【基本は2つだけ】皮膚科医にきく幼児の肌ケア「子どもにリンス・保湿は必要?」

【基本は2つだけ】皮膚科医にきく幼児の肌ケア「子どもにリンス・保湿は必要?」

「子どもの肌はみずみずしい」、そう思っているママやパパも多いと思います。でも本当に大人よりもみずみずしくうるおっているのでしょうか。そこで今回は皮膚科専門医の馬場直子先生に幼児の肌の特徴と、正しい毎日のケア方法を教えてもらいました。

馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

中学生までは乾燥しがちでデリケート

角質層が薄く刺激に弱い

子どもの肌は、大人の肌に比べて薄いのが特徴です。肌の一番外側にあり、バリア機能を担う角質層という部分が大人よりも薄いのです。そのため外からの刺激にも弱いといえます。

皮脂腺が未熟で不安定

さらに、馬場先生によると「幼児期は、皮膚を乾燥や刺激から守る働きを持つ皮脂を分泌する皮脂腺が未熟です。だからちょっとした刺激でもすぐにトラブルにつながってしまう可能性があるんです」。

脂腺が成熟する中学生ぐらいまでは、乾燥しやすいと考えてください。

ご自身の子育て経験などもまじえながら、ママたちにやさしくアドバイスしてくれる馬場直子先生

肌ケアの基本はたった2ステップ

「子どもにスキンケアは必要?」と思っているママやパパも多いでしょう。でも、先に解説した通り、バリア機能が弱くトラブルつながりやすいので毎日のケアが必要になります。

馬場先生に、正しいスキンケアの方法を教えてもらいました。

ステップ1:「肌を清潔にすること」

まずは肌を清潔にすることがとても大切です。

肌を清潔に保つということは、具体的にどのくらいきれいにするのがいいのでしょうか。正しい方法をご紹介します。

低刺激のソープを選ぼう

入浴時は石けんで体をきちんと洗いましょう。特に肌トラブルなどで軟膏を塗っている場合は、1日1回は石けんで体を清潔にするのがポイントです。

子どもの肌がデリケートなことを考え、香料が少ないなどできるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。

しっかり泡立てて

泡だて
©   japolia – Fotolia

ボディソープや固形石鹸は必ず泡立ててから洗いましょう。泡立てずに直接塗ると、せっけんのつけすぎになり、肌を刺激することにつながります。

押すと泡状で出てくるボディソープを使うのもいいですし、やわらかいタオルを使って泡立てるのもいいでしょう。

こすらず「なでて洗う」

泡立てた石けんを体につけたら、なでるように手で洗いましょう。汚れをきちんと落としたいからと、スポンジなどでゴシゴシとこするのは、肌にダメージを与えるのでNGです。

子どもと一緒により入浴タイムを楽しみたいなら、やわらかい綿タオルで作ったミトンを用意。子どもの手と自分の手にはめて、お互いに「洗いっこ」するのもいいでしょう。

おまた、足のつけね、ひざの裏、首、わきの下は念入りに

おまた、足のつけねなど、肌が重なり合っている部分は洗い忘れが多い部位なので、必ず確認を。

また、ひざ裏やわきの下、あごの下の首部分は、くびれているため、汚れがたまりがちに。ていねいにこすらず洗ってください。

頭はシャンプーだけで十分

体の部位の中でも頭皮は、汗をかきやすく、皮脂が溜まりやすい場所。指の腹でしっかり頭皮と髪の毛を洗うようにしましょう。頭皮も体の洗い方と同じで、シャンプーはきちんと泡立てて使うことがポイントです。

また幼児はシャンプーだけで充分。リンスは中学生くらいになってからでいいでしょう。

特に忘れがちなのが耳の裏と後ろの首のつけね。汚れが残っていないか、シャンプーの流し残しがないかを確認してください。

湯船は38~40度が目安。長風呂に注意

熱いお風呂に入ると、肌の保湿成分が流出しやすくなります。また、お湯自体が肌にとって刺激になってしまうので、ダメージを与えることに…。

できるだけ湯温は38~40度を心がけて。また、「湯冷めさせたくないから…」と長時間お湯につかると、より肌が乾燥しやすくなるので、要注意です。

ステップ2:「保湿をきちんと」

洗った後はきちんと保湿をすることが大切です。子どもの肌の保湿方法をご紹介します。

入浴後5分以内に保湿を

入浴後の肌は時間が経つにつれてどんどん乾燥していきます。パジャマを着せたりする時間がありますが、できるだけ5分以内に保湿をしましょう。

保湿剤は低刺激で肌にあったものを

できるだけ低刺激や「子ども用」に作られている保湿剤を選ぶようにしましょう。

肌に合うかわからない場合は、サンプルなどを入手し、目立ちにくい腕の内側などに塗ってみるのもいいでしょう。

保湿剤の形状は好みや肌質に応じて選ぼう

ひと口に「保湿剤」といっても、ローションやクリームなどのさまざまな形状があります。

【保湿剤の形状と性質】

※水分が多め※
ローション

乳液

クリーム

軟膏
※脂が多め※

一般的に水分が多いのがローション。下にいくにしたがって油分が多くなります。

乾燥しやすい時期や乾燥しやすい部位は、ローション+クリームなど、重ね塗りして肌をバリアする方法もあります。

体幹→顔の順の保湿が〇

全身、保湿するのが基本です。まずはおなかやおしりなど体幹部分を保湿しましょう。その後下着を着せて、手足を保湿します。上着を着たら、最後に顔を。

この順で保湿すると、湯冷めの心配が少なくてすみます。

嫌がるときはおもちゃやテレビを活用

幼児期は動き回ってしまい、保湿させてくれない時もあるでしょう。その場合は、お気に入りのおもちゃやテレビで気をそらしてみて。その間に手早くをすませましょう。

全身の保湿するのが難しい場合は、顔や腕など露出部を優先的に。

ご飯の後も口もとを拭いたらこまめに保湿を

食事の後、口もとのたべこぼしなどを拭いたりする時も、こすらずになでるよう拭きましょう。

また、拭いた後はこまめな保湿を忘れずに。

大人よりもデリケートだからスキンケアは必須!

子どもの肌は、外からの刺激に弱くデリケートです。そのため、毎日のスキンケアが必要だということがわかりました。

基本のスキンケア法は「清潔」と「保湿」と簡単2ステップ

なので、忙しいママでも毎日続けることができそうです。きちんとお手入れして、いつまでも健やかな肌を保ってあげてくださいね。

次回は子どものUV対策について解説します。

監修:馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

滋賀医科大学医学部卒業 。横浜市立大学皮膚科講師を経て、1994年より神奈川県立こども医療センター皮膚科医長、2002年より現職。 横浜市立大学皮膚科臨床教授を兼任。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会 、日本臨床皮膚科学会会員。NHK「すくすく子育て」などにも出演。3人の子どもを育てた先輩ママでもある。

2017年04月11日

専門家のコメント
20
    なつみ先生 保育士
    子どもの体を垢が取れるようにとゴシゴシ泡だてたあと洗ってたので、今後は撫でて洗うようにした
    いちぽ先生 保育士
    泡タイプのボディーソープで優しく洗っています。
    体の汚れは流すだけでもおちるといわれている
    とーち先生 保育士
    アレルギー持ちの我が子は肌がとても敏感です。

    3歳ですが、ベビー用シャンプーの低刺激のも
    のんの先生 保育士
    我が家では、お風呂上がりにタオルでからだをふいてすぐに
    保湿剤をぬります!
    脱衣所でぬりま
    あー先生 保育士
    わたしのうちは乾燥肌家庭なので子どもも小さな頃から赤ちゃんでもつかえる保湿剤を塗っていまし
    とまと先生 保育士
    子どもの頃からの保湿が大切と聞いて、毎日保湿剤を塗っています。長風呂も乾燥の原因になるんで
    こと先生 保育士
    体を洗うときには、泡で出てくるボディーソープを使ってます😊✨赤ちゃんから大人まで使えるも
    まあ先生 保育士
    保湿が大切!とよく聞きますよね。保育園ではワセリンが万能薬という感じでした。お風呂上がりは
    すみっこ先生 保育士
    肌に合うものを見つけるのって大変ですよね。敏感肌ですぐに乾燥→痒み→傷ができてしまう…の繰
    とーち先生 保育士
    もう3歳の娘ですが、幼児用のシャンプーは洗浄力が強いのか乾燥してしまいます。なので、ベビー
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

  • 新型コロナウイルス対策として、入念な手洗いやアルコール消毒が日常となった昨今。例年に比べ、子どもの手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか。加えて、これから本格的な冬を迎えるため、乾燥によってさらに悪化の懸念も。今回は、子どもの手荒れについて、原因や症状、家庭で行うケアについて解説します。

    小西真絢(巣鴨千石皮ふ科)

  • 命に関わる重大な事故につながることもある子どもの誤飲。大人が目を離したすきに事故が起こることも多いため、目が行き届きにくくなる場面では注意が必要です。今回は、乳幼児期の誤飲について、起きてしまう原因、実際に誤飲してしまったときの症状や応急処置、家庭での対策について解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 病院を受診するべきか、救急にかかるべきか、正しい選択が迫られる子どもの急な発熱やケガなどの症状。コロナ禍の今、どのような対応が適切か悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの発熱やそれ以外の容態の変化などの際の救急を受診する目安と注意点、また保護者がとるべき対応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの歯並びに影響が出ないか気になるおしゃぶり。定番の育児グッズですが、いつからいつまで使用してよいのか迷うこともあるでしょう。今回は、おしゃぶりが歯並びに与える影響や効果、使う際の注意点、卒業の仕方について詳しく解説します。

    坂部潤(医療法人社団スマイルベア 小児歯科専門医 キッズデンタル)

  • 新しい生活様式で当たり前になった体温測定。体温測定は体温を測るところだけに目が行きがちですが、実は他にも意外な効果があるのです。教えてくれたのは、現役保育士のてぃ先生。親子で楽しく体温測定するポイントをお伝えします。

    株式会社ケイジェイシー

    PR

カテゴリ一覧