2歳の子どもの服。服のサイズや素材など選ぶポイント

2歳の子どもの服。服のサイズや素材など選ぶポイント

季節にあわせた服装の工夫

2歳の子どもへの服選びで、服のサイズや季節にあわせた選び方が知りたいママやパパもいるかもしれません。今回は、2歳の男の子や女の子に用意した春夏秋冬の服装と選ぶポイント、着替えたがらないなど2歳のこだわりにあわせた工夫についてママたちの声を交えてご紹介します。

2歳児への服選びでの悩み

2歳の子どもへの服選びで悩むママやパパもいるのではないでしょうか。実際に、2歳の子どもがいるママたちに服選びで気になることについて聞いてみると、服のサイズなど2歳児への服の選び方について知りたいという声の他に、子どもがなかなか着替えてくれないことへの悩みの声も聞かれました。

そこで、今回は2歳の子どもに服を選ぶときのポイントや着替えるときの工夫についてご紹介します。

【季節別】2歳の子どもに選ぶ服装

ママやパパたちは、2歳の男の子や女の子にどのような服装を選んでいるのでしょうか。ママやパパたちに聞いた、2歳児の服装について季節別にご紹介します。

春や秋

2歳児女の子のママ
季節の変わり目は寒暖の差があるので、秋などは薄手の半袖や長袖の服を着て、その上に気温にあわせてカーディガンやベストなどを羽織るようにしました。ボトムスは、伸縮性のあるレギンスをはかせることが多いです。
すごしやすい季節の春や秋は、公園などで外遊びなどをすることも多いかもしれません。春や秋の寒暖差にあわせて、薄手の服を重ね着するなど2歳の子どもに調節のしやすい服装を用意したというママの声がありました。

出かけるときは、ウィンドブレーカーなど薄手の上着を荷物に入れておき、肌寒いと感じたたときに、羽織るようにしているというパパの声も聞かれました。

2歳児女の子のママ
半袖のTシャツとひざ丈くらいのショートパンツですごすことが多いです。外で遊ぶときは、日差し除けのためにつばのついた帽子をかぶるようにしました。
夏の服装として半袖のTシャツの他に、タンクトップなどを2歳の男の子に用意したママもいるようです。2歳の女の子に半袖のワンピースなどを用意したというママの声も聞かれました。

冬服コーデ
Africa Studio/Shutterstock.com
2歳児男の子のママ
保育園に通っている2歳の男の子がいます。保育園の室内は冬でも暖房が効いているため、長袖のTシャツとスウェットパンツなどですごすことが多いかもしれません。

外遊びのときはしっかり防寒できるアウターを着ています。
屋外と室内の気温差にあわせて調節できる服装にしたママもいるようです。他にも、寒い日はトレーナーや裏起毛のズボンなど温かい服装を意識したというパパの声が聞かれました。

2歳の子どもに服を選ぶときのポイント

2歳の男の子や女の子に服を選ぶときのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

服のサイズ

2歳児男の子のママ
2歳の息子に選ぶ服のサイズは90cmを基準にしています。服のメーカーやデザインによって着たときのサイズ感が変わるので、タイトなTシャツなどは95cmの服のサイズを選んだこともありました。
2歳児女の子のママ
体が大きめの2歳半の娘に100cmのトレーナーを用意しました。お腹周りも太めなので、ズボンを買うときは服のサイズ以外にも、ウエストのゴムがきつくないかを確認するようにしています。
同じ2歳の子どもでもひとりひとり体型が異なるため、選ぶ服のサイズもそれぞれ違うようです。Tシャツやボトムスなどアイテムによって選ぶ服のサイズを変えているというママの声も聞かれました。

アウターなど上に着るアイテムなどは、普段の服のサイズよりワンサイズ大きめを選んでもよいかもしれませんね。

素材

2歳児男の子のママ
2歳の子どもに、綿など汗をよく吸う素材の服を選びました。食べこぼしで服が汚れることも多いのですが、しっかりした素材の服は洗濯しても伸びにくく、長く着られてよかったと思います。
2歳の男の子や女の子への服選びで、汗をよく吸うかや洗濯を重ねても傷まないかなど、素材を意識したママもいるようです。動きやすさや着心地なども考えながら、ズボンは伸縮性のある素材を選ぶようにしたというパパの声も聞かれました。

デザイン

さまざまな子ども服
Africa Studio/Shutterstock.com
2歳児女の子のママ
娘は、2歳になってからオムツ替えをしたがらないことがよくあります。サッとオムツ替えできるように、ズボンはゆったりしたデザインで脱ぎ着しやすいものを選びました。
2歳の服装でオムツ替えのしやすさを意識したママや、トイレトレーニングのために脱ぎやすいズボンを選んだパパもいるようです。2歳10カ月の女の子がいるママからは、ボタンに興味を持ち始めたので、つまみやすい大きめのボタンがついたカーディガンを選んだという声も聞かれました。

自分でやりたい気持ちなど子どもの成長にあわせることも、2歳児の服選びのポイントかもしれません。

2歳の子どもとの着替えの工夫

2歳の子どもをもつママたちからは、同じ服ばかり着たがるなど子どものこだわりにあわせることが大変だという声も聞かれました。2歳児との着替えをする場面で、ママやパパたちはどのような工夫をしているのでしょうか。

こだわりを受けとめる

2歳児女の子のママ
うちの娘は半袖のワンピースの服がお気に入りで、季節を問わず着たがることがあります。「今日は寒いから長袖の服にしよう」と声をかけても聞かないので一旦お気に入りの服を着てもらい、しばらくしてから「寒いから長袖を着ようか?」と声がけしたところすんなりと着替えてくれました。
お気に入りの服を着たいという子どもの気持ちを受けとめて、様子をみて他の服を提案したというママの声がありました。気持ちを受けとめてもらえることで、子どもも納得してママやパパの言葉を受け入れることができるかもしれません。

子どもに選んでもらう

2歳児男の子のママ
着替えのときに、服を2着用意して子どもに着たい方を選んでもらっています。息子の場合は、自分で選ぶことで着替えようという気持ちになるようでした。
事前にママが服を2着選んでおいて、そのなかから子どもに服を選んでもらったママもいるようです。子どもが選びやすいよう、服の収納を2歳の子どもの目線の高さにあわせているというパパの声も聞かれました。

2歳の子どもの服選びを楽しもう

2歳の子どもがいる家族
leungchopan/Shutterstock.com

2歳の子どもがすごしやすいように、春や秋には薄手の服を重ね着して温かさを調節できる服装にしたというママの声が聞かれました。2歳児との着替えでは、子どものこだわりの気持ちを理解してあげることも大切かもしれません。

2歳の子ども服には男の子用や女の子用にさまざまなアイテムがあるようなので、服のサイズなども意識しながらお気に入りのものが選べるとよいですね。

2020年01月20日

専門家のコメント
14
    あーちん先生 保育士
    自分で着脱ができたり、お気に入りの服があったりする時期ですね。

    ボタンのある服の場合は1人でする練習として大きめの物がいいと思います。ジャンバーのチャックなども1人で頑張ってできるようになるので、子どもが自分で着られるような服を心がけるといいと思いますよ(^^)
    なごみ先生 保育士
    自分でやりたがる時だと思うので着脱しやすいものがオススメです。あとは春や秋などはロンTにパーカーやウィンドブレーカーやカーディガンなど温度調整しやすい服を着せている方がいいでしょうね^ ^
    ゆか先生 保育士
    自分で自分での時期だと思うのでファスナーもボタンも大きくてつかみやすいものがいいと思います。
    服もピタッとしていたら着脱しにくいので余裕のあるものがいいと思います。
    すみっこ先生 保育士
    自分でやりたい!と何でもチャレンジする時期だと思います。むすめも、私が用意した服はイヤーと着てくれなかったり、急いでいるときても自分で着るまで動かない!なんてことも良くありました。そんなときにも余裕を持って見守るためにも着脱がしやすい洋服がオススメです。 娘は2歳頃にお気に入りのお洋服ができた頃で、写真を見直すと同じ服ばかり着ています😂💕💕
    せおみ先生 保育士
    着心地が良く、着やすいものを選ぶようにしていました。ゴワゴワしたズボンなどは嫌がって履いてくれなくなってしまいました。レギンスは年中使えます。伸縮性もあり履きやすく、動きやすいので、レギンスしか履いてくれないぐらいです。
    きらり先生 保育士
    2歳といえば、なんでもやりたい時期なので、自分で着脱がスムーズにできるものや、とにかくよく動く時期なので、動きやすい服をよく着ていましたね(^o^)また、我が家は、男の子なのでなかったのですが、女の子だとこだわりも出てくる時期ですね☆
    りお先生 保育士
    好きなキャラクターの服を好んできたがるようになる時期かもしれませんね!
    うちの子は、女の子たちはアンパンマンやワンワン、ウータンの服、
    男の子はトーマスの服を喜んで着ていたように思います!

    そして、最近2歳3ヶ月の末っ子は、自分で服を着たがるので、親としてはワンピースを着せたいのですが、履きやすいズボンを好むので、ズボンばかり履いてます笑。

    本人の着たい服を着るのが1番です!
    おまいおちゃん先生 保育士
    服の着脱が自分でできるようになったりする時期ですので、やりたいという思いも増すと思います。体にフィットするものより、やはりゆとりがあって着脱しやすいものがいいと思います。また意外とやりがちですが、子どもは大人より体温が高いので大人が考えるより洋服は1枚少なめでいいです。
    ぽんた先生 保育士
    服の前後がわかりやすいとか、着脱しやすいのとかが、自分でできる!の自信につながっていいですね(o^^o)ロンパースの肌着はできれば卒業したいところです。もし、着るならアトピーとかでお腹をかきこわしちゃう子とかの場合かな。少しずつ、肌着を、ズボンにしまうことも覚えていきたいですし、何よりトイレを考えると、ロンパースだと、パンツよりオムツって感じになってしまいます。トイレに行くのも面倒になりますし。。。
    めめ先生 保育士
    パジャマをボタンのものにして毎晩練習しました。
    うちの子は肌が弱いのでインナーはいつも綿のものを使用しています。
    とーち先生 保育士
    何でも自分でしたい時期だったので、着脱しやすい服を心がけていました。

    夏なら、少し大きめのTシャツに長ズボン。少し長めの短パン。

    長男が2歳の時は活発でよく転倒することが多かった為、膝が隠れるズボンにしていました。

    長女の時は虫にさされやすく、刺されるとすごく腫れ上がるので、長ズボンにしていました。

    冬も公園に行くなら活動しやすい服を心がけました。
    まあ先生 保育士
    2歳になると自分でやりたいという気持ちが強くなったり、自分で出来るようになることも多いのでゴム素材などの着脱しやすい服が良いかと思います。
    いちぽ先生 保育士
    2歳になると少しずつ自分で脱いだり履いたりもできるようになると思うので、子どもが自分で扱いやすい服をえらんであげると良いと思います。
    せおみ先生 保育士
    何でも、やってみたいが強い時期ですね。我が子もボタンができるようになって、自分のはもちろん、ボタン付きの服を着ている人を見つけるとボタンを付けに行っていました。急いでいる時は大人が手伝ってしまいますが、できるだけ時間に余裕を持ちゆっくり自分でできる時間をつくってあげたいですね。意欲がある時は成長する時なので。

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧