お歳暮に喜ばれるものの選び方。家族構成を考えて選ぶなど

お歳暮に喜ばれるものの選び方。家族構成を考えて選ぶなど

ママに聞いたお歳暮にもらって嬉しいものとは

お歳暮の贈り物をするとき、相手に喜ばれるお歳暮は何がいいのか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、家族構成を考えて選ぶなどお歳暮に喜ばれるものの選び方や仕事関係や友人など贈る相手別にお歳暮に選んだもの、ママがお歳暮にいただいて嬉しいものをママたちの体験談を交えてご紹介します。

喜ばれるものをお歳暮に贈りたい

お歳暮とはいつもお世話になっている方に、1年の感謝の気持ちを込めて、年末に贈り物をする習慣のようです。相手に喜ばれるお歳暮を贈りたいと考えたときに、何がいいのか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。ママたちに選ぶときに気になることを聞いてみました。

30代ママ
お歳暮に喜ばれるものを贈りたいと思っているのですが、毎年何がいいのかわからず悩んでしまいます。
40代ママ
お歳暮を贈るとき、相手に喜ばれるものを選ぶにはどのように意識して選んだらよいのでしょうか。

お歳暮を贈るときに、選び方や選ぶポイントについて知りたい方もいるようです。

今回は、喜ばれるお歳暮の選び方や相手によって何がいいのかなどを、ママたちに聞いてみました。

【体験談】お歳暮に喜ばれるものの選び方

お歳暮に喜ばれるものを贈りたいとき、選び方やポイントが気になる方もいるようです。ママたちに、お歳暮に喜ばれるものの選び方を聞いてみました。

家族構成を考えて選ぶ

30代ママ
お歳暮を贈るときは家族構成を意識して選んでいます。子どもがいるご家族の場合、家族全員に喜ばれるものを考えて贈っています。

贈る相手の家族構成を考えてお歳暮を選んでいるママもいるようです。なかには、贈る相手の年代を考慮して選んでいるというママの声も聞かれました。何がいいか迷ったときは、相手の家族構成や年代に配慮するとよいかもしれません。

保存期間を考えて選ぶ

クッキー
Nattika/Shutterstock.com
40代ママ
お歳暮で食べ物を選ぶときは、賞味期限をチェックしています。2人暮らしなど少人数の場合、食べきれないこともあるかもしれないので、なるべく日持ちするものを贈っています。

お歳暮で食べ物を選ぶときは、保存期間も考慮するとよいようです。ママのなかからは、食べきれるように小分けになっているタイプのものを選ぶように意識しているとの声も聞かれました。

相場を考えて選ぶ

30代ママ
お歳暮を贈るときは相手との関係性によって、相場を考えて選んでいます。友人の場合は、お返しなどで相手が負担に感じないように3000円くらいのものを選んでいます。上司の方や日頃お世話になっている方には、5000円程度の品物にしています。

お歳暮を贈る相手との関係性によって、相場を考えて選ぶママもいるようです。ママのなかからはお歳暮を贈るときは、相場は同じくらいでも品物は毎年同じものにならないように意識しているという声も聞かれました。毎年違うものが贈られてくると、もらった相手も嬉しいものかもしれませんね。

【贈る相手別】お歳暮に選んだもの

種類も値段もさまざまな品物のなかから、相手によってお歳暮に何がいいのか迷うこともあるようです。実際にママたちがお歳暮に選んだものを贈る相手別にご紹介します。

仕事関係

アルコール
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
普段からお世話になっている職場の上司にお歳暮を贈っています。何がいいのか悩みましたがお酒が好きな方なので、限定ビールの詰め合わせを選びました。「限定」とついていると、少し特別感が出るかなと思っています。
40代ママ
会社の取引先にお歳暮を選ぶときは、人数にあわせてお菓子の詰め合わせを贈っています。会社の方一人ひとりが気軽に手に取れるよう、一つづつ包装されているものを選びました。

仕事関係の方にお歳暮を贈るときは、お酒やお菓子を選んでいるママもいるようです。贈る相手の嗜好品や贈り先の人数がわかっている場合には、配慮してお歳暮を選ぶと喜ばれるかもしれません。

友人

30代ママ
お料理好きの友人に油を選びました。最近はご主人の健康面に気を遣っていると聞いていたので、身体によさそうな油を選んだところ、とても喜んでもらえました。

友人にお歳暮を選ぶとき、相手の趣味にあわせて品物を考えているママもいるようです。人によって趣味がそれぞれ違ってくるので、お歳暮を贈りたい相手にあわせたものを選ぶように意識しているというママの声もありました。

親戚

30代ママ
親戚へのお歳暮には、ローストビーフを選びました。お歳暮を贈る時期とクリスマスが近いこともあり、パーティーで人がたくさん集まるご家庭なので、おもてなしにぴったりと喜ばれました。

お歳暮は来客が多くなる時期と重なることもあり、パーティーで活用できる品物を選ぶママもいるようです。他にも、遠方に住んでいて普段なかなか会う機会がない親戚の好みのものや欲しいものがわからないので、好きなものを選んでもえらえるようにカタログギフトを贈ったとの声も聞かれました。

【体験談】お歳暮にもらって嬉しいものは?

ママたちがお歳暮にいただいて嬉しいものにはどのようなものがあるのでしょうか。実際にもらって嬉しいものを、聞いてみました。

消耗品や実用品

30代ママ
うちは小学生と中学生の子どもがいて毎日洗濯をする回数が多く、すぐ洗剤が終わってしまうので、洗濯洗剤をもらえたら嬉しいです。

お歳暮にもらって嬉しいのものは、洗剤などの消耗品や実用品と感じるママもいるようです。普段生活しているなかで、タオルなど頻繁に使用するものなどをもらえると助かるという声もありました。

スイーツ

30代ママ
有名店のスイーツをいただけたら嬉しいです。普段なかなか自分では買わないものをもらえると贅沢な気持ちになり、気分も上がります。

なかなか自分では購入しないスイーツなども、もらって嬉しいもののひとつかもしれません。また、量よりも質と感じるというママの声も聞かれ、少量であっても普段なかなか口にしないものを選ぶと喜ばれるかもしれません。

お歳暮に喜ばれるものを選んで贈ろう

ギフト
ArtFamily/Shutterstock.com
お歳暮に喜ばれるものの選び方として、家族構成や保存期間を考えて選んだママもいました。何がいいか考えたときには、贈る相手の関係性や嗜好品などを意識したママいるようです。

ママがお歳暮にいただいて嬉しいものも参考に、相手に喜ばれるようなお歳暮を贈れるとよいですね。

2019年11月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧