【小児科医監修】近年増加の川崎病。症状や原因、後遺症や再発するのか

【小児科医監修】近年増加の川崎病。症状や原因、後遺症や再発するのか

治療や遺伝の影響はあるの?

主に4歳以下の幼児が発症する、川崎病。発病すると重い症状の出る川崎病ですが難病なのでしょうか。近年増えてきている川崎病の原因や特徴的な症状を解説します。保護者が気になる遺伝要素や再発率、後遺症、うつるのかなどについても述べています。また、川崎病の治療法もあわせてご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

川崎病とは

川崎病は、主に4歳以下の幼児がかかることが多く、なかでも1歳での発病が最も多い病気です。女の子より男の子の方がかかりやすいようで、男子の発症率が女子の1.5倍です。

川崎病は難病指定はされていない病気ですが、原因は、はっきりとは解明されていません。

遺伝的な影響や、ウイルスや細菌の感染を防ごうと免疫反応が起こって、全身の血管に炎症が生じているのではないかと考えられています。

川崎病の症状について詳しくみていきましょう。

症状

「イチゴ舌」「発疹」「両目の充血」「手足の腫れ」「突然の高熱」「首のリンパ節の腫れ、痛み」は川崎病の6大症状といわれています。

しかし、全ての症状がでない場合もあります。

イチゴ舌

イチゴ舌
Lukassek - stock.adobe.com
イチゴ舌は、舌の表面がイチゴのような赤くブツブツした状態になります。唇が乾燥してひび割れて真っ赤になり、出血が見られることもあります。

全身の発疹

形や大きさがバラバラで、赤みのある発疹が全身に現れます。手足や、オムツが当たる股の部分に発疹が見られることが多いようです。

両目の充血

目の充血は、症状が出始めの1週間に見られることがほとんどです。

突然の発熱

体温計
Emotional design/stock.adobe.com
川崎病の発熱の特徴は、突然38~40℃くらいの高熱が出て、その高熱が5日以上続く点です。その後上がったり下がったりして3週間程度続くこともあります。

手足の腫れ

手足は赤くなったり、腫れたりします。熱が下がると手足の皮膚がむけることもあります。

首のリンパ節の腫れ

首が痛み、耳の下の首の中央、リンパ腺上が腫れる症状が見られると川崎病の疑いがあるかもしれません。

年長児頃に発症すると、首のリンパ節の腫れと発熱は、発疹より先にみられることがあります。これらの症状があるときには川崎病の可能性もあります。

川崎病は遺伝するの?

赤ちゃんの顔
Christophe Testi/Shutterstock.com
川崎病は、日本人の病例が多いために遺伝的な影響も考えられていますが、川崎病が遺伝的な要素でかかるのか、遺伝的要素がないのかはっきりとは証明されていません。

ただし感染する病気ではないため、川崎病患者といっしょの部屋で過ごしたり、遊んだりしてもうつることはありません。

川崎病の再発率

川崎病を再発する確率が気になるママもいるでしょう。

川崎病にかかった患者の4.2%が、数カ月から数年後に再発しているという報告があります。なかでも、3~4歳までの年齢の患者の間で再発の報告が多いのですが、6歳を過ぎると再発率はぐっと減るようです。

早期発見、早期治療をすると、再発はレアケースとなるようですが、再発を抑えるためにも一度川崎病にかかったら、完治後も定期的な検診が必要です。

川崎病の後遺症

川崎病をそのまま放っておいたり、正しい治療を受けないと、心臓の冠動脈に後遺症が残ることがあります。冠動脈に瘤ができやすくなるため、将来、冠動脈が狭くなったり、冠動脈が拡大したりして急性心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患を引き起こす恐れがあります。

川崎病自体は難病指定はされていません。しかし川崎病から心臓と血管の障害になった場合には「川崎病性冠動脈瘤」という合併症と診断されます。「川崎病性冠動脈瘤」は、小児特定慢性疾病に認定されている重い病気です。そのため川崎病の発症後は、数年間専門医による観察が必要とされています。

川崎病は正しい治療が必要

川崎病と診断されると原則として入院して治療をする必要があります。症状のピークが2~3週間頃なので、だいたい2週間から3週間は入院することになります。

では、川崎病はどのような治療を行うのでしょうか。

アスピリン療法

血管の炎症を抑える効果と血液を固まりにくくするアスピリンという薬を投与します。川崎病の診断が早期の場合、アスピリン療法で効果が得られれば、この治療法のみで済む場合もあります。

免疫グロブリン療法

全身の炎症を抑えて冠動脈の合併症を防止するために、免疫グロブリン製剤を静脈内に点滴をする治療法です。川崎病の発症から5日以内に、免疫グロブリン療法を始めると、冠動脈への合併症のリスクを減らすことができます。

ステロイド

アスピリン療法と免疫グロブリン療法で効果が見られないときには、ステロイド薬を併用しての治療を行います。免疫グロブリンと併用すると、冠動脈への合併症のリスクが減らせます。

血漿交換療法

症状や治療の経過によって、血漿交換療法を行う場合があります。血液内の原因物質を取り除き、健常な血しょうに置き換え、血液中の血漿だけを交換する方法です。

川崎病は、症状が改善し合併症が見られなければ、基本的には自宅療養になります。

ただし、治療後2~3ヶ月間はアスピリン薬を服用し続け、退院後も定期的な検診が必要になります。

早期治療が後遺症のリスクを減らす

診察を受ける男の子
iStock.com/kuppa_rock
川崎病にかかるのは、遺伝的な影響も考えられていますが、うつる病気なのか、免疫疾患なのかなど原因については、まだはっきりとわかっていない原因不明の病気です。

難病指定されている病気ではありませんが、正しい治療をしないと、川崎病性冠動脈瘤や急性心筋梗塞、狭心症などの重大な合併症を引き起こし、後遺症が残る恐れがあります。

再発の可能性もあるため、川崎病にかかったら、早期治療がとても重要で、症状が改善してきても経過を見ながら定期的な検診が必要です。

子どもの将来のためにも川崎病かもしれないと思う症状が見られたら、すぐに受診することが大切です。早期治療で後遺症や再発のリスクを減らしましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2020年03月23日

専門家のコメント
56
    すみっこ先生 保育士
    根気よく治療がいる病気、長年に渡って定期検診がいる病気でも
    難病指定でないものもあります。
    こと先生 保育士
    川崎病は聞いたことありましたが、症状まで知りませんでした!高熱が出たら病院、そして高熱が続
    ゆか先生 保育士
    友達の子どもが川崎病を発症しました。
    幼稚園になった頃も定期的に受診していました。
    川崎病
    ゆきな先生 保育士
    この子が川崎病?!っていうこたくさんいます。高熱が続く事はほんとに心配ですよね、一つの病院
    すー先生 保育士
    周りにも何人か川橋病のお子さんがいます。最近多いんですね。定期的に検診に行ったり、入院した
    のの先生 保育士
    入園前の個人面談で、川崎病をやりましたと聞くことがあります。普段はみんなと全くかわらないの
    まあ先生 保育士
    保育園にも川崎病の子がいましたが、近年増加中ということはこの記事で初めて知りました。高熱が
    あーちん先生 保育士
    詳しく知らずにいましまが、園の子でいたので、自分で調べました。風邪も心配ですが、よく知らな
    せおみ先生 保育士
    園児でも川崎病になった子がいました。風邪で何日かお休みをしていたら、川崎病だったと入院して
    おはぎ先生 保育士
    この記事を見て初めて知りました。自分の子がなった時や対応の仕方を理解しておくことも大切です
    わい先生 保育士
    保育士になったとき、川崎病?歴史の授業でならったやつ!?と今もある病気であることを始めて知
    こいまま先生 保育士
    見た目はとっても元気な子が突然、川崎病と診断されたことがありました。
    その子は大きくなるに
    ひで先生 保育士
    川崎病は保育士していると見ている子どもが年度に一人くらいかかってしまいます、普段からしっか
    みきや
    @ひで先生さん
    そんなに頻度高く見られるんですね… ママもパパも忙しいとは思いますが、すぐに専門家に診てもらいたいですね。
    あゆさ先生 保育士
    友人が幼い頃に、川崎病になったと聞きました。

    治りにくい、先が不安など、マイナスなイメー
    のんの先生 保育士
    子供が病気にかかることは、親としてとても辛いですよね。
    忙しいかったりすると思いますが、子
    はなこ先生 保育士
    本当に身近なお友達の子が何人かかかりました。原因不明の病気。大事には至りませんでしたが、高
    かんな先生 保育士
    原因がわからないと言われてかなりの年数が経ちますが、保育園でも 
    クラスに経験した子どもが
    めい先生 保育士
    川崎病って最近多いんですね。4歳以下の子に多いことも知りませんでした。思っているよりも身近
    ぷん先生 保育士
    園児さんの中にも川崎病にかかったことのあるお子さんがおり、熱が出た場合はすぐ教えて下さいと
    りお先生 保育士
    川崎病、まわりでかかって入院した子を何度か見ました。
    原因がわからず、子どもも親も辛いです
    ぬーぴー先生 保育士
    川崎病と診断された子を数名見たことがあります。診断基準もはっきりしたものがなく、特徴的な症
    さと先生 保育士
    この病気を発見した医師の名前を取って川崎病と名づけられました。
    川崎市の公害が関係している
    なつまる先生 保育士
    既往症のところに、
    川崎病って書いてあって入園してくる子もいましだ、その子はわりと軽症だっ
    あゆみ先生 保育士
    川崎病、合併症や後遺症、再発が怖いですね。子どもの様子をよく見て、早めの受診が大切ですね。
    こうじん先生 保育士
    コロナの症状のひとつに川崎病のようなものがあると聞き熟読しました。保育現場で、子どもたちの
    いちぽ先生 保育士
    クラスの男の子で川崎病にかかった子がいました。
    治る病気ではありますが、しばらくは年に一度
    ぽんた先生 保育士
    川崎病、最近、コロナのニュースでもよく出てきますよね。発症すると、治療も大変なようです。と
    まい先生 保育士
    川崎病は怖いですよね
    あまり聞かないですが、結構大変な病気です
    入院も必要になるので根気強
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧