子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

7歳の七五三の髪型。日本髪のやり方やボブやロングで簡単にできるヘアアレンジ

7歳の七五三の髪型。日本髪のやり方やボブやロングで簡単にできるヘアアレンジ

7歳の七五三では、日本髪や編み込みなど、どのような髪型を子どもにしようか悩むママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ボブやロングヘアでできる7歳の七五三の髪型と自宅で簡単にできるヘアアレンジのコツをママたちの体験談を交えながらご紹介します。

7歳の七五三の髪型

7歳の七五三の髪型には、3歳の七五三のときとは違った雰囲気でアレンジしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。日本髪などの和風な髪型や編み込みなどの洋風な髪型など、さまざまな種類があり、どのような髪型にしたらよいのか悩むこともあるかもしれません。

今回は、ママたちが子どもの7歳の七五三の髪型に選んだヘアアレンジのやり方を、髪の長さ別にご紹介します。

ボブでできる七五三の髪型のやり方

7歳の七五三の髪型
Benoist/Shutterstock.com

子どもの髪の長さがボブなどの短い場合、どのような髪型ができるのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、ボブでできる7歳の七五三のヘアアレンジののやり方を聞いてみました。

編み込み

「前髪が長かったので、編み込みにしました。編み込みにした前髪は斜めに流し、逆サイドには鮮やかな色の花飾りをつけたら華やかな印象になりました」(30代ママ)

「両サイドの髪の毛を編み込みにして、大ぶりの髪飾りをつけました。編み込みと髪飾りを組みあわせたことで、ボブでもインパクトのある髪型にできました」(20代ママ)

前髪やサイドの髪の毛を編み込みにしてアレンジしたというママがいました。編み込みにあわせる髪飾りは、着物の色や柄にあわせると統一感が出てよかったというママの声もありました。

ハーフアップ

「自宅で簡単にヘアアレンジしたかったので、ハーフアップにしました。髪の毛の上半分を耳の上のラインでひとまとめにしてハーフアップにし、結び目に和柄の大きめのリボンをつけたら、伝統柄の着物にもよくあいました」(30代ママ)

「ハーフアップを作り、大きめの花飾りをつけました。結んだ髪の毛はカーラーで巻いて洋風なイメージにしました」(20代ママ)

7歳の七五三のときに、ボブでもできるハーフアップにしたというママもいました。正面から見たときも髪飾りが見えるように、結び目の位置を高めにするなど工夫するとよいかもしれません。

おかっぱ

「ボブでも簡単にできる髪型にしたいと思い、おかっぱに髪飾りをつけたシンプルな髪型にしました。華やかな印象になるように、髪飾りはお花がたくさんついたかんざしを選びました」(30代ママ)

「古典的なデザインの着物にあわせて、おかっぱにかんざしを刺しました。おかっぱは、短い髪でもコテで内巻きにするだけで完成するので簡単でした」(30代ママ)

ボブの長さを生かしてアレンジしたおかっぱは、自宅でも簡単にアレンジできるようです。シンプルな髪型なので、華やかな髪飾りを使うと印象が変わったというママの声もありました。

ロングヘアでできる七五三の髪型のやり方

子どもの髪が長い場合、簡単なまとめ髪のやり方を知りたいママもいるかもしれません。ママたちは、子どもがロングヘアの場合どのようにヘアアレンジをしたのでしょうか。

日本髪

7歳の七五三の髪型
iStock.com/Tjapan

「7歳の七五三は日本髪にしました。高めの位置でハーフアップにし、その下に残りの髪でポニーテールを作ります。ポニーテールの毛束を2つに分けて、それぞれ大きめのお団子を横に広げるように丸めて完成です」(30代ママ)

「日本髪風のアップヘアにしました。ボリュームを出したかったので、サイドと後ろ髪にすき毛を入れたのがポイントです。前髪はポンパドールにしてから後ろに流してまとめると、自分でも簡単に日本髪ができました」(20代ママ)

すき毛を使うことで、ボリュームが少なめの髪でも簡単に日本髪風の髪型にすることができるようです。普段なかなかする機会のない髪型なので、七五三のときには日本髪をしたいと考えるママもいるのかもしれません。

洋風アップ

「7歳の七五三の髪型は洋風アップにしました。両サイドの髪の毛は編み込みにして、後ろをカーラーで巻いてから高めの位置でまとめました。ボリュームが出て華やかな印象になりました」(30代ママ)

髪の長さをいかして、洋風アップにしたというママもいました。洋風の髪型は、髪飾りを変えるだけでドレスにも着物にもあわせやすかったというママの声もありました。

お団子ヘア

7歳の七五三の髪型
iStock.com/kaeru1126

「長い髪の毛をすっきりとまとめたかったので、お団子ヘアにしました。ポニーテールを作ってから、きっちりとしたお団子を作り、前髪はまっすぐ下ろしました」(30代ママ)

「髪をカーラーで巻いて、ポニーテールにしてからお団子を作りました。ふわふわした感じにしたかったので、お団子から少しずつ毛束を取り出してボリュームを出すようにしました」(30代ママ)

髪の毛を上で一つに丸めるお団子ヘアも、ロングヘアの女の子に人気の髪型のようです。お団子をきっちりまとめるか、ふわっとまとめるかでも印象が変わるのかもしれませんね。

自宅で簡単にできるヘアアレンジのコツ

7歳の七五三の髪型を、自宅でヘアアレンジするときは簡単にできる方法を知りたいママもいるかもしれません。自宅で簡単にできるヘアアレンジのコツをご紹介します。

つけ毛を使う

「自宅で娘の七五三のヘアアレンジをしたときには、カーラーを使う時間を短縮したかったので、つけ毛を使いました。髪を高い位置で結んで、そこにふわふわしたつけ毛をつけたら、簡単におしゃれな髪型が作れました」(30代ママ)

自宅で簡単にヘアアレンジをするために、つけ毛を使ったママがいました。長めのつけ毛を使ったら、ボブでも簡単にロング風のヘアアレンジをすることができたというママの声もありました。

スプレーやワックスを使う

「髪の毛が途中で落ちてくるとヘアアレンジするのが難しいのではと思い、スプレーとワックスで髪を固めながらヘアレンジしました。髪がきっちりまとまるので、アレンジしやすかったです」(30代ママ)

ヘアアレンジがしやすくなるように、スプレーやワックスを使ったというママもいました。髪を固めたことで、七五三が終わるまできれいな髪型をキープできたというママの声もありました。

7歳の七五三の髪型をアレンジしよう

7歳の七五三の髪型
iStock.com/Hakase_

7歳の七五三を考えるとき、簡単にアレンジできるやり方を知りたいママもいるのではないでしょうか。子どもの髪の長さがボブの場合や、ロングの場合で、できる髪型の種類もさまざまあるようです。簡単にアレンジ方法がわかると、日本髪などの難しそうな髪型に挑戦することもできるかもしれませんね。

2018年07月27日

イベントの関連記事
カテゴリ一覧