子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

入園式のコサージュの選び方。服装にあわせた色やバランスなど

入園式の服装を考えたとき、コサージュをつけるかどうかの他にも、色などのマナーや手作りできるかどうか、つける位置など服装とのバランスが気になることもあるかもしれません。今回の記事では、コサージュの選び方のポイントや種類、意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

入園式の服装にコサージュはつけた?

子どもの幼稚園や保育園の入園式に出席するとき、コサージュをつけるかどうか迷うこともあるのではないでしょうか。

コサージュには、相手を祝福するという意味も込められていることから、お祝いの場である子どもの入園式につけて行く方もいるようです。実際にママたちは、入園式にコサージュを身につけたのか聞いてみました。

「入園式の服装がシンプルだったので、華やかさがアップするように胸元にコサージュをつけました。私の子どもの園では、コサージュをつけていた方が多かったように思います」(30代ママ)

「白と黒のミックスツイードのスーツを着るときは、スーツのデザインを活かそうと思ったのでコサージュはつけませんでした」(40代ママ)

入園式の服装にコサージュをつけたかどうかは、ママによってさまざまなようです。セレモニースタイルを意識して、服装のポイントにコサージュを取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

コサージュを選ぶときのポイント

コサージュにはさまざまな種類があるようなので、どのようなものを選べばよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。コサージュの選び方のポイントをママたちに聞いてみました。

素材

素材
iStock.com/Okea

「透け感のあるやわらかいシフォン素材でできたコサージュを選びました。さり気ないポイントになり、胸元につけると華やかさがぐっとアップしたように思います」(30代ママ)

「光沢のあるサテン素材のコサージュは上品さもあり、服につけるとエレガントな雰囲気になりました」(40代ママ)

コサージュの素材には、シフォンやサテン、リボンなどさまざまな種類があるようです。使われている素材によって雰囲気がかわるようなので、自分の好みにあったものを見つけられるとよいですね。

「シンプルなネイビーのスーツのポイントに、薄ピンク色のコサージュをあわせました。胸元に淡いピンクの色あいが入ることで、服装の印象が女性らしくなったように思います」(20代ママ)

「ベージュのコサージュは、どのような色の服装にもあわせやすくて使いやすいです。シーンも選ばずに使うことができるので、入園式だけでなく卒園式でも活躍しました」(30代ママ)

入園式の服装にあわせるコサージュの色は、春らしい色や華やかな色が選ばれているようです。入園式は華やかなお祝いの場なので、明るい色味を選ぶように意識したというママの声もありました。

機能性

「ロングパールのネックレスにコサージュがついたタイプを購入しました。コサージュは取り外し可能で別々につけることもできるので、コーディネートの幅も広がりやすいです」(30代ママ)

コサージュが取り外しできる機能がついたネックレスなどのアクセサリーもあるようです。他にも、ピンの他にクリップがついているタイプは、服に穴をあけたくないときなどに使いやすいかもしれませんね。

ママたちが選んだコサージュの種類

ママたちは、入園式の服装にあわせてどのようなコサージュを選んだのでしょうか。実際に、入園式の服装にあわせて選んだコサージュについて聞いてみました。

造花

コサージュ
iStock.com/laymul

「ミルフィーユのように花びらが重なった造花のコサージュは、上品さもあって入園式の服装にぴったりでした。シンプルなデザインなので、さまざまなシーンでコーディネートを楽しんでいます」(40代ママ)

「小ぶりの花が3連になったアンティーク調の造花のコサージュは、手入れもしやすく、普段の服装にも気軽に取り入れやすいので活躍しています」(30代ママ)

造花のコサージュは、種類も多くお店で手に入りやすいようです。普段使いがしやすいデザインを選べば、かばんやぼうし、ストールなどのワンポイントに取り入れてコーディネートを楽しむこともできそうですね。

生花やプリザーブドフラワー

「下の子の入園式では少しこだわって、お花屋さんにお願いして作ってもらった生花のコサージュをつけました。『いい香りだね』と会話のきかっかけにもなり、よい思い出になりました」(30代ママ)

コサージュ生花やプリザーブドフラワーでできたコサージュもあるようです。ママのなかには、フラワーアレンジメントを習っていた友人に、生花を使った入園式用のコサージュを作ってもらったという声もありました。

手作り

「コサージュが手軽に手作りできるという話を聞き、娘とお揃いで作ってみました。さり気ないリンクコーデを楽しめ、記念になりました」(20代ママ)

「友人といっしょに参加したワークショップで手作りしたコサージュをつけました。材料も揃っていたので作りやすく、手作りならではの愛着もあり気に入っています」(30代ママ)

コサージュは、自分で手作りすることもできるようです。作り方が紹介されている本や、材料が揃っているキットなどもあるようなので、オリジナルのコサージュを作ってみるのもよいかもしれませんね。

手作りコサージュ//KIDSNA公式チャンネル

コサージュをつけるときに意識したこと

入園式で着る服装にコサージュをつけるとき、位置やバランスなどが気になることもあるかもしれません。コサージュをつけるときに意識したことについてママたちに聞いてみました。

つける位置

「ノーカラーのジャケットの左胸にコサージュをつけました。位置を決めるときは鏡でバランスを見ながら考えるようにしています」(40代ママ)

「ジャケットの襟部分にコサージュをつけました。鎖骨に近い位置だったので、顔周りが華やかな印象になったと思います」(30代ママ)

ジャケットのデザインや着る服装にあわせてつける位置を調節するとよさそうです。つける位置は顔に近い少し上めを意識することで、目線が上がりコーディネートがスッキリしたというママの声もありました。

服装とのバランス

「コサージュの色を意識して、あわせるかばんや靴の色を考えました。スッキリとしたコーディネートにしたかったので、色使いをおさえて統一感が出るように工夫しました」(40代ママ)

「コサージュを襟元につけるときは、パールのネックレスはコサージュにかぶらないように短いものを選びました。コサージュが引き立つように、イヤリングなども控えめなデザインをあわせるようにしました」(30代ママ)

コサージュをつけるときに、服装やアクセサリーとのバランスも意識していたママもいるようです。事前にトータルコーディネートを考え、全体のバランスを確認しておくと慌てずにすみそうです。

入園式にコサージュをつけて花を添えよう

入園式に向かう親子
© karin - Fotolia

入園式の服装にあわせるコサージュの種類はさまざまなようで、ママのなかには手作りのコサージュを選んだという声もありました。入園式用のコサージュを選ぶときは、色や素材、機能性を考えながら、普段使いしやすいものや気に入るものを探してみるのもよいかもしれません。

つける位置など服装とのバランスを意識しながら、素敵なコーディネートができるとよいですね。

2018年12月15日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事