子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

ハロウィンに子どもの仮装を手作り。女の子が喜ぶ簡単な仮装用衣装のアイデアや作り方

ハロウィンに子どもの仮装を手作りしようと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、女の子に人気の仮装、100均の商品などを利用した簡単な衣装の作り方、ハロウィンの仮装を楽しむためのアイデアについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

ハロウィンの仮装を楽しもう

ハロウィンには子どもと仮装をしてイベントに参加したり、家族でパーティーを楽しみたいとき、女の子にはかわいい仮装をさせてあげると大喜びしそうですよね。子どもは毎年身長が伸びるために仮装の衣装は1度しか使えないことも多いことから、100均などの手頃な値段のものを使って簡単に手作りできるとよいかもしれません。

実際に、女の子のママたちはどのような仮装を考えているのでしょう。

女の子に人気のハロウィンの仮装

女の子に人気のハロウィンの仮装はどのようなものなのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

プリンセス

「娘はプリンセスが大好きで、ときどき私のスカートをはいて『おひめさま!』と喜んでいるので、ハロウィンにはプリンセスの仮装をさせてあげました」(3歳児ママ)

「ハロウィンにはどんな仮装をしたいか娘に聞いたところ、『ふわふわしたドレスのプリンセスになりたい』と言ったので、100均の商品を使って手作りしました」(5歳児ママ)

女の子に人気のある仮装にプリンセスがあるようです。絵本やテレビに登場するプリンセスのドレスやティアラに憧れ、ハロウィンの仮装に選ぶのかもしれません。

魔女

魔女の仮装をする女の子
iStock.com/GOLFX

「うちの娘は魔女のお話が大好きだったので、ハロウィンの仮装は魔女にしました。黒い服だけでは物足りないと思い、髪に赤いリボンをつけてかわいい魔女にしてあげたところ、とても喜んでくれました」(5歳児ママ)

魔女も女の子に人気の仮装のひとつかもしれません。衣装だけではシンプルになりがちなので小物も揃えてあげられるとよさそうですね。

ぼうしとマント/KIDSNA公式チャンネル

「娘は最近猫が好きなようなので、ハロウィンには猫の仮装をしたいと言われました。猫の耳やしっぽをつけ、黒いチュチュのスカートを履き満足そうにしていました」(4歳児ママ)

ハロウィンには動物の仮装をしたがる子どももいるようです。かわいい猫は特に女の子に人気があるかもしれません。動物の仮装は、耳やしっぽなどをポイントに使った仮装もよいですが、着ぐるみのように全身をも包んだ仮装をしても楽しそうですね。

仮装用の衣装の簡単な作り方

ハロウィンの仮装の衣装や小物を手作りしているママもいるようです。簡単な作り方を聞いてみました。

チュチュのふわふわドレス

女の子のドレス
iStock.com/Oleg_Ermak

「手芸店でオーガンジーのカットクロスを何枚か購入して子ども用のチュチュを手作りしました。ウエスト部分のゴムに細く切ったオーガンジーを結ぶだけの簡単な作り方ですが、ボリュームも調整しやすく、子ども気に入ってくれました」(5歳児ママ)

「100均で白と水色の大きいサイズの水切りネットを購入し、チュチュのドレスを手作りしました。水切りネットを切って広げ、白と水色を適度に混ぜて縫いあわせたら、子どもが『本物のドレスみたい!』と喜んでくれました」(4歳児ママ)

チュチュのドレスに憧れる女の子は多いのではないでしょうか。他には、ウエストのゴムの周りにリボンをつけたら、一層かわいいドレスになったというママの声もありました。

魔女のマント

「家に大きな黒いビニール袋があったので、底部分の両サイドにリボンを通す穴を開けて簡単に魔女のマントを作りました。全体的にキラキラ光るスパンコールのシールを貼ってあげたら、娘がとても喜んでくれました」(3歳児ママ)

「黒い不織布を使って、子どもの身長にあわせて半円形に切ってマントを作りました。首に当たる部分にリボンをつけて簡単に羽織れるようにしたら、自分で着ることができると喜んでいました」(6歳児ママ)

魔女のマントは黒い布やビニールなどで簡単に手作りできるようです。黒一色では寂しいと感じた場合、リボンやシールを使って飾ってもよいかもしれません。手芸店で裏地用の黒い布を購入してマントを作ったら、ひらひらと風に揺れて子どもに喜ばれたというママもいました。

猫の耳としっぽ

「100均でカチューシャを購入し、厚紙にフェルトを貼って作った猫の耳をカチューシャに取りつけました。しっぽは100均のハイソックスに古布を詰め、リボンでウエストに巻きつけるように作りました」(4歳児ママ)

猫の耳やしっぽのセットも簡単に手作りすることもできそうです。手作りする場合は色や大きさなどについて子どもの希望にあわせて作ってあげられそうですね。ママのなかにはしっぽの中に古布で包んだモールを入れ、子どもが好きな形に曲げられるよう工夫したという声もありました。

ハロウィンの仮装を楽しむためのアイデア

ハロウィンの衣装をそのまま着ると物足りないと感じるママもいるのではないでしょうか。せっかく仮装するので、より本格的に近づけるとよいですね。実際にママたちに聞いた、子どもの仮装を楽しむためのアイデアをご紹介します。

つけ毛を使う

「プリンセスの仮装をするときに巻き毛があると華やかになると思い、100均でつけ毛を購入しました。リボンで留めてあげたら娘が大喜びしていました」(5歳児ママ)

ママたちは、仮装の衣装だけでなく髪型にもこだわることがあるようです。カラフルな髪色や、さまざまな髪型、ティアラのついたつけ毛などもあるようなので、衣装のイメージにあわせて子どもといっしょに選んでみてはいかがでしょうか。

子ども用のメイクをする

子ども用のメイクグッズ
Borisovstudio/Shutterstock.com

「最近は女の子用のメイクセットがあると聞き、おもちゃ屋さんで水で落とせるタイプのものを購入しました。衣装にあわせてアイシャドウや口紅をすることで子どもの気持ちも盛り上がったようです」(5歳児ママ)

女の子用のメイクセットはハロウィン以外にも使えそうなので、子どもの肌にやさしいものを選ぶとよいかもしれません。プリンセスなどのかわいい系だけでなく、魔女や動物のメイクのときに使ってもよさそうですね。

小物までこだわる

「魔女になりたいという娘のために、魔法の杖や空飛ぶほうきなどの小物も用意しました。魔法の杖は丸めた厚紙に木目のテープを巻いて手作りしてあげたところ、呪文を唱えて大喜びしていました」(4歳児ママ)

ハロウィンの仮装をするときには、杖などの小物にまでこだわるというママもいるようです。仮装の衣装にあわせて小物や靴、帽子などトータルコーディネートしてあげると、子どもはハロウィンをより一層楽しめそうですね。

手作りの仮装でハロウィンを楽しもう

ハロウィンを楽しむ親子
iStock.com/Kavuto


子どもが喜んでくれそうなハロウィンの仮装を手作りすることがあるようです。ママたちは、衣装や小物の作り方をさまざまなアイデアを考えたり工夫をしているようでした。女の子の好きなプリンセスや魔女の衣装などを100均の商品を使って簡単に手作りして、楽しいハロウィンをすごせるとよいですね。

2018年06月30日

イベントの関連記事
カテゴリ一覧