入学式の女の子のコーディネート。服装を選ぶポイントとは

入学式の女の子のコーディネート。服装を選ぶポイントとは

服装にあわせて考えておきたいもの

入学式の女の子の服装はどのようにコーディネートしたらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、入学式の女の子の服装を選ぶポイントや入学式の女の子のコーディネート、入学式の服装にあわせて考えておきたいものについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

入学式の女の子の服装のコーデ

入学式が近づいてくると、女の子のいる家庭では何を着て行こうか子どもの服装選びが気になる方もいるかもしれません。ママたちに入学式の女の子の服装について気になることを聞いてみました。

30代ママ
卒園式は全体的にダークな色あいの服装にしたのですが、入学式の女の子の服装はどのようなものを選んだらよいのでしょうか。選ぶポイントが知りたいです。
40代ママ
入学式に参加する女の子の服装にはどのようなものがあるのでしょうか。コーディネートを考えたとき、服の他に準備するものも知りたいです。
入学式に着て行く女の子の服装について、選ぶポイントやコーディネートが知りたいというママもいるようです。

そこで、今回は入学式の女の子の服装についてママたちの体験談を踏まえてご紹介します。

入学式の女の子の服装を選ぶポイント

入学式に参加するときに、女の子にどのような服装を選ぶとよいのか気になるママもいるようです。女の子の服装を選ぶポイントについてママたちに聞いてみました。

式典の場にふさわしい服装にする

30代ママ
入学式は式典なので、品のある服装を選ぶようにしました。華美になりすぎない服装をコーディネートすることで、入学式にふさわしい服装になったと思います。
式典の場にふさわしい服装を選ぶように意識したママもいるようです。ママのなかからは、きちんとした服装で参加したいと考え、事前にボタンなどが取れていないかや、シワがないかなども確認したという声も聞かれました。

明るめの色を取り入れる

服
Maridav/Shutterstock.com
20代ママ
入学式らしい白やパステルカラーのピンク、ブルーといった明るめの色を取り入れるようにしました。子どもらしく柔らかい華やかさを感じられ、入学式にぴったりだと思います。
入学式は新しい門出をお祝いする行事ということもあり、一般的に明るめの色を取り入れるとよいようです。ママのなかには、色の濃いピンクや黄色などは目立ちすぎるかと思い、柔らかめの色を意識して選ぶようにしたという声もありました。

着回しがしやすいもの

30代ママ
入学式だけでなく、結婚式やお出かけにも使えるように、セミフォーマルな服を選びました。一枚持っていると着回すことができて、何かと便利だと思います。
着回しがしやすいものを考えて、セミフォーマルな服装を選んだママもいるようです。結婚式や発表会などに着て行けるきれいめの服をひとつ持っていると重宝するかもしれません。

入学式の女の子のコーディネート

女の子たちが実際にどのような服装で入学式に参加したのか、気になるママもいるようです。ママたちに聞いた入学式に着て行った女の子のコーディネートをご紹介します。

セットアップスーツ

20代ママ
白のノーカラーのジャケットとネイビーのスカートのセットアップスーツに、丸襟のブラウスをあわせました。スカートには白い花があしらわれており、上品でかわいらしいと感じました。
ジャケットを羽織ることで、きちんとした雰囲気が出るスーツを選ぶママもいるようです。春が近づくと、ジャケットとスカート、ブラウスなどのセレモニースタイルのセットが店頭に数多く並べられるようです。

コーディネートに迷うときは、セットの中から気に入ったものを選ぶのもよいかもしれませんね。

ワンピース

ワンピース
szefei/Shutterstock.com
30代ママ
娘が好きなラベンダー色のワンピースにグレーのボレロを組みあわせた服装にしました。フレアースカートが女の子らしく、子どもも気に入っている様子でした。
入学式にワンピースを使ってコーディネートすることもあるようです。ママのなかには、ボレロを脱ぐことも考えて、袖付きのワンピースを選んだという声もありました。

フォーマルな場である入学式に選ぶワンピースは、ひざ丈くらいにすることで、落ち着いた雰囲気にすることもできそうです。

30代ママ
毎年入学式のときに、袴を着て参加する女の子を見かけるということを先輩ママから聞いていたので、袴を選びました。娘も袴を着られることが嬉しかったのか、式中も背筋を伸ばして話を聞いている姿を見て、成長を感じられた一日でした。
伝統を感じられる袴を選ぶママもいるようです。当日、着付けに時間がかかると子どもの負担になるかと思い、自宅で簡単に着付けができるタイプの袴を選ぶようにしたという声も聞かれました。

また、袴のデザインのなかには、スカートタイプの袴があるようなので、トイレに行くときのことを配慮して選ぶこともできそうです。

入学式の服装にあわせて考えておきたいもの

入学式の服装にあわせて、他にも決めておくとよいものもあるかもしれません。ママたちに入学式の服装にあわせて考えておきたいものを聞いてみました。

靴下や靴など足元のコーディネート

30代ママ
明るめのベージュのワンピースにあわせて、白いレースのついた靴下と黒のエナメルのバレエシューズをあわせてコーディネートしました。レースやエナメル素材を取り入れると華やかさが増すように思います。
入学式の服装にあわせて、靴下や靴など足元のコーディネートを考えておくとよいかもしれません。ママのなかからは、当日学校まで歩いていくので、子どもの足にあった歩きやすそうな靴を選んだという声も聞かれました。

髪型

30代ママ
入学式に女の子らしい雰囲気のあるワンピースにあわせて、長い髪を三つ編みにしてすっきりとまとめました。ポイントに上品なヘアアクセサリーも用意すると、場の雰囲気にもふさわしいように感じました。
入学式に着て行く服装にあわせて、全体のバランスを考えながら髪型を考えたママもいるようです。ママのなかからは、当日慌てないように事前に何回か練習したという声もありました。

入学式に着て行く服装のコーディネートを考えよう

入学式
sukiyaki/Shutterstock.com

入学式に着て行く女の子の服装を用意するとき、式典の場にふさわしい服装や明るめの色を意識しながら選ぶとよいようです。入学式にスーツやワンピース、袴などを使ってコーディネートして参加するのもよいかもしれません。

服装にあわせて足元や髪型なども考えて、服装を決められるとよいですね。

2020年01月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧