入学式にママがつけるブローチ。選び方やつけるときのコツ

入学式にママがつけるブローチ。選び方やつけるときのコツ

ママたちが入学式につけたブローチ

入学式に着るスーツにブローチをつけようと考えたとき、選び方やつける位置などが気になる方もいるかもしれません。今回は、パールやリボンを使ったおしゃれなタイプなど入学式でつけるブローチの選び方や手作り品などママたちがつけたブローチ、つける位置など入学式にブローチをつけるときのコツについてお伝えします。

入学式につけるママのブローチ

小学校などの入学式にフォーマルスーツを着るママのなかには、コーディネートをおしゃれにするアクセントとして、ブローチをつけようと考えている方もいるのではないでしょうか。

フォーマルなスーツにはどのようなブローチをあわせるとよいのかや、つける位置などが気になる方もいるかもしれません。

そこで今回は、ママが入学式につけるブローチについてご紹介します。

入学式でつけるブローチ選びのポイント

実際に、ママたちは入学式につけるブローチをどのように選んでいるのでしょう。入学式につけるブローチの選び方について聞いてみました。

サイズ

20代ママ
入学式のスーツにつけるブローチは、サイズを意識して選びました。おしゃれのアクセントとして映える程度の、さりげない大きさのブロ-チにしたと思います。
入学式につけるブローチを用意するとき、サイズに注目して選んだママがいるようです。

家にあるブローチのなかから入学式につけるものを選んだママからは、事前にスーツを着た上からブローチをつけてみて、全体のバランスを確認したという声も聞かれました。

30代ママ
入学式につけたブローチは、明るく春らしい色味のものを選びました。入学式に出席する息子の気持ちに寄り添えるように、アイボリー色のブローチをつけようと考えています。
新たな門出となる入学式の日にあわせて、薄いピンクやパープルなど春らしい色味のブローチを選ぶのもよいかもしれません。

ママのなかには、参列者として控えめな印象になるよう、当日に着るフォーマルスーツと同系色のブローチを選んだという声もありました。

デザインや素材

ブローチのデザイン
asharkyu/Shutterstock.com
30代ママ
入学式はフォーマルな場であることを意識して、控えめなデザインのブローチを選ぶことがポイントだと思います。参列者として控えめでもおしゃれな印象になるよう、ブローチの土台にビジューがあしらわれているタイプを用意しました。
入学式の参列者として、お祝いの席にあうよう控えめなデザインや素材のブローチを選んでいるママもいるようです。おしゃれのポイントとしてブローチをつけたい場合は、控えめななかでも上品に光るパールのブローチを選ぶのもよいかもしれません。

ママたちが入学式につけたブローチ

ママたちは、小学校の入学式にどのようなブローチをつけているのでしょう。入学式につけたブローチについて聞いてみました。

パールがあしらわれたブローチ

20代ママ
私は入学式に、リーフ型のシルバー素材にいくつかフェイクパールがあしらわれたブローチをつけていきました。小さめのパールが上品なアクセントになり、コーディネート全体をおしゃれに整えてくれたように思います。
小学校の入学式に、パールがあしらわれたブローチをつけているママがいるようです。

入学式に細かいフェイクパールがあしらわれたカメリア型のブローチをつけていったところ、コサージュのような華やかさもありおしゃれなコーディネートになったというママの声もありました。

リボンがモチーフのブローチ

リボンのブローチ
Lenorko/Shutterstock.com
20代ママ
シンプルなフォーマルスーツには、ビジューを敷き詰めたシルバー素材のリボンに、大粒のフェイクパールがついたブローチをつけました。4センチ程の小ぶりなサイズでしたが、ビジューや大粒のパールが上品な印象にしてくれたように感じます。
リボンがモチーフになったチャーミングな印象のブローチでも、小ぶりなタイプをつけることで上品な印象になるようです。ビジューやパールを使った華やぎのあるデザインが、入学式に着るフォーマルスーツによくあいそうですね。

手作りのブローチ

30代ママ
市販のブローチのなかで気に入ったものが見つからなかったので、自分で手作りしてみました。市販の細かい花型のパーツとブローチ台を使って手作りしたサークル型のブローチをつけたところ、家族にも好評だったので嬉しかったです。
手持ちのスーツにあうような好みのサイズやデザインのものが欲しい場合は、自分でブローチを手作りしてみるのもよいかもしれません。ママのなかからは、手作りアクセサリー作家のおしゃれなブローチを購入したという声も聞かれました。

入学式にブローチをつけるときのコツ

入学式にブローチをつけるときは、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママたちに、フォーマルスーツにブローチをつけるときのコツを聞きました。

つける位置を考える

20代ママ
入学式のブローチは、テーラードジャケットの左側の胸元へつけました。トップバストと鎖骨の間に来るようにつけるとバランスもよく、ブローチがおしゃれに見えやすいと思います。
入学式にフォーマルスーツを着るとき、左側の胸元にブローチをつけたママがいるようです。他にも、実際につけるブローチのデザインやコーディネート全体のバランスを考えて、右側につけたというママの声も聞かれました。

入学式のブローチをつける位置については、ママたちによってさまざまなようです。

つけ方を工夫する

20代ママ
ブローチの重さで洋服の穴が広がったり、ブローチが下を向いてしまったりしないように工夫しました。ブローチをつける服の裏側にフェルトであて布をしてからピンで留めるようにしたところ、穴が広がりにくくなった気がしています。
ブローチの針を通したときに洋服の穴が広がりにくくなるよう、つけ方を工夫しているママもいるようです。ジャケットの裏側にあて布をしたママからは、万が一見えた場合でも目立ちにくいよう、洋服の色と同系色のフェルトを選んだという声も聞かれました。

入学式に上品なブローチをつけて参列しよう

スーツを着たママ ※ブローチをつけた画像がありませんでした。
sukiyaki/Shutterstock.com

小学校の入学式につけるブローチとして、ママたちはリボンがモチーフのかわいらしいタイプや、控えめにパールがあしらわれたおしゃれなタイプなどを選んでいるようです。

フォーマルスーツにあう好みのブローチが欲しい場合は、手作りしてみるのもよいかもしれません。

実際につける位置やつけ方なども工夫しながら、お祝いの日である入学式にふさわしいコーディネートで参列できるとよいですね。

2020年01月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧