子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

バレンタインのドーナツレシピ。喜ばれるデコレーションやラッピング

バレンタインのドーナツレシピ。喜ばれるデコレーションやラッピング

抜き型で作る定番や型なし簡単ドーナツなど

バレンタインに子どもといっしょにドーナツを作りたいと考えているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、定番ドーナツやキットで作れる簡単ドーナツ、型なしで作るドーナツなどの作り方、デコレーションのアイデアやあげると喜ばれるかわいいラッピングの工夫についてご紹介します。

バレンタインにドーナツを選んだ理由

バレンタインというとチョコレートを思い浮かべる方もいるでしょうが、少し趣向を変えてドーナツを作ってみようかと考えているママもいるのではないでしょうか。バレンタインにドーナツを作った経験のあるママたちに、どのような理由でドーナツを選んだのか聞いてみました。

「毎年チョコレートを作っているので、今年は違うものにしたいと思いました。ドーナツならば子どもも大好きですし、いっしょに作りやすいかなと思いました」(30代ママ)

「子どもにあげることを考えたときに、チョコレートだと甘すぎるかなと思いました。ドーナツならば子どものおやつとしてももらって喜ばれるのではないかなと考えました」(20代ママ)

「子どもがお友だちにチョコレートをあげるときは、渡すまでの間に溶けてしまうこともありました。今年は溶ける心配のないドーナツにしようと子どもと決めました」(20代ママ)

バレンタインにドーナツを作ろうと考える理由はそれぞれあるようです。パパがチョコレートよりもドーナツの方が好きだからという理由で、ドーナツを作ろうと考えたというママの声もありました。あげる人のことを考えながら、子どもといっしょにドーナツ作りを楽しめるとよいですね。

バレンタインで作りたい簡単ドーナツ

バレンタインに子どもといっしょに作れるドーナツにはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちが実際に子どもといっしょに作ったドーナツと、簡単な作り方について聞いてみました。

抜き型で作る定番ドーナツ

ドーナツ
iStock.com/LauriPatterson

「油で揚げる定番のドーナツを作りました。子どもには材料を混ぜるところと抜き型を使って成型するところをやってもらいました。型で抜くのが楽しかったようで、もっとやりたいと言っていました」(30代ママ)

抜き型で輪っかの形にし、油で揚げる定番のドーナツを作ったというママがいました。ホットケーキミックスなどを使うと簡単にできるようです。油で揚げるときは子どもがやけどをしないように気をつけたというママの声もありました。

型なしで作るひとくちドーナツ

「型なしで、ひとくちサイズの丸いドーナツを作りました。子どもには生地を丸める作業をお願いしました。『お団子作り楽しいね』と言って、喜んで作っていました」(20代ママ)

型なしで作るひとくちサイズのドーナツを作ったというママがいました。丸める工程は子どもがやっても難しくなく、楽しい作業かもしれません。「おいしくなあれ」と唱えながら丸めている子どもの姿がかわいかったというママの声もありました。

オーブンで作る焼きドーナツ

「シリコン型がセットになっている焼きドーナツ用のキットを買ってきて、子どもといっしょに作りました。バレンタインらしく、中にチョコチップを混ぜたり、材料の中に溶かしたチョコレートを入れて作ることもでき、思っていたより簡単に作れました」(30代ママ)

焼きドーナツは材料を型に流し込みオーブンで焼くだけなので、子どもといっしょに簡単に作ることができるようです。焼きドーナツ用の型がセットになっている手作りキットなども売られているようなので、手軽に作りたい場合は活用してみてもよいかもしれませんね。

ドーナツのデコレーションのアイデア

バレンタインにあげるドーナツは、バレンタインらしくかわいくデコレーションして渡したいと考えるママもいるかもしれません。どのようなデコレーションをしたのか聞いてみました。

チョコレートでコーティング

ドーナツ
iStock.com/margouillatphotos

「シンプルなドーナツを作って、チョコレートでコーティングしました。ミルクチョコやホワイトチョコなどを使って何種類か作りました。でき上がったドーナツに溶かしたチョコレートをつけるだけなので、子どもでも簡単にできました」(30代ママ)

バレンタインらしさを演出するために、ドーナツをチョコレートでコーティングしたというママがいました。いろいろな色のチョコレートを用意すると、カラフルなドーナツができてよいかもしれません。あげる相手にあわせて、チョコレートのコーティングの量を調整できるとよさそうです。

チョコペンなどを使ったトッピング

「でき上がったドーナツに子どもがチョコペンでデコレーションしました。顔を描いたりハートを描いたりと、にぎやかなドーナツができました」(30代ママ)

「チョコレートでコーティングしたところにチョコスプレーをかけました。子どもなりにトッピングにこだわりがあるようで、一人でトッピングをがんばっていました。子どもの気持ちのこもった素敵なドーナツができました」(30代ママ)

ドーナツをチョコペンやチョコスプレーでデコレーションしたママがいました。チョコスプレーなどはかけるだけでカラフルに仕上がるので、子どもでも簡単にデコレーションすることができるかもしれませんね。

ドーナツをラッピングするときの工夫

バレンタインで作ったドーナツは、せっかくなら素敵にラッピングして渡したいですよね。ママたちはバレンタインに渡すドーナツをラッピングするとき、どのような工夫をしているのでしょうか。

小分け袋にシールを貼ってデコレーション

「シンプルで透明な小分け袋にドーナツを入れて、かわいいシールを貼ってデコレーションしました。シールを貼るのは子どもに任せました」(30代ママ)

「かわいいワックスペーパーにドーナツを挟んでから小分け袋に入れました。袋を留めるときにお気に入りのシールを貼ってアクセントにしました」(20代ママ)

小分け袋に入れて、シールやマスキングテープなどでデコレーションしたというママがいました。揚げたドーナツなどは油で袋が汚れることも考えて、ワックスペーパーなどで包んでから小分け袋に入れるとよいかもしれませんね。

紙コップに入れて袋詰め

「かわいい紙コップにひとくちサイズのドーナツを盛りつけてから袋に詰め、リボンやマスキングテープで口をとめました。かわいい紙コップを見つけることがポイントです」(30代ママ)

紙コップをラッピングに活用したというママがいました。普通の紙コップに子どもが絵を描いたり、メッセージを書いたりして、オリジナルのラッピングを楽しんだというママの声もありました。

棒を差してロリポップのようにラッピング

「ドーナツをキャンディ用のかわいい棒につけて、ロリポップのようにしてラッピングしました。見た目もかわいいし食べやすくもなると思いました」(20代ママ)

ドーナツを棒にさしてロリポップのようにしたというママがいました。ロリポップのようにしたドーナツをいくつかまとめてとめて、花束のようにして渡すのもよいかもしれませんね。

子どもとバレンタインにドーナツを作ってみよう

親子でお菓子作り
iStock.com/Milatas

バレンタインに抜き型やキットを使ったドーナツや、型なしで作るドーナツなど、さまざまなドーナツを作ったママの声がありました。誰にあげるのかを考えながら、デコレーションしたり、かわいくラッピングができるとよいですね。子どもといっしょに簡単に作れるレシピを見つけて、パパやお友だちなどに喜んでもらえるようなドーナツを作ってみてはいかがでしょうか。

2018年10月11日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事