子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

戌の日参りが赤口や友引だったら?日取りの決め方や妊娠中でも無理しないための工夫

戌の日参りが赤口や友引だったら?日取りの決め方や妊娠中でも無理しないための工夫

妊娠5カ月頃に行う戌の日参り、赤口や友引、先勝にあたる場合、どうしたらよいか悩むママもいるのではないでしょうか。腹帯を巻いて安産祈願をするなら、よい日柄を選びたい場合もあるかもしれません。大安以外の日に戌の日参りをする場合にはどのようなことを気にかけるとよいのでしょう。無理しないコツとあわせてご紹介します。

戌の日参りとは

妊娠して初めて「戌の日参り」を知った方もいるのではないでしょうか。戌の日参りの意味や何をするのかご紹介します。

妊娠中に行う安産祈願

戌の日参りとは、妊婦さんの出産が安産となるよう祈りを込めて行う習慣の一つのようです。「戌」は十二支の戌の意味を示し、12日ごとに1日戌の日がやってきます。犬の出産が比較的軽く一度にたくさん子犬が産まれることにあやかって、「戌の日」に安産祈願をするのが由来になったと言われているようです。

戌の日参りでは何をする?腹帯とは?

戌の日参りは、安定期に入った妊娠5カ月に行う場合が多いようです。神社や地域によって異なりますが、初穂料を支払いご祈祷を受け、安産祈願のお守りや腹帯をもらい、自宅で腹帯を巻いて安産祈願をする場合が多いようです。

ご祈祷は事前に受けて戌の日になったら自宅で腹帯を巻く方法や、自分で腹巻を用意しご祈祷の際にお腹に巻いていく方法もあるようなので、明確なルールはないのかもしれません。神社によって戌の日参りのルールも異なるようなので、事前に確認しておいてもよいでしょう。

戌の日参りが大安じゃないときは?六曜との関係

神社
iStock.com/Vincent_St_Thomas

安産を願う戌の日参りだからこそ、大安などの日柄を気にするプレママやプレパパもいるかもしれません。赤口や友引、先勝などに戌の日参りをしたい場合、どのようなことを気にかければよいのでしょう。六曜との関係についてご紹介します。

赤口(しゃっこう、しゃっく)

一般的に六曜ではあまりよくない日と考えられている赤口ですが、11時から13時までは吉とされているようです。神社などによって異なりますが、戌の日参り自体は数十分から1時間程度で終わるようなので、赤口であっても吉の時間帯を選び、戌の日参りをしてもよさそうですね。

先勝(せんしょう、さきがち)、先負(せんぷ、さきまけ)

先勝は「先んずればすなわち勝つ」という意味があるようで、午前中だけは吉と考えられているようです。先負は「先んずれば即ち負ける」と言われ、何事も焦らずに午後行うのがよいとされています。ご祈祷の予約をする場合、午前と午後どちらがよいか意識してみるのもよいかもしれません。

友引(ともびき)

「友を引く」という意味合いからお葬式などは避けられる友引ですが、お祝い事には当てはまらず、大安の次によい日柄と言われています。11時から13時は凶の時間帯と考えられているようです。午前中はゆっくりお宮参りの準備をしつつ、お昼を食べてからお参りに行ってみてはいかがでしょう。焦って行動することがないよう心掛けたいですね。

仏滅(ぶつめつ)

終日凶の時間帯と言われる仏滅では、お祝い事や勝負事には向いていないと考えられています。一般的に「仏も滅するような凶の日」とは言われていますが、ほとんどの神社ではご祈祷も通常通り行っています。戌の日参りと六曜は関係ないと考える場合もありますので、あまり気にしなくてもよいのかもしれませんね。

終日吉の時間帯とされる大安の日は、普段よりも混雑する神社も多いようです。戌の日参りは必ず大安の日にしなければいけないという決まりはありません。パパの予定やママの体調を優先しつつ、柔軟に対応してみてはいかがでしょうか。

戌の日参りで気にかけたいこと

妊婦さん
iStock.com/monzenmachi

妊娠中は、外出するだけでも大変だと感じるママも多いかもしれません。体調面も精神面も不安なく戌の日参りをするにはどうしたらよいのでしょう。事前に気にかけておきたいポイントをご紹介します。

ママの体調優先で

戌の日参りをする上で最も優先したいのが、ママの体調面ではないでしょうか。妊娠5カ月は安定期と言われていますが、つわりが続いていたり、お腹が頻繁に張る場合もあるでしょう。つらいと思ったら無理はせず、時間や日にちを改めるとよいかと思います。ママとパパ、お互いの両親といっしょに戌の日参りをする予定であれば、体調次第では日程を変更する可能性もあることを事前に伝えておいてもよいかもしれませんね。

移動手段

戌の日参りをする神社に特に決まりはないようです。自宅近くの神社でもよいですし、安産祈願で有名な神社を選んでもよいでしょう。神社を選ぶときにいっしょに考えておくとよいのが、神社までの交通手段です。

自宅から徒歩で行ける距離であったら、天候不良のときの交通手段まで考えておくとよいかもしれません。駐車場の有無やタクシーを利用する場合、連絡先やお迎えをどうするかまで決めておくと安心できそうです。

車で向かうなら、気持ち悪くなったときに休めるよう、道中休む場所があるかを事前に調べておくとよいでしょう。車の場合、妊婦さんの体調を考え、旦那さんなど、他の人に運転を任せてもよいかもしれません。渋滞しにくい時間帯を選んだり、高速道路の利用を検討してもよいでしょう。

電車の場合も車と同様で、混雑する時間はさけたり、人のにおいで酔いそうであればマスクを着用するなどの準備が必要かもしれません。スペースにゆとりをもって座れるよう、指定席などを利用してもよさそうですね。

待ち時間中の対策

神社や日程によっては、ご祈祷や参拝するまでに長時間外で待つ場合もあるようです。有名な神社などでは参拝するだけもで行列に並ぶ可能性も考えられます。妊婦であるママが休めるよう休憩所を設けている神社もあるようですが、満員で入れない場合もあるでしょう。ママの身体に負担がかからないよう、気候にあった服装ができるとよいかと思います。立っていても疲れにくい靴をはいたり、夏は冷たい飲み物、冬は温かい飲み物を持って行くのもよさそうですね。

待っている間も体調を優先し、気持ち悪さなどを感じたら休むよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

戌の日参りで無理をしないために

妊婦のママと子ども
iStock.com/kohei_hara

安産を祈願する戌の日参りは、お腹の赤ちゃんと初めて行うお祝い行事かもしれません。戌の日が赤口や友引、先勝だったりすると、お参りをやめようか悩む場合もあるかもしれませんが、必ずしも不向きというわけではないようです。妊娠中の体調を最優先に考えながら、家族で思い出に残る戌の日参りや腹帯をつけた安産祈願ができるとよいですね。

2018年09月20日

イベントの関連記事
カテゴリ一覧