【小児科医監修】3歳児が熱を出したときの対処と解熱剤を使うタイミング

【小児科医監修】3歳児が熱を出したときの対処と解熱剤を使うタイミング

元気があるときの受診の目安など

3歳の子どもが熱を出す前によくみられる仕草や行動、熱があるけれど元気なときの病院に行く目安を解説します。また、子どもの熱が下がらないときの正しいホームケア法と解熱剤(熱冷まし)を使うタイミングや、熱が下がらないときの病院への再受診の目安についてもご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

3歳児の発熱の理由

子どもの発熱の原因は、風邪が多く、原因としてはウイルスがほとんどです。

病気以外では、暑い日や急に気温が上がったときに水分を十分に取らず、帽子をかぶらないで長時間外で遊ぶと熱中症になって熱が上がることがあります。

ストレスが原因で熱が出る場合がありますが、3歳児の発熱の理由としてはまれでしょう。

発熱前に見られることの多い仕草

1日のなかでも、朝より夕方からの方が熱が高くなる傾向があります。

3歳くらいの子どもになると、体調がよくないことを言葉で伝えられる子もいます。しかし体調が悪いときには口数が少なくなったり、気持ちが言葉にならない子も多いようです。ママやパパが普段から子どもの様子をよく観察して「いつもと違う」と体調の変化に気づいてあげることが必要です。

3歳の子どもに多い発熱する前の仕草や行動はどのようなものでしょうか。

反応が鈍い

何度か呼びかけないとママやパパ、お友だちなどからの声かけに気づかなかったり、返事が返ってこないなど、反応が鈍いときには発熱する兆候かもしれません。視線が合わず、目がうつろでぼーっとしている時間が長いときにも要注意です。

機嫌が悪い

ぐずる子ども
iStock.com/maroke
ずっとぐずっていたり、いつもは泣かないようなことで泣くときには、これから子どもが発熱するサインかもしれません。

食欲が落ちる

普段より食べるペースがかなり遅かったり、食べる量が少なかったり、好きな食べ物を残すときには体調が優れない証拠かもしれません。

子どもが食べられるものをゆっくり食べさせて様子をみましょう。

室内遊びが増える

いつもは体を動かして遊ぶことを好んでいる子どもでも、熱が出る前は、絵本を読んだり、ブロック遊びなど室内遊びが中心になり、ゆっくり過ごしたがることがあるようです。遊びの途中で、寝そべる場面が増えるときも熱が出る前兆かもしれません。

熱で受診するときの目安

熱があっても、子どもの機嫌がよく、水分や食事がとれていて、発熱以外の症状がひどくないときには、すぐに病院を受診せず様子をみてもよいです。

しかし、熱がそんなに高くなくても水分がとれず、ぐったりして元気がないときには早めに病院を受診するようにしましょう。3歳児は、急激な発熱で熱性けいれんを起こすこともあるので注意が必要です。

熱の高さではなく、尿が出ているかや、水分がとれているかなど子どもの状態をよく見て判断することが大事です。判断に迷うときは小児救急相談(#8000)に電話をして指示を仰ぎましょう。

発熱時の対処法

子どもの発熱
iStock.com/

3歳の子どもが発熱したときの対処法をご紹介します。

水分補給はこまめに

発熱したときは、いつも以上に汗をかくので、体の水分が失われやすくなります。汗や尿、唾液などが出ているかよく観察しましょう。

子どもが脱水症状を起こさないように水分をこまめにとることが大切です。幼児用イオン水や経口補水液もおすすめです。水分の代わりにシャーベットや果物をあげてもよいですが、下痢をする可能性もあるので注意しましょう。

温度調節をする

子どもの手足が冷たいときには、これから熱が上がる可能性があります。子どもが寒がっていたり、震えているときには厚着をさせ、熱で暑がっているときには、衣類を1枚脱がせて子どもが心地よく感じられる温度調節を意識しましょう。

子どもが嫌がらなければ、タオルで包んだ保冷剤で首や脇、足の付け根などを冷やすのもよいですね。エアコンを使って温度調節するのもよいですが、直接風が当たらないように注意しましょう。

消化のよい食べ物を選ぶ

熱があるときには無理に食べさせなくてもよいです。

食欲があれば、おかゆやうどん、豆腐やバナナ、ゼリーなど消化がよく、子どもが食べられるものを与え、熱が下がってきたら、野菜スープや雑炊などで栄養をとるのもよいでしょう。

入浴は子どもの様子で見極める

入浴は、大人が思っている以上に体力を使います。入浴によって、子どもが熱をあげる場合もあります。入浴後は特に脱水症状に注意が必要なので、発熱時は湯船に浸かるのは控えましょう。

しかし、熱があっても子どもが元気で、汗をかいているときにはシャワーを浴びる程度なら大丈夫です。咳や嘔吐があったり、ぐったりして元気がないときにはシャワーもやめておくほうがよいでしょう。

解熱剤(熱冷まし)を使うポイント

子どもが熱で苦しんでいると心配になり、どうにかして早く熱を下げてあげたいものです。

しかし解熱剤(熱冷まし)は、一時的に熱を下げて身体を楽にすることはできますが、病気の根本を治す薬ではありません。熱を早く下げたいからとすぐに解熱剤(熱冷まし)を使うのではなく、高熱で睡眠や水分、食事がとれないときにのみ、解熱剤(熱冷まし)を使いましょう。

解熱剤(熱冷まし)を1度使ったときには、次の使用まで、6時間以上あけるなど正しい使用方法を守ることが大切です。

再受診の目安

処方薬を飲んですぐに元気にはならないときもあります。病院から処方された薬でも熱が下がって元気になるまでに時間がかかることもあります。かかりつけ医の指示どおり、治療を続けることが大切です。

処方薬を飲んでいても、熱が3日以上続く場合は、元気であってもほかの病気に感染しているかもしれないので、再受診しましょう。水分が取れない、おしっこが出ないなどのときも受診が必要です。

サインを見逃さず、正しいケアで熱を下げよう

熱の子どもを看病するママ
iStock.com/kiankhoon
子どもの熱が続くとママやパパも不安になりますよね。

3歳程度になると、普段は話すのが上手な子もいますが、体調不良のときに自分で症状を説明するのはとても大変なことです。

子どもが熱を出すときには、機嫌が悪くなったり、食欲が落ちる、視線が合わず、反応が鈍くなるなど普段とは違う様子が見られることも多いです。子どもの様子やちょっとした仕草をよく観察することが大切です。

熱が下がらないときには、まず適切なホームケアが重要です。すぐに解熱剤(熱冷まし)を使用せず、熱で子どもが水分や睡眠をとれないときに解熱剤(熱冷まし)を使いましょう。

発熱時の正しい対処法で子どもが早く元気になるように努めましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2020年02月27日

専門家のコメント
52
    ゆう先生 保育士
    急な発熱時のお家での対応方法として、一番良いのが氷嚢、水枕などによる冷やすことです。
    おで
    めるちゃん先生 保育士
    子どもの発熱はとても焦ります。発熱時に脇を冷やすと良いと知り、脇用の保冷剤グッズを購入しま
    せんせい 保育士
    急な発熱、しかももう病院がやっていない時間帯とかだとかなりあせりますよねかなり焦りますよね
    はなばたけ先生 保育士
    参考になります。 ( ^_^ ) 解熱剤を使用するタイミングを今一度確認したいですよね、あ
    すー先生 保育士
    子どもが熱を出したときは、とりあえず水分を多めにとらし元気があれば様子を見ています。熱さま
    ゆか先生 保育士
    熱が出たときは他にどんな症状があるのか確認します。

    それによって早急に病院へつれていった
    かよう先生 保育士
    食欲が落ちたり、いつも外遊びが多いのに室内遊びが増えたり、1度で声が届かないなどのは体調が
    とーち先生 保育士
    発熱の時はすぐに解熱剤は使わず、水分を多めにとって様子を見ます。

    夜、熱にうなされて寝れ
    おはぎ先生 保育士
    娘が熱性けいれん持ちで何度か救急車にお世話になりました。その時聞いたのが、首の後ろを冷やす
    なごみ先生 保育士
    水分補給はこまめにして、脇に冷えピタを貼って対応してます。熱が出るのは体に入ってきたウイル
    さと先生 保育士
    医師からは熱の高さよりも、元気かぐったりしているかどうかが大事と言われました。
    39度でも
    すみっこ先生 保育士
    熱があっても遊ぶ元気があるときは様子を見ます。
    ぐったりしていたりぼーっとしていりしていな
    せおみ先生 保育士
    我が子も熱が出る前は機嫌が悪くなります。3歳はあまり昼寝をしないのですが、寝てしまった時や
    りお先生 保育士
    基本的には安静にすることが1番だと思うので、すぐに病院に行くのではなく、自宅で様子を見るの
    めめ先生 保育士
    子どもは熱があっても元気なこともわりとあるので元気があれば解熱剤は使わなくてもいいとかかり
    ちぃ先生 保育士
    急な発熱焦りますよね。
    氷枕で頭を冷やすこと、脇を冷やすことが大切ですね。それも嫌がる場合
    りり先生 保育士
    熱があっても食欲と元気があれば様子を見ます。大体、次の日には下っていたりする事がおおいです
    ぽんた先生 保育士
    最近、保育園へ市から通達があり、冷えピタの類は、効果はほとんどなく、赤ちゃんが口に入れたり
    ぽんた先生 保育士
    解熱剤は、熱で眠れないとか、食欲が落ちまくっているのを楽にするために飲むといいです。よく、
    ひまわり先生 保育士
    氷嚢を首の後ろや脇の下など太い血管のあるところを冷やすといいですよ。
    シート状になっている
    のんの先生 保育士
    基本解熱剤は使いません。
    またウィルスによっては使ってはいけない家熱剤などもありますので、
    まい先生 保育士
    子供は熱をこもりやすいので直ぐに熱が出ることもあります
    だから、ぐったりしているか、食欲は
    みき先生 保育士
    寒がっている時は頭は冷やしつつ体はお布団をかけてあたためてあげるようにしています。
    解熱剤
    いちぽ先生 保育士
    子どもの急な発熱は焦りますよね。
    40度近くあると、脳に影響があるんじゃないかと心配になっ
    みー先生 保育士
    息子は熱があっても元気で「おかしいな」と気づいた時には39.0ちかくある子でした。
    食欲が
    ろろ先生 保育士
    基本的には小児科医の指示で解熱の座薬を使用していましたが熱性けいれんを持つ子には37.8を
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧