【小児科医監修】子どものいびきは病気?潜んでいるトラブルや受診の目安

【小児科医監修】子どものいびきは病気?潜んでいるトラブルや受診の目安

子どもがいびきをかく原因や治療法

子どものいびきを心配しているママもいるかもしれません。毎日いびきをかくわけではないけれど、週に数回かくいびきを放っておいてよいのでしょうか。子どもがいびきをかく原因や治療法、いびきで病院を受診する目安について詳しく解説します。

千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

子どもはいびきをかく?

赤ちゃん 
leungchopan/Shutterstock.com
大人も疲れた日にいびきをかくことがありますよね。子どもでもいびきをかく場合もあり、たくさん運動した日の子どものいびきは、疲れが原因となっているので心配する必要はないでしょう。

しかし、激しいいびきをかいたり、毎日いびきをかくときや眠っている間の呼吸が苦しそうなときは、鼻やのどにトラブルを抱えている可能性があるので注意が必要です。

いびきがひどくて十分な睡眠がとれない場合、昼間の活動低下、不機嫌、おねしょ、成長障害、注意欠陥多動性障害、学習障害などの症状が現れることがあります。

子どものいびきの原因

いびきとは、睡眠中に何らかの原因によって気道が狭くなり、呼吸するときに粘膜が振動して、異音や大きな音がでることです。

子どもがいびきをかくときは、以下の原因が考えられます。

寝ているときの姿勢

寝ているときの姿勢によって、気道が圧迫されていびきをかくことがあります。

鼻が詰まっている

鼻が詰まってると、口呼吸になります。口を開けて寝ると、舌がのどに落ち込み、気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

子どもの鼻づまりの原因として多いのは、風邪、アレルギー性鼻炎(花粉症やハウスダストアレルギー)、副鼻腔炎(ちくのう症)などです。

扁桃肥大・アデノイド肥大

のどには扁桃と呼ばれるリンパ組織があります。扁桃肥大は舌の奥、のどちんこの両側にある口蓋扁桃が肥大する病気、アデノイド肥大はのどからは見えない部分にある咽頭扁桃(アデノイド)が肥大する病気です。

口蓋扁桃、アデノイドが大きくなりすぎると、鼻の奥や気道が塞がれてしまいいびきの原因になることがあります。肥大の程度によっていびきの症状が強くでることもあり、扁桃肥大、アデノイド肥大は子どものいびきの原因になりやすい病気です。

専門家も以下のように言っています。
扁桃肥大やアデノイド肥大がイビキの原因の可能性があります。この場合は手術の適応があると思います。耳鼻科で診察を受けると良いと思います。
出典: AskDoctors

いびきで病院を受診する目安

いびきで以下のような症状がみられたら病院を受診しましょう。
  • いびきが週3回以上ある
  • 周囲が気になるくらい、いびきの音が大きく苦しそう
  • 寝ているときに呼吸が不規則、または数秒止まることがある
  • いびきとともに胸がへこむ
呼吸が止まるほどの激しいいびきや大きないびきは、扁桃肥大やアデノイド肥大が原因かもしれません。睡眠時無呼吸症候群を発症している可能性があります。

いびきに伴い胸のへこみなどの様子がみられるとき速やかに病院を受診しましょう。

また、「いつも口が開いていたり、普段から口で呼吸している」「鼻水、咳の症状が続いている」ときも受診が必要です。

子どもはのどや鼻の構造がもともと狭く、鼻水の症状があるときにいびきをかくことがよくあります。鼻づまりや鼻炎が原因となっているいびきは、一過性のものなので、あまり心配はいりませんが、原因を取り除くために受診し正しい治療をしましょう。

子どものいびきは何科を受診する?

子どものいびきで医療機関を受診する際、何科に行けばよいのか迷うママも多いかもしれません。

小児科、耳鼻科どちらでもよいですが、まずはかかりつけの小児科を受診しましょう。かかりつけの小児科で診てもらった結果、症状によって耳鼻科を紹介される場合もあります。

受診する際、睡眠時の状態やいびきの程度を確認できるように、寝ているときの様子を撮影した動画を持参すると、症状を伝えやすいです。

いびきの治療

赤ちゃん 治療
szefei/Shutterstock.com
子どものいびきの治療は原因によって異なりますが、薬物治療、手術治療の2種類です。

薬物治療

鼻水や鼻づまりが原因のいびきの場合、鼻の治療が必要です。抗アレルギー薬の内服、点鼻薬での薬物治療を行います。

手術治療

扁桃肥大やアデノイド肥大が原因となり、睡眠時に気道が確保できず「睡眠時無呼吸症候群」を発症している場合は、扁桃やアデノイドの切除手術が行われることもあります。

扁桃肥大やアデノイド肥大により、十分な睡眠がとれない場合、成長や発達、日常生活に影響する恐れがあり、薬物治療で鼻水や鼻づまりの症状の改善がみられないときや、睡眠時無呼吸症候群症状が重症の場合、手術治療となります。扁桃やアデノイド肥大が原因のいびきは、入院して手術で改善することが多いです。

⼿術治療の場合、発熱や出⾎などがなければ 入院期間はおよそ1週間くらいでし ょう。術後約1カ⽉で傷跡が正常粘膜に覆われて治癒します。 

扁桃やアデノイド肥大の手術は、睡眠時無呼吸症候群の症状の程度、年齢を考慮し主治医と家族の話し合いのもとに実施されます。

子どものいびきが気になるときは病院を受診しよう

子ども 眠り
leungchopan/Shutterstock.com
子どもが頻繁にいびきをかくときは、鼻やのどにトラブルを抱えていることが多いです。

子どもの場合、自分で症状を自覚したり、伝えることは難しいでしょう。ママやパパが眠っているときの様子をしっかり観察しましょう。いびきは治療によって改善されることがほとんどです。

毎日大きないびきをかく、苦しそうに眠っているなどの症状が見られたときは、早めの受診が大切です。

監修:千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

No Image

千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

千葉智子の監修記事一覧(バックナンバー)

上高田ちば整形外科・小児科 副院長。

小児科専門医として、その時代に合った子どもの医療の実践を心掛けている。3児の母として子育てをしながら、現役で活躍中。外来では、ホームケアの方法を分かりやすく説明し、自宅に帰ってから自信をもって看護できるように、保護者への説明を丁寧にするように心がけている。子育てに関する疑問、不安、工夫など、何でも相談しやすいクリニックを作り、「子どもの笑顔を作る」ために活動。

上高田ちば整形外科・小児科

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)
「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2020年02月25日

専門家のコメント
74
    まな先生 保育士
    あまりにもいびきをかくようでしたら、鼻炎なども考えられるので、病院に行くのが1番だと思いま
    あゆさ先生 保育士
    いびきは色々な原因が考えられますね。
    鼻づまりや、扁桃腺がもともと大きかったりすると、いび
    のの先生 保育士
    保育園のお昼寝でも、大人と同じくらいの音量でいびきをかいて寝ている子がいます。大体その子た
    せんせい 保育士
    あまりにひどいイビキの場合は子どもでも病院に行った方がいいと思います☺︎💦そのうち無呼吸
    かよう先生 保育士
    いびきは子どもより大人のイメージが強いです。
    子どものいびきの原因は病気の可能性もあり、治
    おはぎ先生 保育士
    夜の無呼吸怖いですよね😱いびきをかくときは、鼻詰まりなどで呼吸がしづらくむせてだいたい夜
    みき先生 保育士
    いびきの原因が思いがけない病気などである可能性もあるので一度受診するのが安心と思います。鼻
    ゆきな先生 保育士
    扁桃腺が大きかったり鼻がつまっていたらいびきすごいですよね!
    年中さんで扁桃腺が大きくて入
    ゆか先生 保育士
    鼻詰まりがなくイビキが毎日なら扁桃腺肥大の可能性がありますので受診して相談した方がいいです
    はなこ先生 保育士
    いびきはあまりかきませんが、やはら鼻詰まりの時は書いてあることがある気がします。ひどかった
    める先生 保育士
    鼻が詰まっているといびきをかく子は結構います。寝苦しかったりして機嫌が悪くなる原因にもなる
    なごみ先生 保育士
    普段いびきをかかない子どもであっても、鼻詰まりしている時は大きないびきをかいて昼寝していま
    ちぃ先生 保育士
    鼻が詰まっているといびきをかきやすいですよね。あまりにもひどい場合は病院を受診するようすす
    こいまま先生 保育士
    我が子はいびきと、口臭も鬼になることがあるので耳鼻科を受診しました。
    父親譲りで鼻が悪く、
    なえ先生 保育士
    アデノイド肥大で、睡眠時無呼吸症候群が確認されたお子さんが手術されたというお話を、何人か聞
    さき先生 保育士
    鼻が詰まっているといびきをかいたりしますよね。
    ただ、あまりに酷かったり何日も続くようなら
    ゆき先生 保育士
    子どもは鼻が詰まったりすることも多いので意外と鼾ある気がします。
    構造で鼾になりやすい子供
    さと先生 保育士
    園児でも2クラスに1人くらい大きないびきをかいている子がいます。
    体勢を変えることで一時的
    ゆきんこ先生 保育士
    あまりにも大きいいびきをかくようでしたら、いびきをかく理由を考えた方が良いと思います。鼻炎
    きいちゃん先生 保育士
    保育園でも、鼻づまりの状態の場合はいびきをかいている子も結構いますね。その場合は園での様子
    こうじん先生 保育士
    夜勤でお子さんをお預かりすることもあり、夜中のいびきなど気を付けて聞いています。記事を参考
    かんな先生 保育士
    保育をしていて気づくのは、やはり鼻づまりからきているようないびきです。上を向いて寝ると苦し
    のんの先生 保育士
    主人のいびきは「うるさい!」と思うだけですが、子供がいびきをかくとやはり気になります。
    すみっこ先生 保育士
    頻度と度合いにもよりますが、
    耳鼻科で相談をすると安心できると思います。
    我が子は鼻づまり
    りお先生 保育士
    鼻水が詰まっている時はいびきをかきますよね💦
    かわいそうになってしまうので、大体次の日に
    cocoまま先生 保育士
    よく疲れてるといびきが出るといいますが、毎日続く様子があれば耳鼻科受診をおすすめします^
    いちご先生 保育士
    いびきをかく要因っていろいろありますよね。我が子もいびきをかくことがたまにありますが、特に
    まあ先生 保育士
    保育園のお昼寝中にもよく見られます。鼻詰まりが酷いといびきをかきやすいです。寝不足にも繋が
    まい先生 保育士
    鼻ずまりなどあるのであまりに苦しそうなどだったら病院に言って相談してみたら良いと思います
    すー先生 保育士
    いびきをかいている時はだいたい鼻が詰まっています。後は枕がずれている時もいびきをかく時があ
    みき先生 保育士
    気になる場合は受診するほうがいいと思います。
    お昼寝の時いびきをいつもかいているなーという
    いちぽ先生 保育士
    うちの子も、鼻が出てるときにいびきをかく時がありますがそのときに少しかくだけです。
    普段か
    とーち先生 保育士
    園でもよくいびきをかいている子がいました。

    皆さん言われていましたが、大体鼻がつまってい
    ゆり先生 保育士
    私は保育士時代にも、いまのベビーシッターしていてもいびきをかく子は結構きになり、おうちの方
    せおみ先生 保育士
    いびきのトラブルをかかえている子は結構いると思います。鼻が詰まっている時などはイビキがひど
    すみっこ先生 保育士
    イビキをかくときは口呼吸がほとんどなので、そこも気になりますね。
    口呼吸が癖付いていると、
    cocoまま先生 保育士
    子どもでいびきは気になりますよね。ちゃんと眠れているのかも気になりますね、一度通院した方が
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

  • 新型コロナウイルス対策として、入念な手洗いやアルコール消毒が日常となった昨今。例年に比べ、子どもの手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか。加えて、これから本格的な冬を迎えるため、乾燥によってさらに悪化の懸念も。今回は、子どもの手荒れについて、原因や症状、家庭で行うケアについて解説します。

    小西真絢(巣鴨千石皮ふ科)

  • 命に関わる重大な事故につながることもある子どもの誤飲。大人が目を離したすきに事故が起こることも多いため、目が行き届きにくくなる場面では注意が必要です。今回は、乳幼児期の誤飲について、起きてしまう原因、実際に誤飲してしまったときの症状や応急処置、家庭での対策について解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 病院を受診するべきか、救急にかかるべきか、正しい選択が迫られる子どもの急な発熱やケガなどの症状。コロナ禍の今、どのような対応が適切か悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの発熱やそれ以外の容態の変化などの際の救急を受診する目安と注意点、また保護者がとるべき対応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの歯並びに影響が出ないか気になるおしゃぶり。定番の育児グッズですが、いつからいつまで使用してよいのか迷うこともあるでしょう。今回は、おしゃぶりが歯並びに与える影響や効果、使う際の注意点、卒業の仕方について詳しく解説します。

    坂部潤(医療法人社団スマイルベア 小児歯科専門医 キッズデンタル)

  • 新しい生活様式で当たり前になった体温測定。体温測定は体温を測るところだけに目が行きがちですが、実は他にも意外な効果があるのです。教えてくれたのは、現役保育士のてぃ先生。親子で楽しく体温測定するポイントをお伝えします。

    株式会社ケイジェイシー

    PR

カテゴリ一覧