグカップを作った方がいました。普段と少し違う特別なお絵描きができるので、子どもも楽しみながら手作りできそうですね。

ビーズコースター

20代ママ
プラスチック製のビーズを使って、パパ専用のコースターを子どもと手作りしました。アルミのおかず入れにビーズを敷き詰めて、オーブントースターで加熱して冷ましたら完成です。
パパ専用のコースターを子どもと手作りしたママがいました。ビーズは、おもちゃ屋さんで売っているアクセサリー用のビーズを使ったママもいるようです。

型は耐熱性であれば、シリコンカップやクッキーの抜き型を代用してもよいかもしれません。

キーホルダー

30代ママ
アイロンプリントできる布に、キーホルダーの飾りになる大きさの円や四角形を下書きし、その中に布用カラーペンで息子にお絵描きしてもらいます。お絵かきした布を下書きの線に沿って切り抜いてツイルやデニムなど厚めの布にアイロンで貼りつけます。

100円グッズのキーリングに幅広の手芸テープを短く切ったものを通して、テープを生地で挟みこむようにアイロンで貼りあわせて完成です。
子どもの描いた絵でキーホルダーを使ったママがいました。キーホルダーの形をネクタイや、車の形にしたママもいるようです。毎日使うものを子どもが手作りしてくれるだけで、パパも喜んでくれそうですね。

パパが嬉しいと感じた父の日

父の日に、パパが嬉しいと感じるのはどのようなことでしょうか。聞いてみました。

サプライズ演出

30代パパ
家に帰ったら飾りつけされていて、僕の好きな料理が用意してありました。父の日だとすすっかり忘れていたので、妻と子どもがしてくれたサプライズが本当に嬉しかったです。
サプライズ演出が嬉しかったというパパの声がありました。他にも、子どもが協力して父の日を盛り上げようとしてくれて、嬉しかったというパパの声もありました。

プレゼントを渡すときもサプライズ演出があれば、意外性があって喜ばれるかもしれまれん。

家族からの感謝の気持ち

30代パパ
子どもが手作りしたポップアップカードをもらったことが嬉しかったです。子どもの字で「パパありがとう」と書かれていて、見るたび元気が出ます。
20代パパ
父の日に、子どもが折り紙で手作りした肩たたき券をもらいました。子どもの成長を感じられて嬉しかったですし、自分もがんばろうという気持ちになれました。
感謝の気持ちが添えられたプレゼントが嬉しかったというパパの声がありました。他にも、ママから日頃の感謝が綴られた手紙をもらい、ますます家族のためにがんばろうという気持ちになったパパもいるようです。 

ママや子どもから感謝の気持ちを贈られたら、パパも元気が出るかもしれませんね。

父の日は子どもといっしょに感謝を伝えよう

パパと子ども
Monkey Business Images/Shutterstock.com
父の日に、パパの好きな料理や趣味のグッズをプレゼントしたママがいました。マグカップやコースター、キーホルダーなどを子どもと手作りしてサプライズ演出をすると、より喜ばれるかもしれません。

日頃の感謝の気持ちを伝えて、家族みんなで素敵な父の日をすごせるとよいですね。

2020年02月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧