卒園式を迎える女の子の髪飾りを手作りしてみよう

卒園式を迎える女の子の髪飾りを手作りしてみよう

髪飾りが映えるヘアアレンジの工夫

卒園式を迎える女の子をもつママのなかには、髪飾りを手作りで用意したいと考えている方もいるかもしれません。今回の記事では、卒園式用の髪飾りの作り方や実際に手作りした髪飾り、髪飾りが映えるヘアアレンジの工夫を、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

卒園式に使う女の子の髪飾りは?

卒園式が近づくと、子どもの髪飾りについて悩むママもいるのではないでしょうか。卒園式に使う女の子用の髪飾りは、さまざまなタイプが市販されているようですが、なかには手作りで用意したいと考えるママもいるかもしれません。

そこで今回は、女の子の卒園式に使う手作りの髪飾りについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

女の子の卒園式用髪飾りの作り方

女の子のための卒園式用の髪飾りは、どのように作るとよいのでしょう。ママたちに作り方の手順やポイントを聞いてみました。

イメージ図を作る

30代ママ
髪飾りを手作りするときは、初めにでき上がりのイメージ図を描いてみました。全体のバランスや色を簡単なイラストにすることで、作業の途中で迷うことが少なく、考えた通りの仕上がりになるように感じます。
髪飾りを手作りするときには、イメージしたものを描いておくと作業がしやすいかもしれません。ママのなかには、作りたい髪飾りに近いものをインターネットで探してプリントアウトし、そこに少し手を加えてイメージ図にしたという声もありました。

材料の準備をする

40代ママ
手作りする髪飾りのデザインが決まったら、使う材料の準備をしました。作業を始めてから買い足すことのないように、髪飾りに使う布やピーズ、グルーガンなどを用意したので、スムーズに作ることができたと思います。
髪飾りを作り始める前に、使う道具や材料をしっかり準備したというママがいました。しっかり計画を立てて準備することで、考えたデザイン通りの髪飾りを作業の手を休めずに作ることができそうです。

仮留めして全体を調整する

20代ママ
髪飾りの材料が揃ったらテープや剥がせる糊などを使って仮留めし、全体のバランスを見るようにしました。固定する前に調整しておくことで、卒園式の髪飾りを失敗なく作れるように思います。
一旦仮留めをして全体のバランスなどを確かめることで、すてきな髪飾りを手作りすることができるかもしれません。ママのなかからは、布やリボンを使うときには糸と針で仮縫いをしたので形を整えやすかったという声も聞かれました。

ていねいに仕上げる

ヘアクリップ
Madlen/Shutterstock.com
30代ママ
卒園式は娘にとって大切な行事なので、髪飾りもていねいに仕上げようと思いました。リボンの端にほつれがないかなどを確かめ、パールビーズは均等に並ぶように縫いつけたところ「きれいなリボンをありがとう」と喜んでもらえました。
女の子の卒園式用の髪飾りをていねいに仕上げることができると、子どもに喜んで使ってもらえそうです。ボンドがはみ出したときには、乾いてから手芸用のやすりできれいに取り除いたというママの声もありました。

ママたちが手作りした卒園式の髪飾り

卒園する女の子のために、ママたちはどのような髪飾りを手作りしたのでしょう。実際に作った髪飾りをママたちに聞いてみました。

コサージュのヘアコーム

20代ママ
市販されている布製の花を使ってコサージュを作り、ヘアコームに取りつけて卒園式用の髪飾りにしました。娘の好きな色の花を組みあわせたので、でき上がったヘアコームをとても気に入ってもらえました。
子どもの好きな色の花飾りをたくさん使って、コサージュのようなヘアコームを作ったママがいました。布製の大きな花飾りの周りに小さなかすみ草を散りばめると、女の子向けの可憐な髪飾りになりそうです。

サテンリボンのヘアクリップ

40代ママ
華やかな白のサテンを使って大きなリボンを作り、ヘアクリップに留めて髪飾りにしました。リボンの中心にピンクのパールビーズをいくつか縫いつけたので、卒園式にふさわしいフォーマルなヘアクリップになったと思います。
サテンリボンのヘアクリップは女の子の憧れの髪飾りかもしれません。ママのなかには、土台のヘアクリップが隠れるようにリボンを重ねてつけたところ、子どもが「プリンセスみたいなリボン」と喜んでくれたという声もありました。

花飾りをあしらったカチューシャ

カチューシャ
imagedb.com/Shutterstock.com
40代ママ
卒園式にはお花の冠を髪に飾りたいという娘のために、カチューシャに花飾りをあしらって髪飾りを作りました。ふんわりとしたオーガンジーで小さな花をたくさん作り、カチューシャに隙間なく貼りつけたので「お花の冠だね」と喜んでもらえました。
小さな花をカチューシャにつけて、かわいらしい髪飾りを作ったママがいました。卒園式の服と同じ色の花を使って髪飾りを作ると、シックで落ち着いた装いになるかもしれません。

髪飾りが映えるヘアアレンジの工夫

手作りした髪飾りが映えるヘアアレンジには、どのようなものがあるのでしょう。ママたちが工夫したことを聞いてみました。

三つ編みやくるりんぱで華やかさを演出する

30代ママ
娘の髪型は肩までのボブなので、サイドを三つ編みにしてから耳の近くに大きなリボンの髪飾りをつけました。髪を三つ編みにすることでサテンリボンがいっそう華やかに見えたと思います。
三つ編みを使ってヘアアレンジをすると、大きめのリボンや花の髪飾りが映えるかもしれません。ママのなかからは、ロングヘアを活かそうと考えて両サイドでくるりんぱを2回重ね、その上にコサージュタイプの髪飾りを散りばめたという声も聞かれました。

お団子ヘアですっきりまとめる

40代ママ
うちの子の髪はセミロングなので、頭の上でお団子を作り、周りを取り囲むように髪飾りをつけました。お団子ヘアがすっきりとしているためか、髪飾りがきれいに見えて「妖精みたい」と喜んでもらえました。
卒園式の髪型をお団子にすると、ママが作った髪飾りがきれいに映えそうです。髪の長さが足りない場合は両サイドに分けて低い位置にお団子を作り、大きめの髪飾りをつけると華やかになるかもしれません。

手作りの髪飾りで卒園式をお祝いしよう

女の子 ヘアリボン
Richard Peterson/Shutterstock.com

卒園式を迎える女の子のために、さまざまな髪飾りを手作りしたママがいました。子どもの好きな色のリボンや花を使って作った髪飾りを身に着けると、卒園式がいっそう嬉しい行事になりそうです。

子どもにとって一度きりの卒園式を、愛情のこもった手作りの髪飾りでお祝いできるとよいですね。

2020年01月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧