ハロウィンサラダを作ろう!簡単レシピや工夫ポイントをご紹介

ハロウィンサラダを作ろう!簡単レシピや工夫ポイントをご紹介

餃子の皮やうずらでおばけを表現!

ハロウィンパーティーで出す料理にサラダを用意したいママは多いのではないでしょうか。サイドメニューとしてあるとうれしいですよね。今回は、ハロウィンのサラダを用意したことはあるか、紫キャベツ、トマト、餃子の皮、うずらなどを使った簡単なレシピや、工夫したポイントなどを体験談をまじえながらご紹介します。

ハロウィンのサラダを作ったことはある?

ハロウィンパーティーを盛り上げるメニューとして、ハロウィンらしいサラダを作りたいと考えているママは少なくないかもしれません。

まずは、実際にハロウィンのサラダを作ったことがあるかママたちに聞いてみました。

30代ママ
ハロウィンパーティー用にオードブルを買ったときに、サラダもついてきたので作らずに済みました。
30代ママ
SNSでかわいいハロウィンのサラダの写真を見て、自分でも作ってみたくなりました。サラダなら子どもといっしょでも作りやすいです。
30代ママ
ハロウィンパーティーではメインの料理は脂っこいものが多かったので、栄養のバランスを考えて、小さい子どもが食べやすく見た目も遊び心があるサラダを作りました。

ハロウィンのサラダを作ったことがあるという意見がありました。

普段、野菜が少し苦手な子どもでも、ハロウィンの楽しい雰囲気の中で、盛り付けなどを工夫した面白いサラダならよろこんで食べてくれそうですよね。

ハロウィンのサラダの簡単レシピ

ハロウィンサラダ
© Tack-Ma - Fotolia

次に、ハロウィン用サラダの簡単なレシピをご紹介します。

かぼちゃとさつまいものサラダ

  1. かぼちゃ、さつまいも、玉ねぎをやわらかく加熱して混ぜ、コンソメ、マヨネーズ、塩コショウで味付けする
  2. 1.を丸めて小さいかぼちゃの形にする
  3. 2.に海苔でかぼちゃのランタンの顔をつけて、黄色いパプリカや枝豆で飾り付けて完成

かぼちゃとさつまいもをミックスすることで、くせのないやさしい甘みになり子どもも食べやすい味でしょう。

紫キャベツとチェダーチーズのサラダ

  1. レタス、きゅうり、紫キャベツを食べやすく切り皿に盛る
  2. こうもりや星のクッキー型で型抜きしたチェダーチーズとミニトマトを飾り付ける
  3. オリーブオイル、ピスタチオ、マジックソルト、マヨネーズをかけて完成

ハロウィンカラーの紫キャベツの鮮やかな紫色と、チェダーチーズの濃い黄色の色合いでハロウィンらしくなるでしょう。

リンゴと梨のほねほねサラダ

  1. リンゴ、梨を薄切りにして骨のクッキー型で型抜きする
  2. 皿にレタスをしいて1.とクリームチーズ、クルトン、ミニトマトを飾り付ける
  3. ヨーグルト、オリーブオイル、塩こしょうを混ぜたヨーグルトソースをかけて完成

果物とヨーグルトの甘みで、小さい子ども好みの味の食べやすいサラダかもしれません。クルトンの代わりにバゲットなどのパンを使ってもおいしいでしょう。

餃子の皮とうずらのおばけサラダ

  1. 餃子の皮をおばけのクッキー型で型抜きし、軽く揚げる
  2. にんじん、じゃがいもを星のクッキー型で型抜きし、火を通す
  3. うずら、えび、ウインナー、ブロッコリーを茹で、うずらにきざみ海苔で顔をつける
  4. 皿に盛った1.2.3.にアボカド、かにかまを添えてマヨネーズ、塩コショウをかけて完成

餃子の皮とうずらで食べ応えがあるので、メインディッシュとしてのサラダになるかもしれません。

ハロウィンのサラダの工夫ポイント

かぼちゃの顔サラダ
iStock.com/Aightingale423

ハロウィンのサラダの工夫ポイントについて、ママたちの体験談をまじえてご紹介します。

盛り付けを工夫する

30代ママ
中身をくりぬいた本物のかぼちゃを器代わりにすると、よりハロウィンの雰囲気が出て子どももよろこびます。
30代ママ
小さく切ったパンにサラダの材料を少しのせてお弁当用のピックや楊枝でさすと、ピンチョスと呼ばれるおしゃれな軽食になります。

いろいろな種類のピンチョスを大きいお皿に並べるとカラフルで、立食パーティーにぴったりでしょう。

秋の旬の食材を使う

30代ママ
秋は果物が旬でおいしいので、フルーツドレッシングを使ったサラダにしました。さわやかな風味で子どもも好きな味になります。

ハロウィンのかぼちゃと同じ秋の味覚として柿、栗、きのこ、銀杏をサラダの具材に使ってもよいかもしれません。

いっしょに出す料理とのバランスを考える

30代ママ
ハロウィンパーティの料理として用意したピザの味が濃いので、サラダの方はあっさりした味にしました。

メイン料理がグラタンやカレーなど濃厚な味わいのときは、さっぱりした味わいのサラダが一品あるとうれしいですよね。

手巻き寿司など和食のオードブルなら、ポテトサラダのようなサラダも合うかもしれません。

子どもといっしょにハロウィンのサラダを作ろう

料理をする親子
© yamasan - Fotolia

今回は、ハロウィンのサラダについて体験談をまじえながら、簡単なレシピや工夫ポイントについてご紹介しました。

紫キャベツ、トマト、餃子の皮、うずらなど、カラフルでアレンジしやすい食材を使ったり、クッキー型を使ってハロウィンモチーフの飾り付けをすることで、いつものサラダを簡単にハロウィンらしくすることができそうです。

年に1度のハロウィンの食事に、ハロウィンサラダを作って親子で楽しめるとよいですね。

2019年06月09日

おすすめユーザーのコメント
1
    loco
    オレンジ色の野菜に、黒いオリーブを合わせるのもハロウィンらしい色合いで良さそうですね。

イベントの関連記事

カテゴリ一覧