ひな祭りを楽しむために用意したグッズ。子どもと手作りしたもの

ひな祭りを楽しむために用意したグッズ。子どもと手作りしたもの

ひな祭りを盛り上げるパーティーグッズ

ひな祭りにホームパーティーを計画したり、ひな祭りをより楽しめるような手作りグッズを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ひな祭りのすごし方や、ひな祭りをより楽しむためのグッズとあわせて、子どもと手作りしたひな祭りグッズについてご紹介します。

ひな祭りを楽しみたいとき

女の子の健やかな成長を願うひな祭りに、子どもと楽しくすごしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。ひな祭りのすごし方について気になることをママたちに聞いてみました。

20代ママ
ひな祭りはどのようにすごそうか悩んでいます。子どもに楽しんでもらえるようなすごし方があれば知りたいです。
30代ママ
ひな祭りパーティーをしようと思っているのですが、ひな祭りの雰囲気を盛り上げるグッズが気になります。手軽に用意できるひな祭りグッズはどのようなものがあるのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、子どもに楽しんでもらえるようなひな祭りのすごし方や、ひな祭りの雰囲気を盛り上げるグッズなどが気になる方がいるようです。ママのなかからは、子どもと手作りグッズを作りたいという声も聞かれました。

そこで今回は、ひな祭りのすごし方やグッズについてママたちの体験談を交えてお伝えします。

ひな祭りのすごし方

子どもに喜んでもらうためには、ひな祭りをどのようにすごしたらよいのでしょう。ママたちに、ひな祭りのすごし方について聞いてみました。

ホームパーティーをする

40代ママ
ひな祭りは毎年、妹家族を家に招いてひな祭りパーティーをします。うちはひとりっ子のため、いとこといっしょに遊ぶことが楽しみなようで数日前からワクワクしている様子でした。

当日はひな祭りグッズを部屋に飾りつけたり、たくさん料理を用意したりして子どもも大人も楽しくすごしました。
親戚などが集まって大勢でパーティーをするのも楽しいひな祭りになりそうですね。ママのなかからは、子どもの友だちを家に招いてひな祭りパーティーをしたという声も聞かれました。

ひな祭りにちなんだ工作をする

30代ママ
わが家ではひな祭りが近づくと、子どもとひな祭りにちなんだ工作をして楽しむのが恒例です。今年はフェルトを使って簡単な吊るしびなを作ってみようと考えています。
子どもといっしょにひな祭りにちなんだグッズを手作りすると、親子の思い出になるかもしれません。手作りするグッズは子どもが最後まで楽しんで作れるように、年齢や興味にあわせて考えるとよさそうです。

ひな祭りをより楽しむグッズ

ペーパーフラワー
Ruth Black/Shutterstock.com

ひな祭りをより楽しむためのグッズはどのようなものがあるのでしょう。ママたちが用意したひな祭りグッズをご紹介します。

置物

40代ママ
うちはリビングにひな人形を飾るスペースがなく別の部屋に飾っているのですが、リビングにもひな人形を飾りたいと考え、うさぎのひな人形の置物を用意しました。置物をひとつ置いただけで、季節感のあるリビングになったと感じます。
ひな祭りグッズとしてひな人形の置物をリビングに飾っているママもいるようです。ママのなかからは、玄関の飾り棚にミニチュアサイズの5段飾りのひな人形を飾っているという声も聞かれました。

ウォールステッカー

20代ママ
ひな祭りの記念写真を撮りたいと思い、壁にひな祭りのウォールステッカーを貼ってフォトスポットを作りました。ウォールステッカーは子どもの立ち位置などを考えて自由にデザインでき、いらなくなったら簡単に剥がせるので便利です。
ウォールステッカーを使ってフォトスポットを作ったママがいるようです。壁をウォールステッカーで彩ると特別な空間になりそうですね。

ウォールステッカーの他に、ひな飾りのタペストリーやオーナメントを壁に飾りつけるというママもいました。

テーブルウェア

30代ママ
ひな祭りの食事のときは、お皿やコップなどのテーブルウェアも普段とは違った桜のモチーフのものを使いました。ピンク色の食器は華やかでテーブルの上が春らしい印象になったと感じています。
普段とは違った特別なテーブルウェアを用意するママもいるようです。ママのなかには、100均やホームセンターなどに売っている絵柄のついた紙コップや紙皿を用意したという声もありました。

子どもと手作りしたひな祭りグッズ

工作
s_oleg/Shutterstock.com

子どもといっしょにひな祭りグッズを手作りしたいと考えるママもいるようです。ママたちに簡単にできるひな祭りの手作りグッズを聞いてみました。

ひな祭りリース

30代ママ
材料は木製のリース素材と桜や桃などの造花、手芸用のポンポンと折り紙を用意します。リースに造花やポンポンを接着剤でつけて、最後に折り紙でお内裏様とお雛様を折ってリースに貼りつけたらでき上がりです。

材料はすべて100均で用意できるので、子どもといっしょにどのようなリースにするか考えながら買い物も楽しみました。
100均で用意できる材料を使って簡単にひな祭りリースを手作りすることができるようです。春らしい色とりどりの造花を使ったり、水引や舞玉など和風の飾りを使ったりと工夫してオリジナルのリースを作ってみるのもよいかもしれません。

ペーパー芯で作るひな人形

20代ママ
トイレットペーパーの芯に折り紙を貼りつけてお内裏様とお雛様を作ります。深めの紙皿に、折り紙を敷いたり、型抜きパンチでかたどった折り紙などを貼りつけたりしてから、お内裏様とお雛様を紙皿の上に貼りつけて完成です。
家にあるものを使ってひな人形の工作をするのも、子どもには楽しい時間になりそうですね。他にも、紙コップを使ってひな人形を手作りしたというママもいました。

グッズを用意してひな祭りを楽しもう

女の子
leungchopan/Shutterstock.com

ひな祭りはホームパーティーや工作など、子どもが楽しめるようなすごし方をしているというママの声がありました。部屋の飾りやテーブルウェアなど、ひな祭りを楽しむグッズを用意するのもよいかもしれません。

子どもといっしょにひな祭りグッズを手作りすることもできるようなので、家族みんなで楽しめるようなひな祭りになるとよいですね。

2020年01月31日

専門家のコメント
15
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    うちは三姉妹だったので、大きくなってもひな人形を飾って行事を味わっていたことを思い出しました。ひなあられが大好きでした😍ひな人形だけでなく、菱餅やひなあられなどの雛祭りならではの食べ物にも親しめると良いですね✨

    幼稚園や保育園に通っていないお子様がいる場合、「行事&制作」でネットで検索すると、月齢年齢に合わせた制作も出てくるのでぜひおうちでもお子様と行事を楽しんでみてください🍀
    さと先生 保育士
    ひな人形の他にひなあられ、桜餅、ちらし寿司を用意してホームパーティーをする予定です。
    娘には袴風の洋服を着せようと思っています。
    この日は女の子がお姫さまになれる夢の日ですね。
    めーめー先生 保育士
    いつも雛人形を飾っています。今は100円ショップでもひな祭りのウォールステッカーが売っているので、それを使えば手軽に、安く、お家のデコレーションができますよ!!
    また、娘にはお正月に袴を買って着せているので、ひな祭りの時にも着せて、雛人形の前で記念写真を撮っています。
    こうじん先生 保育士
    グッズと言ってしまうと語弊があるかもしれないのですが、着物を用意しました。古着ですが、華やかな柄のものを簡易に着付けておひなさまになってもらい女の子たちとても嬉しそうでした。
    わい先生 保育士
    毎年、雛人形を飾ってます。そして、お子さんが園で作った物を飾ってあげるのもよいと思います。また、ひなあられを飾るのもいいと思います。
    いちぽ先生 保育士
    三人姉妹だったので、毎年七段飾り
    をかざってもらいそこの前で写真を撮っていました。
    七段飾りの雛人形があるのを学校でもじまんしていた記憶があります!
    あーちん先生 保育士
    ひなまつりのリースは初めてききました!簡単で可愛いでしょうね!

    手作りならプリンカップに和柄の折り紙を巻いても簡単です!お家にあるもので楽しくお祝いできるといいですね(^^)
    すみっこ先生 保育士
    毎年、雛人形と一緒にひなまつりインテリアを飾っています。タペストリーや、100均で購入をした小さなマスコットなどを玄関やトイレにも飾って雰囲気を楽しんでいます。
    子どもが幼稚園で作ってきた製作も飾ります✨職業柄、色々な製作アイデアはありますが改めて自宅で我が子と…はなかなかしません💦なので、園の製作には感謝です😭💕
    こと先生 保育士
    毎年、ひな人形を飾ります!
    大きい子なら、ひな祭りのうたを歌いながら一緒に飾るのも楽しいですね😊💕
    娘が小さい時には袴のロンパースを着せてひな人形と一緒に写真を撮りました!
    りお先生 保育士
    転勤族の我が家には、雛人形はありません💦荷物になるので、買わずにきています。

    なので、毎年幼稚園で作ってくるひな飾りを玄関に飾っています折り紙等で作ってきていますが、それはそれで可愛いですよ❤️
    ぽんた先生 保育士
    男の子だけの家は、ひな祭りが無縁そうな、、、。いまは、スーパーとか、公共施設とかに結構、雛人形が飾られているので、それでお雛様気分を体験するという感じかな。まあ、ついでにひなあられとか、ちらし寿司を食べてそれっぽい感じを楽しめるかな
    ゆか先生 保育士
    二人とも初節句のお祝いで雛人形を貰ったので毎年2セット飾っています。
    下のこのときは必要ないかな?ともおもったのですが今では自分の!とそれぞれが愛着を持っているので準備してよかったと思っています😄

    雛壇には一緒にひなあられを飾ります🎶

    当日の夕食は手巻き寿司が多いです🎵
    そして、ひなあられを食べるのを毎日とても楽しみにしているので夕食後に食べます(笑)
    のんの先生 保育士
    雛人形はまだ小さい子がさわったりするので飾れませんが、
    雛人形がプリントされた布のような幕のような…ものを飾っています。
    ついでにひなあられも。
    子供達は、「ひなあられいつたべれる?」と毎日のように聞いてきます(笑)
    おはぎ先生 保育士
    毎年お雛様を飾って、桃の花を花瓶に入れています。ただ、触らないよう高いところに置いているのでなかなか子どもたちからじっくり見えません(笑
    ぬいぐるみに手作りの扇子としゃくを持たせたり、幼稚園で作ってきたものなどを見えるところに飾ってひな祭り気分を味わっています。毎年作ってくれるお雛様が上手になってきて、写真で見返すと成長がわかって感慨深いです
    せおみ先生 保育士
    特にひなまつりパーティーなどはしませんが、ひなまつりのケーキを買って食べたりはしました。幼稚園では雛飾りを作ってきたりひなあられをもらってきます。

イベントの関連記事

カテゴリ一覧