ひな祭りに用意した肉料理のレシピ。料理にあわせて用意した献立例

ひな祭りに用意した肉料理のレシピ。料理にあわせて用意した献立例

ママたちが作った副菜や簡単なおかず

ひな祭りに用意するメニューを考えたとき、肉料理のレシピや、定番メニューに肉を使ってアレンジしたひな祭りの献立を知りたいママもいるかもしれません。今回の記事では、ひな祭りに用意した肉料理のレシピと、副菜などのおかずを含めたひな祭りの献立、料理するとき工夫についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

ひな祭りに彩りを添える肉料理を作ろう

女の子の健やかな成長を祈願して行われるひな祭りには、少し豪華な献立にしてみんなでお祝いしたいと思うママもいるのではないでしょうか。ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などの定番のひな祭りのご馳走に、ボリュームや彩りを添える肉料理を用意したいと思うママもいるかもしれません。

実際に、ママたちはひな祭りにどのような肉料理を用意したのでしょうか。

ひな祭りに用意した簡単な肉料理レシピ

ひな祭りには、子どもが喜ぶような肉を使ったお祝いメニューを簡単に用意したいと考えるママもいるのではないでしょうか。実際に、ママたちがひな祭りに用意した肉料理のレシピについて聞いてみました。

そぼろのひし形ちらし寿司

「ひな祭りらしく、ひし形のそぼろちらし寿司を作りました。牛乳パックの両端を切り落として作った型をひし形にして、お皿に置いたら酢飯、そぼろ、酢飯の順で詰めていきます。型をそっと外し全体に錦糸玉子を乗せ、彩りに絹さやとボイルしたエビ、桜でんぶを乗せたら完成です」(30代ママ)

ひな祭りのメイン料理として、そぼろを使ったひし形のちらし寿司を用意したママもいるようです。牛乳パックを使うことで型も簡単に作れそうですね。

型に材料を詰めるときは、押し寿司を作る要領で少し押しながら詰めるときれいな仕上りになったというママの声もありました。

焼き肉手巻き寿司

「ひな祭りのご馳走には、自分の好きな具を巻いてべる手巻き寿司を用意しました。定番のお刺身やキュウリや卵焼きなどのほかにも、味つけした焼き肉を用意したところボリュームが出て簡単なのにご馳走らしくなりました」(30代ママ)

ひな祭りの献立に手巻き寿司を用意し、具のひとつに焼き肉を用意したママもいるようです。ママのなかには、定番の海苔にくわえてフリルレタスなど葉物野菜も用意して、酢飯と焼き肉を野菜で巻いて食べるようにすると、野菜をたくさん食べられ、バランスがよくなったという声もありました。

鶏肉の野菜ロール

野菜の肉巻き
iStock.com/jreika

「鶏肉を観音開きにして薄くし、スティック状に切ってボイルしたにんじんとさやいんげんをきつく巻いていきます。フライパンで表面を焼き、焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにします。全体に火が通ったら甘辛のタレを絡めて照りが出れば完成です」(30代ママ)

ひな祭りに鶏肉を使った野菜ロールを用意するのもよいかもしれません。ママのなかには、野菜を巻くことで華やかな雰囲気になり、ミニトマトや葉野菜ともいっしょに大皿に盛りつけるとお祝いのご馳走らしい一品になったという声もありました。

ひな祭りに作った献立例

ひな祭りの献立はどのようにしたらよいか知りたいママもいるかもしれません。実際に、主食に肉を使った場合の献立とおかずである主菜を肉料理にした場合の献立について聞きました。

主食に肉を使った場合

「主食にそぼろのちらし寿司を用意しました。おかずに肉料理が増えるとボリュームが多いと感じたので、メインのおかずには桜えびと野菜のかき揚げを作り、花麩のお吸い物を添えました。桜えびが香ばしく、子どもも喜んで完食していました」(30代ママ)

「肉料理を主食にすると味が濃いのではないかと思ったので、ふきのとうとさつまいもの天ぷら、菜の花の酢の物、あさりのすまし汁を作りました。酢の物は少し甘めの味つけにすることで、子どもが食べやすかったようです」(40代ママ)

主食に肉料理を選ぶ場合は、メインのおかずに野菜を使った天ぷらやかき揚げを用意するとバランスがよくなるかもしれません。春を感じられる花麩や菜の花などを使った一品を添えることで、全体の彩りがよくなるかもしれませんね。

主菜を肉料理にした場合

「ひな祭りには、メインのちらし寿司に加えてローストビーフを用意しました。副菜はさっぱりしたおかずを用意しようと思い、たけのこやにんじんを使ったお煮しめと、はまぐりと菜の花のすまし汁を用意しました」(30代ママ)

「ひな祭りの献立には主食にカップちらし寿司を、主菜に生ハムや野菜を使った生春巻きを作りました。副菜にはさっと湯がいた菜の花とボイルエビを和えたサラダ、茶碗蒸しを用意しました」(40代ママ)

主菜を肉料理にした場合は、副菜になる野菜料理と汁物や茶碗蒸しを作ったママもいるようです。全体のボリュームやバランスを考えながら、献立や使う食材を決められるとよいかもしれませんね。

ひな祭り料理で工夫したこと

ひな祭りのお祝いの料理を作るときは、どのようなことに気をつけるとよいでしょうか。ママたちが工夫した点を聞いてみました。

食べる人にあわせる

「ひな祭りには、子どもの祖父母を呼んでいっしょにお祝いの食事をしました。みんなが食事を楽しめるように子どもが好きなメニューと大人向けのメニューのバランスに気をつけながら献立を立てました」(40代ママ)

食べる人にあわせたメニュー作りを工夫したママもいるようです。ママのなかには、簡単にできるおかずを数種類作っておき、食べたいものを取りわけて食べるようにしたという声もありました。

季節の食材を使う

「食材を通して春を感じられるように、菜の花やたけのこなど春が旬の食材をレシピに取り入れました。食事しながら子どもにひな祭りのことやその時期の旬の食材について話す機会もできました」(30代ママ)

ひな祭りには、春の食材を使ったレシピで料理するのもよいかもしれません。ママのなかには、ひな祭りの食卓では子どもと季節の食材あてクイズをしたところ、子どもが食材にも興味をもってくれたという声もありました。

華やかに盛りつける

「ひな祭りでは、普段よりも華やかに盛りつけるように工夫しました。桜の形の小皿などを使って、会席料理のようにおかずを一品ずつ盛りつけると華やかになりました」(30代ママ)

華やかな盛りつけを意識しているママもいるようです。ママのなかにはお皿に盛りつけるとき野菜や木の芽などを添えると簡単に華やかになったという声もありました。

ひな祭りメニューに肉料理を加えよう

ひな祭りの食事
iStock.com/yukihipo

ひな祭りの献立には、肉料理を用意してみんなでお祝いしたいと考えるママもいるようです。主食やメインのおかずに肉を使ったレシピを取り入れることで、簡単にボリュームが出せるかもしれません。

メインの料理にあわせて副菜も用意したら、みんなでひな祭りをお祝いできるとよいですね。

2018年10月26日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事