子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年01月11日

「ちょっとしんどい」は受診すべき?ママの黄色信号にお医者さんがアドバイス

毎日、家事や育児でクタクタで、なかなか疲れがとれない…。「何か病気かな?」「でも、何科に行けばいい?」「ちょっとしんどいぐらいで病院に行っていいのかな?」「人間ドック受けた方がいいのかな?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。痛みや怪我などのわかりやすい症状に比べて、漠然としていて放置しがち。そんな時どうしたらいいのか、お医者さんが解説します。

箕島みな

著者:箕島みな

内科医として約10年間地方の病院・診療所に勤務した後、現在は総合診療医として非常勤勤務しながら、二人の子どもの育児中

「ちょっとしんどい」も立派な受診理由

「ちょっとしんどい」だけで病院を受診するのをためらう方もおられると思いますが、「ちょっとしんどい」は専門用語で「全身倦怠感」といい、大切な症状のひとつです。

もちろん、「疲れているだけで、特に病気ではない」という場合もありますが、中には身体の病気や心の病気が隠れている場合があるので、医師の立場からすると「ちょっとしんどい」でも遠慮なく受診して頂きたいです。

病院と人間ドック、どっちに行ったらいいの?

人間ドックでも全身の検査ができますが、全額自費となります。

病院を受診していただければ健康保険が使えますので、人間ドックより安く検査ができます。まずは、病院や診療所の内科外来を受診することをおすすめします。

「ちょっとしんどい」、その原因は?

それでは、「ちょっとしんどい」と受診された場合、よくある病気をいくつか見てみましょう。

貧血

育児世代の女性に多いのは、貧血です。鉄分が不足しているだけでなく、中には胃潰瘍(胃潰瘍からジワジワと出欠し、貧血になる)や子宮筋腫(筋腫のせいで生理の出血が多くなり貧血となる)などの病気が隠れていることがあります。

甲状腺疾患

喉の前方にある「甲状腺」という臓器は、身体の活動性を司る「甲状腺ホルモン」を分泌します。このホルモンの異常で、疲れやくなる場合があります。血液検査でホルモンの値を測ることができます。

うつ病など、精神疾患

精神疾患の場合にも「しんどい」という訴えがよくあります。うつ病の場合は、「眠れない」「食欲がない」など、睡眠と食欲の異常が出ることが多いです。また、「朝がしんどく、夜は比較的元気」など、症状が一日の中でも変動することがあります。

その他にも、病気の可能性があります

可能性は低いかもしれませんが、感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍など、重大な病気が隠れている可能性もあります。どんな検査が必要かは医師が診察の上で判断しますので、ご心配でしたらぜひ病院を受診してください。

自己判断で、放置しないでくださいね

もちろん、「ちょっとしんどい」は病気ではない可能性もありますが、大切なのは、自己判断で長い間放置しないことです。

きちんと治療すれば良くなる病気が隠れている可能性もありますので、「ちょっとしんどい」が続く場合は(目安としては、2〜3週間以上続く場合は)、一度病院でご相談頂けると良いな、と思います。もちろん、「とってもしんどい」時には、すぐに受診を!

黄色信号を見逃さないで

家族のことに一生懸命で、自分の身体の不調は放っておきがちなお母さん。でも、大切なお母さんだからこそ、健康管理は大切です。

「ちょっとしんどい」は、大切な黄色信号。この機会に病院で検査を受けて、安心して「ちょっとしんどい」を解決できるといいですね。

著者:箕島みな

記事一覧

内科医として約10年間地方の病院・診療所に勤務した後、現在は総合診療医として非常勤勤務しながら、二人の子どもの育児中

関連記事
  • 「これって効くの?」お医者さんが考える、民間療法やサプリメントとの向き合い方

    世の中には病院での一般的な治療以外に、いろんな民間療法やサプリメントなどがあります。「頭が良くなる」「身体の調子が良くなる」「背が伸びる」「おばあちゃんの知恵」「自然派」…など、さまざまです。それは本当に効くのでしょうか?医師が考えてみました。

    箕島みな

  • インフルエンザ流行中!子どもの「のどが痛い…」をママが見てみる方法とは

    インフルエンザや風邪が流行しているこの季節、「のどが痛い」と感じたり、病院に行ったら「のどが腫れてますね」といわれることもあるのではないでしょうか。でも、この「のどが腫れる」ってどんな状態?家庭でも子どもの「のど」を見てあげる方法があるんです。今回はお医者さんがそのコツを解説します。

    箕島みな

  • お医者さんは聴診器で何を聞いているの?下着は新品じゃないと恥ずかしい?

    病院に行くと、聴診器を当てて診察してもらいます。でも、聴診器で一体、お医者さんはどんな音を聞いているの?病気を正しく診断してもらえるように私たちが気をつけられることはある?聴診器のいろんな疑問に、お医者さんがお答えします。

    箕島みな

  • 「ちょっとしんどい」は受診すべき?ママの黄色信号にお医者さんがアドバイス

    毎日、家事や育児でクタクタで、なかなか疲れがとれない…。「何か病気かな?」「でも、何科に行けばいい?」「ちょっとしんどいぐらいで病院に行っていいのかな?」「人間ドック受けた方がいいのかな?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。痛みや怪我などのわかりやすい症状に比べて、漠然としていて放置しがち。そんな時どうしたらいいのか、お医者さんが解説します。

    箕島みな

  • 命に関わることも…。お医者さん夫婦が実践する、子どもの誤飲防止策とは

    いつも注意していても、ほんの少しだけ目を離した隙に、思わぬことをしているのが子どもです。中でも、誤飲(ごいん)は、物によっては命に関わるので、誤飲しやすい物は子どもの手が届かない場所に配置を変える、といった配慮が大切です。さて、夫婦でお医者さんの著者の家で、特に気をつけて配置を変えたアイテムは何だったのでしょうか?誤飲してしまった時の対処法とあわせてお読みください。

    箕島みな

  • ノロウイルスの消毒は普通と違う!医者が教える、家での消毒・手洗い法

    前回は、嘔吐下痢症になったときの上手な水分補給について解説しました。さて、家族が嘔吐下痢になると、家が嘔吐物で汚れますよね。そして、この嘔吐物や下痢便を介して、ウイルスは他の人に感染していきます。今回は、嘔吐下痢になったときの家での消毒について、特にノロウイルスの場合を見てみましょう。

    箕島みな

カテゴリ一覧