子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年03月04日

かわいいファーストシューズの選び方。大きさの測り方やデザインなど

かわいいファーストシューズの選び方。大きさの測り方やデザインなど

赤ちゃんが初めて歩いた日を記念する意味も込めて、ファーストシューズにはこだわりたいと考えるママはいるようです。今回はファーストシューズは何センチのものを選んだらよいのか、ハイカットやレザー素材のもの、名前入りなどのかわいいファーストシューズにはどのようなものがあるかなどについて調べてみました。

ファーストシューズはいつから?

赤ちゃんの成長はそれぞれであるため、ファーストシューズは何カ月から、という具体的な目安はないようです。多くの場合、赤ちゃんが自分の足で立ち上がり、数歩歩けるようになってからファーストシューズの購入を検討するママが多いようです。

赤ちゃんはすぐに大きくなっていくため、歩けるようになる前の段階で張り切ってファーストシューズを購入してしまうと、歩き出す頃には履けなくなってしまったというママの声もありました。

ファーストシューズは、記念として購入するママもいるようなので、用途に併せて買う時期を検討してみてもよいかもしれません。

ファーストシューズの選び方

ファーストシューズ サイズ
©Africa Studio - Fotolia

ファーストシューズを選ぶ際にはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか?ファーストシューズを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

大きさ

大きさの合っていない靴では、赤ちゃんはうまく歩くことができないでしょう。何センチのファーストシューズを選んでよいかわからない場合、赤ちゃんの靴のサイズ表を目安に考えるとよいかもしれません。

・新生児〜3カ月 8cm〜11cm
・3カ月〜6カ月 9cm〜12cm
・6カ月〜1歳半 11cm〜13cm

このように赤ちゃんの月齢に合わせた大きさの目安はあるものの、メーカーなどによって大きさが若干異なることもあるため、ファーストシューズを選ぶ際は店頭で足の大きさを測ってもらい、試着した上で購入した方がよさそうです。

通販などでの購入を考えている場合は、足の裏の縦横の大きだけを測るのではなく、甲の高さまで細かく測るのが正しい測り方のようです。「いずれ大きくなるから」と言って何センチか大きめのサイズを購入せずに、試着できない場合は正しい測り方で赤ちゃんの足に合った大きさの靴を選んだ方がよいでしょう。

ファーストシューズにはハイカット形の靴を選ぶママも多いようです。赤ちゃんは足首がまだしっかりとしていないため、足首やかかとをしっかりとサポートしてくれるハイカットの靴であれば歩きやすくなるようです。また、ハイカットの靴は靴のなかで足が前にずれるのを防いでくれる役割もあるようです。

ファーストシューズを選ぶ際は形にも気をつけ、赤ちゃんが履きやすく歩きやすい靴を選べるとよいですね。

素材

赤ちゃんはよく汗をかくため、ファーストシューズの素材にも注意した方がよさそうです。靴を履くことで赤ちゃんの足が蒸れてしまわないよう、靴の素材は柔らかく通気性のよいものを選んだ方がよいかもしれません。このような素材のものは足馴染みがよく、歩くのにまだ慣れていない赤ちゃんにも向いているようです。

赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ際は、ポイントを押さえた上でかわいいデザインのものを選べるとよいですね。

おすすめのファーストシューズ

実際に購入するとなると、かわいいファーストシューズにはどのような種類があるのでしょうか?

白のファーストシューズ

白い靴は赤ちゃんの性別を問わずに、どのような服にも合わせやすいためママたちに人気のようです。男の子であればスポーティーなデザインのものであったり、女の子であればリボンやお花のついたデザインのものなど、白い靴は合わせやすいだけでなく、かわいいデザインが豊富にあるのも嬉しいポイントかもしれません。

名前入りファーストシューズ

今まで抱っこしていた赤ちゃんが初めて地面を歩くのを記念して、名前入りのファーストシューズを選ぶのもよいかもしれません。店頭で名入れをしてくれるサービスがあるお店もあるようですが、最近ではインターネット上からでも手軽にかわいい名入れシューズを購入できるようです。

名前入りのファーストシューズを子どもが大きくなるまで大切に取っておき、20歳になった記念にプレゼントしてみると、親子で成長を感じられる素敵な思い出ができるかもしれませんね。

レザーのファーストシューズ

記念の靴だからこそ、あまりカジュアルではない靴を選びたいというママには、レザー素材のファーストシューズも人気なようです。かわいいレザーの赤ちゃん靴はたくさん売っていますが、最近ではママがレザーのファーストシューズを手作りできるキットなども多く販売されているようです。

海外では「ファーストシューズを玄関に飾っておくと、家に幸せを呼び込む」という言い伝えがある国もあるようです。

ファーストシューズはいつか必ず履けなくなってしまうときが訪れますが、ママの気持ちがこもったかわいいファーストシューズは、成長の証として飾ったり将来子どもへプレゼントできるという楽しみもあるようです。履けなくなってしまった後も、処分せずに大切に保管しておくのもよいかもしれませんね。

思い出に残るファーストシューズを

赤ちゃん ファーストシューズ
© Rasstock - Fotolia

赤ちゃんのファーストシューズは、何センチの大きさの靴を選んだらよいのか、測り方はどうしたらよいかなど、ママが疑問に思うことも多くあるかもしれません。

そのほかにも形はハイカットにするか、デザインは白や名前入りやレザーなどどんなものにするかなど、ママが考えることはたくさんあるでしょう。種類もいろいろとあるようなので、楽しみながら赤ちゃんのファーストシューズを検討してみてはいかがででしょうか。

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧