母の日に贈るプレゼント。選び方のコツや子どもと作る工作アイディア

母の日に贈るプレゼント。選び方のコツや子どもと作る工作アイディア

ママ・実母・義母へのプレゼント選び

母の日に実母や義母に感謝の気持ちを伝えたいママやパパ、子どもといっしょにママにプレゼントを作りたいパパがいるかもしれません。今回は、母の日に贈るプレゼント、子どもと作るプレゼントのアイディア、義母への母の日のプレゼント選びについてまとめました。

2020年の母の日はいつ?

母の日
iStock.com/derketta

母の日は、毎年5月の第2日曜日に定められています。年度によって5月初旬から中旬頃にかけて日付が変わるので、カレンダーをチェックするとよいかもしれません。

2020年の母の日は、5月10日です。

母の日に贈るプレゼント

お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える母の日。

母の日に、プレゼントを贈る人は多いかもしれません。母の日に贈るプレゼントは、どのようなものを贈ればよいのでしょうか。

メッセージカード

母の日に、メッセージカードや手紙を書くのもよいでしょう。忙しさや照れくさいなどの理由でなかなか感謝の気持ちを伝えられない人もいるのではないでしょうか。メッセージカードは、お母さんへ感謝の気持ちを伝えるのにぴったりかもしれません。

メッセージカードには、写真や音楽つき、手作りのメッセージカードなどいろいろな種類があるでしょう。お母さんのことを考えながらメッセージカードを選ぶと楽しそうですね。

メッセージカードに書く内容は、シンプルな一言や思い出のエピソードなどさまざまでしょう。プレゼントを贈るときに添えるメッセージカードには、プレゼントを選んだ理由や説明などを書くとよいかもしれません。

カーネーション

母の日
iStock.com/kazoka30

母の日といえばカーネーションを思い浮かべる人がいるかもしれません。カーネーションの色、花束か鉢植えかなどさまざまな選び方があるようです。カーネーションの色にはそれぞれ意味があり、花言葉を調べてお母さんに伝えるのも素敵ですね。

カーネーションを選ぶとき、お母さんの好みや生活スタイルに合わせて、花束か鉢植えかを選ぶとよいかもしれません。カーネーションの花束には、いくつかの色のカーネーションを組み合わせたり、動物の顔に見立てたりといろいろなアレンジがあるようです。

鉢植えのカーネーションを贈る場合、お母さんの好みのデザインの鉢を選ぶとよいでしょう。カーネーション以外の花やリボンなどを使うと華やかな雰囲気を演出できそうです。お母さんにぴったりなカーネーションや飾りのアレンジを探せたらよいですね。

料理

母の日のお祝いで料理をプレゼントするのもよいでしょう。お母さんの好きなものや母の日にちなんだメニューにするなど、メニューを考えるのも楽しい時間になるかもしれません。

食材をカーネーションに見立てたり、母の日をイメージさせる赤やピンクでアクセントをつけたりと工夫して飾りつけるというアイディアもあります。料理の見た目も楽しんでもらえそうですね。

【年齢別】子どもと作る母の日のプレゼントアイディア

母の日に子どもといっしょにプレゼントを作りたいパパがいるかもしれません。母の日の工作のアイディアを年齢別にご紹介します。

0歳

0歳の赤ちゃんと作るプレゼントは、赤ちゃんの手形や足形を使うとよいかもしれません。絵の具や折り紙などで、色や形を工夫しましょう。赤ちゃんといっしょに作ったアイテムをアレンジして、壁に飾れるものや身につけられるプレゼントを作るのもよさそうです。

赤ちゃんと楽しみながら作ったプレゼントは、ママもきっとよろこんでくれるでしょう。

1歳

1歳の子どものなかには、紙を丸めたりちぎったり、ペンを握って線を描いたりする子もでてくるでしょう。パパは、子どもの気持ちを大切にして、サポートしながらいっしょに作るとよさそうです。ハサミを使う場合は、子どもが触らないように注意しましょう。

折り紙でカーネーションを作ったり、ママの顔を描いたりするのもよいかもしれません。シールや折り紙を使って、写真立てや小物入れを作るのもよいでしょう。

2歳

2歳頃になると、ハサミやのり、えんぴつを使うことが増えてくるかもしれません。さまざまな色を使って素敵な絵を描く場合もあるでしょう。パパは、子どもが工作する様子を見守り、ときにはサポートするとよいのではないでしょうか。

細かい部品に注意し、ビーズやモールなどで華やかにデコレーションするのもよさそうです。

義母への母の日のプレゼント選び

義母へのプレゼントは、どのようなものを選べばよいか迷うママやパパがいるかもしれません。予算や選び方、添える手紙の内容や送り方が気になる場合もあるでしょう。

義母へのプレゼントは、義母の好みや関係性によっても変わってくるでしょう。帽子やストール、ハンカチやアクセサリーなどのお出かけに身につけられるプレゼントは、よろこばれるかもしれません。

お花や食品などを選んだり、紅茶やお酒などといっしょに楽しめるお菓子やおつまみをセットで贈るのもよいでしょう。家族に相談してプレゼントを選ぶとよいアドバイスがもらえるかもしれませんね。

母の日に感謝の気持ちを伝えよう

母の日
iStock.com/MJike

母の日に実母や義母に感謝の気持ちを伝えたいママやパパ、ママがよろこぶプレゼントを子どもといっしょに作りたいパパなど、日頃の「ありがとう」を伝えたい母の日。プレゼントの選び方やいろいろな工夫ポイントを参考にしてみるとよいかもしれません。

母の日にお母さんへ感謝の気持ちを伝えられたらうれしいですね。

2020年01月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧