ハロウィンのケーキを手作りしよう!デコレーションの工夫など

ハロウィンのケーキを手作りしよう!デコレーションの工夫など

ケーキ屋さんで購入するときのポイント

ハロウィンが近づくとケーキを準備しようと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、ママたちが手作りしたハロウィンのケーキや、簡単なデコレーションの仕方、ケーキ屋さんで購入する場合のポイントについて、体験談を交えてご紹介します。

ハロウィンを楽しくするケーキを用意しよう

ハロウィンには仮装をしたり部屋を飾ったりして楽しもうと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。ハロウィンの特別な料理やケーキを用意する計画もあるかもしれません。ケーキ屋さんにかわいいおばけやジャック・オー・ランタンのケーキが並ぶ様子をみれば、子どもも大人もウキウキしますよね。

そこで今回は、ハロウィンのケーキについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

ママたちが手作りしたハロウィンのケーキ

ハロウィンのケーキは家庭で手作りすることもできるようです。実際に、ママたちが作ったケーキについて聞いてみました。

蜘蛛の巣の張ったチョコレートケーキ

30代ママ
丸いホールケーキに湯煎したチョコレートをかけ、しっかり固まってからホワイトチョコを使ってクモの巣の模様を全面に描きました。何か所かクモの糸を途切れさせたところ、子どもが「本物のクモの巣みたい」と喜んでくれました。
チョコレートケーキにホワイトチョコでクモの巣を描くだけで、簡単にハロウィンのケーキができそうです。市販されているクモ型のグミを上に乗せると、いっそうクモの巣らしさが出て、ハロウィン気分が盛り上がるかもしれません。

おばけがいっぱい!かぼちゃのタルト

ハロウィン ケーキ
margouillat photo/Shutterstock.com
20代ママ
甘く味をつけて裏ごししたかぼちゃを使って、手のひらサイズのかぼちゃのタルトをたくさん作りました。卵白を焼いておばけ型にカットし、塩味をつけたものをひとつずつ乗せたところ、おばけがいっぱいの楽しいケーキになりました。
ひとつひとつ形の違うおばけが乗ったかぼちゃのタルトがあれば、子どももハロウィンを楽しんでくれるかもしれません。牛乳パックなどで手作りしたおばけの型抜きを使って、子どもといっしょにおばけを作るのも楽しそうです。

魔女のカップケーキ

40代ママ
カラフルなカップを使ってカップケーキを作り、別に作った魔女の顔のクッキーを上に乗せてました。湯煎したチョコレートでとんがり帽子を作って乗せたところ、かわいい魔女のケーキになり、子どもが嬉しそうにほうき型のピックをさして仕上げてくれました。
ハロウィンの人気者、魔女がモチーフのカップケーキを手作りしたママもいるようです。魔女の顔をアイシングクッキーで作れば、いっそうかわいらしいケーキになるかもしれません。シンプルなカップに黒猫やおばけが描かれたマスキングテープを貼って仕上げたというママの声もありました。

ケーキを簡単にデコレーションしよう

手作りしたケーキを簡単にデコレーションすることで、ハロウィン気分が盛り上がるかもしれません。ママたちにデコレーションの仕方を聞いてみました。

小物を使う方法

30代ママ
手作りしたホールケーキにオレンジ色のストローを2本さし、その間にハロウィンの小さなガーランドを張ってデコレーションをしました。ケーキのあちらこちらに小さなかぼちゃのキャンドルを置いたところ、子どもが手を叩いて喜んでくれました。
小さなガーランドやかぼちゃのキャンドルを使って、手作りしたケーキにデコレーションをしたママがいました。店頭に並べられたハロウィンをモチーフにした小物を見ながら、ケーキのデコレーションに使えそうなものを選ぶのも楽しそうですね。

マシュマロを使う方法

20代ママ
カップケーキのデコレーションにマシュマロを使いました。白やピンクのマシュマロをおばけの形にカットし、チョコレートのかけらで目や口を作り熱を加えて溶かして貼りつけました。簡単なデコレーションなので、子どもといっしょに楽しむことができました。
ハロウィンのケーキのデコレーションにはマシュマロも使いやすそうです。少し加熱して形を崩したマシュマロは、そのままでデコレーションのおばけとして使えるかもしれません。マシュマロを重ねて作ったかわいい人形をケーキに飾ったというママの声もありました。

チョコペンを使う方法

ハロウィン ケーキ
haveseen/Shutterstock.com
20代ママ
我が家では子どもも簡単に使えるチョコペンを使って、ケーキにデコレーションをしています。黒や白、ピンク、オレンジといったハロウィンにあう色のペンを揃えておくことで、黒猫や魔女、ミイラ、コウモリなどのモチーフを自由に描くことができます。
チョコペンには植物から作った色素で着色したものもあるようなので、ケーキのデコレーションに安心して使えるかもしれません。さまざまな色を揃えることができれば、子どもがお絵かきのようにケーキのデコレーションを楽しむことができそうです。

ケーキ屋さんで購入するときのポイント

ハロウィンのケーキはケーキ屋さんでも購入することができるようです。ママたちに、購入するときのポイントを聞いてみました。

予約期間を確認する

40代ママ
ハロウィンのケーキは、近くのケーキ屋さんに予約がいつまでかを確認して購入しています。ケーキによって予約できる数量が決まっているものもあるようなので、ハロウィンが近づいたら忘れずに予約期間を確かめることを心がけています。
ケーキ屋さんでハロウィンのケーキを購入する場合、いつからいつまで予約を受けつけているのかを確認することも大切かもしれません。数量限定のケーキを購入する場合は、早めに選んで予約しているというママの声もありました。

デコレーションの希望を伝える

30代ママ
我が家では毎年近くのケーキ屋さんでハロウィンのケーキを購入しています。「今年はマジパンのジャック・オー・ランタンを真ん中に乗せて、周りにコウモリとおばけを飾ってください」など、デコレーションを希望することができるので、子どももでき上がりを楽しみにしています。
ケーキ屋さんにデコレーションの希望を伝えて、作ってもらっているママがいました。毎年家族でどのようなデコレーションにしてもらおうかと話しあうのも、ハロウィンの楽しみになるかもしれません。

ハロウィンにはケーキを用意して楽しもう

ハロウィンを楽しむ親子
iStock.com/monzenmachi

かぼちゃやチョコレートを使って、ハロウィンのケーキを簡単に手作りすることもできるようです。近くのケーキ屋さんで購入する場合は、予約できる期間を早めに確認しているというママがいました。

ハロウィンをモチーフにした小物やチョコペンを使ってケーキにデコレーションをするなどして、子どもが喜ぶケーキを用意できるとよいですね。

2019年10月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧