パパも子どもといっしょにハロウィンを楽しもう

パパも子どもといっしょにハロウィンを楽しもう

パパが選んだ仮装やゲーム

子どもといっしょにハロウィンを楽しもうと考えているパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ハロウィンのお祭りについてやパパと子どもが選んだハロウィンの仮装、パパが考えた家族で楽しむゲーム、子どもとハロウィンを楽しむポイントについて、体験談を交えてご紹介します。

ハロウィンってどんなお祭り?

ハロウィンは毎年10月31日に行われる秋の収穫を祝う海外発祥のお祭りで、日本でも家族や友だちと仮装をして楽しむ人が増えてきているようです。また、ハロウィンにはかぼちゃの料理やお菓子を作って楽しむ家庭もあるかもしれません。

子どもやママが仮装をしたりハロウィンパーティーを開いたりするときに、いっしょに楽しみたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。そこで今回は、パパを中心としたハロウィンの楽しみ方についてご紹介します。

パパと子どもが選んだハロウィンの仮装

パパが子どもといっしょに楽しめるハロウィンの仮装には、どのようなものがあるのでしょう。実際に、パパが用意した仮装を聞いてみました。

おばけの仮装

おばけの仮装
iStock.com/Rawpixel
30代パパ
ハロウィンには定番のおばけの仮装を子どもと相談して選びました。古くなった白いシーツを使い、目や手の部分に穴を開けるだけの簡単な衣装ですが、蛍光ペンを使って子どもといっしょに落書きのような装飾をするなど、製作も仮装も楽しむことができました。

シーツを使うおばけの衣装はパパと子どもで簡単に作ることができそうです。衣装の装飾では蛍光ペンなどを使う他に、絵の具を使って手形をたくさんつけるのも楽しいかもしれません。子どもの衣装は膝丈にして動きやすく作ったというパパの声もありました。

ロボットの仮装

40代パパ
私も子どももロボットが好きなので、ハロウィンにはダンボールを使ってロボットの仮装をしました。頭の部分は箱を使って作り、手足や胴体は体の前になる部分と後ろになる部分をダンボールで別々に作り、紐でつなげて動きやすくしてみました。

ハロウィンにダンボールを使ってロボットの仮装をしたパパがいました。銀色のスプレーで全体に着色すれば「本物のロボットみたい」と子どもが喜んでくれるかもしれません。ママが白衣を着て科学者の仮装をすれば、家族でストーリー性のある仮装を楽しめそうですね。

子どもの好きなキャラクターの仮装

30代パパ
我が家では子どもの好きなアニメーションのキャラクターをモチーフにしたハロウィンの仮装をしました。子どもがカウボーイハットとベスト、長靴を使って主人公の仮装をし、私と妻はその友だちの仮装をして、家族でホームパーティーを楽しみました。

子どもに仮装を楽しんでもらうために、好きなアニメーションのキャラクターをモチーフにしてもよいかもしれません。他には絵本の好きな子どもと相談して、昔話に登場する頭巾を被った女の子と狼、猟師などの仮装をして家族で楽しんだというパパの声もありました。

パパが考えたハロウィンのゲーム

ハロウィンに遊ぶ子供
iStock.com/kokouu

ハロウィンにホームパーティーを開く場合、家族や友だちといっしょにゲームができると一層楽しくなりそうです。パパが考えた簡単にできるゲームを聞いてみました。

モンスターの的あてゲーム

40代パパ
大きなダンボール箱にモンスターの絵を描いて的あてゲームを作りました。モンスターの口の部分に穴を開け、新聞紙を丸めた玉を投げ入れるようにしたところ、子どもも大人も一投毎に歓声をあげながら楽しむことができました。

ハロウィンのホームパーティーに的あてゲームを用意したパパがいました。モンスターのデザインを子どもといっしょに考えて作ってもよいかもしれません。玉が口に入ったらお菓子がもらえるという特典をつければ、ゲームが一層楽しくなりそうです。

ハロウィンミステリーボックス

40代パパ
子どもが楽しめそうなハロウィンのゲームとして、ミステリーボックスを考えました。箱の側面に肘まで入るくらいの穴を開け、なかが見えないように黒いのれん状の布を貼ったところ『ドキドキして一番楽しかった』と喜ばれました。

ミステリーボックスは子どもも大人もスリルを味わうことができる楽しいゲームになりそうです。ゴム製のクモのおもちゃやコウモリのマスコット、かぼちゃクッキーなどの小物を使うことでハロウィンの気分がさらに盛り上がるかもしれません。

宝探し

30代パパ
ハロウィンには家族で行う宝探しゲームを企画しました。当日の朝、子どもが起きる前に宝物のお菓子を家のあちらこちらに隠し、家を海賊の島に見立てた宝の地図も作りました。子どもといっしょに妻まではしゃぎながらゲームに参加してくれました。

宝探しゲームを1人で企画し、子どもに気づかれないように準備をしたパパがいました。本で見るような宝の地図があれば、子どもは宝探しに夢中になるかもしれません。隠し場所を少し難しくすることで、見つけたときの子どもの喜びも大きくなりそうです。

子どもとハロウィンを楽しむポイント

子どもとハロウィンを楽しむためのポイントにはどのようなことがあるのでしょう。パパたちに意識したことを聞いてみました。

家族でイベントに参加する

30代パパ
ハロウィンには地域や商業施設などでさまざまなイベントが企画されるので、家族でいっしょに参加するようにしています。最初は少し抵抗がありましたが、思い切って参加してみたら私も少年時代に戻ったように楽しむことができ、子どもも嬉しそうでした。

イベントなどに子どもやママといっしょに参加することも、ハロウィンを楽しむポイントかもしれません。パパが楽しそうに参加している姿を見れば、子どもも一層イベントを楽しんでくれそうです。

準備を子どもといっしょに行う

30代パパ
仮装やゲームの準備を子どもといっしょに行うことが、ハロウィンをより楽しむポイントではないかと思います。仮装用の衣装をお互いに手伝いながら作ることで、できあがったときの喜びも大きくなるように感じます。

ハロウィンの仮装の準備を子どもといっしょに行うようにしているパパがいました。難しい部分を二人で相談しながら仕上げることができれば、子どももパパの力になれたという達成感を味わえて、嬉しさいっぱいで仮装ができるかもしれません。

パパも楽しいハロウィンに参加しよう

ハロウィンの仮装をしている男の子
iStock.com/kokouu

ハロウィンに子どもといっしょに仮装を考えたり、家族で楽しむゲームを用意したりしているパパがいました。パパといっしょにロボットなどの仮装用のアイテムを作ることができれば、子どもの楽しさも膨らみそうです。

ホームパーティーのゲームを企画したり家族で地域のイベントに参加したりして、パパもハロウィンを楽しめるとよいですね。

2019年06月25日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧