ハロウィンに楽しむ男の子の仮装。ママたちの手作り衣装やアイテム

ハロウィンに楽しむ男の子の仮装。ママたちの手作り衣装やアイテム

100均アイテムや既成品も活用した準備

ハロウィンに仮装したいとき、男の子の仮装衣装について知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、男の子のハロウィンの仮装の決め方や100均アイテムも活用して手作りした男の子の仮装衣装、ハロウィンの当日のすごし方を体験談を交えてご紹介します。

ハロウィンに仮装しよう

ハロウィンの季節になると、男の子にどのような仮装衣装を用意しようか考えるママもいるようです。男の子が喜ぶような格好よい衣装を用意して、普段はしない仮装を楽しみたいママもいるかもしれません。

今回は、ハロウィンの男の子の仮装についてママたちに聞いてみました。

男の子のハロウィンの仮装の決め方

男の子が喜んでくれるような仮装には、どのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いた男の子のハロウィンの仮装の決め方をご紹介します。

子どものなりたいものを選ぶ

20代ママ
うちの場合、息子にハロウィンにどのような仮装をしたいかを聞きました。自分のなりたいものへの仮装なら、準備や着替えの時間も含めて楽しんでくれたので私も嬉しかったです。

どのような仮装をしたいのかを子どもに聞いたママもいるようです。子どもがハロウィンの仮装をイメージしにくいときは、インターネットで画像検索をして「このなかだったらどれが好き?」と質問して子どもの仮装をいっしょに考えたというママの声もありました。

簡単に準備しやすいものにする

ハロウィンの仮装
iStock.com/kaanates
30代ママ
初めて仮装するとき、家事や育児の合間に簡単に準備ができるものがよいと思いました。100均アイテムの帽子やカチューシャなどの小物を使って簡単に仮装できるものを選ぶと、値段も手軽で用意しやすかったです。

ママが簡単に準備しやすい仮装を選ぶと、男の子と気軽にハロウィンを楽しめそうですね。あらかじめTシャツにベストや蝶ネクタイが縫いつけてある衣装を選ぶと、子どもが自分で着られるためハロウィン当日の準備がスムーズにできたというママの声もありました。

動きやすさを意識する

40代ママ
ハロウィンにどのような仮装をするのかは、子どもの動きやすさを意識して決めました。活発に動き回る男の子が、仮装している間も着心地よくすごせるようにと考えました。

ハロウィンの仮装を決めるとき、子どもの動きやすさを意識したママがいるようです。かぼちゃパンツのようなボリュームのあるズボンや着ぐるみを着たり背中に羽根などをつけたりする場合、仮装した後の予定にあわせて子どもの動きやすさを考えるとよいかもしれません。

ママたちが手作りした男の子の仮装衣装

男の子の仮装衣装は手作りできるのか気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、実際に手作りした男の子の仮装衣装を聞いてみました。

海賊

30代ママ
型紙に沿って裁断した布を縫いあわせてベストを作り、ボーダーのTシャツと黒いズボンにあわせました。残った布でバンダナと腰紐を作って頭とウエストに巻きました。布の端は切りっぱなしにすると海賊の荒々しい雰囲気を演出しやすかったです。

既成品の洋服と組みあわせ、海賊の衣装を手作りしたママがいるようです。ママのなかには、紙やプラスチック製の剣やドクロマーク入りの帽子を用意すると子どもが喜んでポーズをとってくれたという声も聞かれました。

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンの仮装をしている赤ちゃん
© tatsushi - Fotolia
20代ママ
オレンジ色の大きなビニール袋を逆さにし、首と腕が出る部分に穴を空けます。袋の表側に黒いペンで目や口を描いたらジャック・オー・ランタン風の仮装衣装の完成です。下には黒いズボンと長袖を着て、かぼちゃのヘタの部分をイメージした緑色の帽子も用意しました。

ビニール袋を使うと、簡単にジャック・オー・ランタンの衣装が手作りできそうですね。他にも、100均で用意した大きめのフェルト生地を縫いあわせてジャック・オー・ランタンの衣装を手作りしたというママの声もありました。

魔法使い

40代ママ
息子が好きな魔法使いが出てくる映画の主人公の仮装をしました。フェルトを切って作ったエンブレムを縫いつけた黒色のフードつきコートと、黒いズボンと靴をあわせ、丸い眼鏡と魔法の杖を用意すると『ぼくも魔法が使えそう!』と大喜びでした。

既成品をリメイクし、魔法使いの衣装を手作りしたママもいるようです。魔法使いの衣装を手作りするとき、子どものサイズにあわせた三角帽子を手作りしたというママの声もありました。

キャラクター

20代ママ
テーマパークのハロウィンイベントに参加するとき、キャラクターの仮装衣装を手作りしました。子ども服の型紙にそってセーラー服とかぼちゃパンツを作り、既成品の帽子に飾りをつけたら完成です。大好きなキャラクターの仮装ができて、息子は嬉しそうにすごしていました。

子どもの好きなキャラクターの衣装を手作りしたというママの声もありました。子どもの好きなテレビキャラクターの衣装を手作りする場合、番組の公式サイトを見て細かい飾りのデザインを確認しておくと、子どもに喜んでもらえるものができるかもしれませんね。

ハロウィンの当日のすごし方

男の子に仮装の衣装を用意するとき、ハロウィンの当日にどのようなすごし方をしたのかをママたちに聞いてみました。

パーティーをする

30代ママ
友だちの家で開催されたハロウィンパーティーに参加しました。仮装した子どもたちの記念撮影をしたり、用意したゲームや持ち寄った食事を食べるなどして楽しい時間をすごしました。

仮装をして参加すると、ハロウィンパーティーをより楽しめるかもしれませんね。ママのなかには、自分やパパも簡単な仮装をしていっしょにハロウィンを楽しんだという声も聞かれました。

仮装行列に参加する

40代ママ
加入している子育てサークルの仮装行列に参加しました。息子が赤ちゃんの頃から毎年衣装を変えて参加していますが、息子自身も『今年はどんな仮装にしようかな』と楽しみにしています。

子どもといっしょに仮装行列に参加したママがいるようです。仲のよい友だちとお揃いの仮装を用意したり、チェックポイントでお菓子をもらったりと楽しくすごせそうですね。

衣装を用意して男の子とハロウィンを楽しもう

ハロウィンの仮装を楽しむ親子
iStock.com/monzenmachi

ハロウィンに男の子の仮装衣装を考えるとき、ママが簡単に準備しやすいものや子どもの動きやすさを意識したママがいるようです。仮装衣装の用意の仕方は、購入する他にも100均アイテムなどを使って手作りするなどさまざまなようです。

パーティーや仮装行列に参加したり記念写真を撮影するなどして、男の子とハロウィンを楽しめるとよいですね。

2019年05月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧