【小児科医監修】解熱剤やシロップなど赤ちゃん、子どもの薬の飲ませ方

【小児科医監修】解熱剤やシロップなど赤ちゃん、子どもの薬の飲ませ方

薬の形状別、年齢別の飲み方の工夫など

赤ちゃんや子どもに抗生剤や解熱剤などの薬を飲ませるときに苦労した経験はありませんか。薬の形状には粉薬や錠剤、液体シロップ、カプセル剤など種類があります。年齢別の小児でも飲みやすい薬の飲み方の工夫や、薬と組み合わせるときの注意点を解説します。

千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

子どもの薬

小児科などで処方された薬を子どもが飲みたがらず、苦労するママもいるようです。服薬が苦手な子どもや、初めて服薬する赤ちゃんのためにママやパパができる工夫にはどのようなものがあるでしょうか。

形状別の薬の飲ませ方

服薬をするママと子ども
Odua Images/Shutterstock.com

薬には、粉薬やシロップ、錠剤、カプセルなど種類はさまざまです。

シロップにはドライシロップといわれる粉薬に含まれるものと液体シロップがあります。

ここでは、薬の形状別に飲み方をご紹介します。

粉薬

0~1歳の赤ちゃんに粉薬を与える際は、スポイト3~5滴程度の少量の水でといて、柔らかい団子状にします。団子状にした薬を子どもの上あごやほっぺの内側につけて、水を飲ませます。舌の先端は、苦みを感じやすいため触れないように、上あごやほっぺの内側に薬をつけるように意識しましょう。

2歳や3歳の子どもには、スプーンの上で薬とゼリーを挟むようにすると薬の苦みなどを感じにくく飲みやすくなります。薬の服用後には、水やお茶を飲ませるようにしましょう。

液体シロップ

液体シロップは、成分が沈殿しやすいため、飲む前に軽く振って混ぜ合わせましょう。

0~1歳の赤ちゃんに飲ませる際は、小児科や薬局などで手に入るスポイトを使います。スポイトで直接薬の量を測り、そのまま赤ちゃんの口の端にスポイト差し込みシロップを流し込みます。哺乳瓶の乳首に薬を入れて吸わせる方法でもよいでしょう。シロップを飲んだあとに母乳や水を飲ませるようにしましょう。

2~3歳の子どもは、食品やジュースに混ぜると飲みやすいでしょう。3歳以降の子どもは、コップで水分が取れるのならばコップで飲ませます。シロップが甘すぎたり、量が少ないときには、水に溶かして子どもが飲みやすくするなど配慮ができるとより飲ませやすいでしょう。

錠剤

5.6歳以上で飲めるようになる子が多いです。子どもに錠剤を飲ませる際には、子どもをイスに座らせて上半身をしっかり起こした状態にします。口を大きくあけさせて舌の奥の方に錠剤を置き、水を飲ませましょう。

ママやパパがいっしょに口を大きく開け舌を出し、「あーん」と言うと、子どもも真似をして、のどの奥を見せやすいかもしれません。口のなかが見えたときに、できるだけ舌の奥に薬を入れて飲ませるようにします。

ほかにも服薬ゼリーなどを使うのもよいかもしれません。

カプセル剤

カプセル剤を飲ませるときには錠剤のとき同様、上半身をしっかり起こして子どもをイスに座らせます。「あーん」と言いながら、子どもの口があいたときに舌の奥にカプセル剤をおきます。水を含んだあと、首を下にさげさせるとするっと飲み込みやすいようです。

苦い、甘い薬の飲ませ方

解熱剤などの苦みのある薬や、アレルギー剤などの甘い薬を飲みやすくするために、どのような食品に混ぜるとよいのでしょうか。

苦い薬(抗生剤、解熱剤など)

  • チョコレート味
  • アイスクリーム
アイスクリーム
iStock.com/sf_foodphoto

苦い薬は、上記のような食品に混ぜると飲みやすくなります。

ご飯やパン、ミルクなどの主食とは、医師の指示があるとき以外は混ぜないようにしましょう。味が美味しくなくなり、子どもの口に合わなかったときに、主食に苦手意識を持ってしまう場合があります。子どもが離乳食を進めている最中などの場合には、特に気をつける必要があります。

同じ理由で赤ちゃんに苦い薬を飲ませた直後に、母乳を飲ませることに反対する意見もあります。赤ちゃんによっては薬の味の影響で、母乳にも苦手意識を持つようになる子もいるようです。ただ、しっかり薬を飲み込ませるために、内服後に優しく声かけしながら、安心させるように授乳することは問題ないでしょう。

甘い薬(アレルギー剤など)

  1. ジャム
  2. ヨーグルト
  3. 練乳
  4. はちみつ

甘い味のついた薬は、上記のような食品と組み合わせることで飲みやすくなります。

しかしはちみつには注意が必要です。1歳未満の赤ちゃんには、小児ボツリヌス症の恐れがあるため、与えないようにしましょう。

熱いものと薬を混ぜると薬の成分が変わってしまうことがあります。食品や薬の成分によっては、混ぜることで薬の苦みを引き出したり、薬の効き目を減らしてしまうこともあるようです。薬と食べ物の組み合わせで気になるものがあるときには、かかりつけの小児科医や薬剤師に確認してからの方が安心です。

子どもが薬を飲める声のかけ方

大人でも薬を服用するとき、味や異物感に抵抗を覚えて、飲みたくないと思うことがありますよね。子どもにとっても、病気をしたからといって、いきなり「薬を飲みなさい」と言われても飲みたがらないのは無理はありません。

子どもに薬を飲ませるときは、病気を治すために必要だからと伝えることが大切です。

薬を飲んだら、元気になってお友達と遊べることや、薬を飲んだあとは、「元気が出てきたね」や「悪い菌が減ってきたよ」など、薬が病気をやっつけているイメージを具体的に言葉にしてみましょう。

0~1歳の赤ちゃんが、薬の意味を理解することは難しいかもしれません。しかし2歳程度になると、なぜ薬を飲むのかを毎回、ママやパパが丁寧に説明すると理解できるようになる子もいます。服薬が苦手な子どもでも薬を飲む意味を具体的に説明すると、スムーズに服用ができるでしょう。

年齢や薬の形状を考えて、子どもに合った飲ませ方が大事

お薬を飲む赤ちゃん
Lifebrary /Shutterstock.com

薬を飲ませるときに、子どもが服薬を嫌がって手こずったことのあるママやパパは多いのではないでしょうか。

子どもの年齢によって飲みやすい飲み方が変わってきます。薬の形状と年齢別の飲み方を知って、子どもが薬を飲めるように工夫することが大切です。小児科で処方があった場合には飲み合わせなどについて、かかりつけの小児科医や薬剤師に相談しましょう。

また子どもが薬を飲んでくれないと服薬させようと必死になることもあるかもしれません。まず病気を治すために薬が必要だということを、ママやパパといっしょに、子ども自身が認識することが大事です。「薬を飲みなさい」とだけ言うのではなく、薬の役割を具体的に伝えてあげることで子どもが納得して薬を飲めるようになるかもしれません。

スムーズな服薬で早めに病気をやっつけられるとよいですね。

監修:千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

No Image

千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

千葉智子の監修記事一覧(バックナンバー)

上高田ちば整形外科・小児科 副院長。

小児科専門医として、その時代に合った子どもの医療の実践を心掛けている。3児の母として子育てをしながら、現役で活躍中。外来では、ホームケアの方法を分かりやすく説明し、自宅に帰ってから自信をもって看護できるように、保護者への説明を丁寧にするように心がけている。子育てに関する疑問、不安、工夫など、何でも相談しやすいクリニックを作り、「子どもの笑顔を作る」ために活動。

上高田ちば整形外科・小児科

2020年02月21日

専門家のコメント
54
    おはぎ先生 保育士
    うちの子どもたちも、内側のほほにつけながら少しずつあげると飲んでました。咳止めのシロップは
    こと先生 保育士
    娘はシロップでも気分によって嫌がってました😭粉薬はおくすりのめたねのゼリーで飲んでました
    すー先生 保育士
    1歳の娘は甘いシロップはそのままだと甘すぎて飲まないので、無糖のヨーグルトに混ぜてあげてい
    かんな先生 保育士
    子どもの年齢や薬の性質よって飲ませるときの工夫の仕方が変ってくると思います。

    一歳までは
    のの先生 保育士
    シロップに出来るものはなるべくシロップで出してもらいました。また、最近の粉薬は甘い物が多い
    とーち先生 保育士
    シロップは甘いので無糖のヨーグルトに混ぜると飲んでくれていました。

    粉薬も赤ちゃんの頃は
    さと先生 保育士
    うちは必ずシロップで処方してもらっています。
    しかし薬によって味が違うため飲まないことも。
    みぃ先生 保育士
    家には薬を嫌がる0歳と2歳がいますが、0歳の子はスプーンに水で溶かした粉薬を少し身体を起こ
    まな先生 保育士
    まだ粉のお薬しか飲ませたことがないです。
    イチゴ味の粉薬だったので、お水を少し混ぜてスプー
    ひまわり先生 保育士
    粉薬は少量の水で練ってから、頬の内側につけています。
    舐めて溶けていくので比較的飲ませやす
    だいふく先生 保育士
    粉のお薬はヨーグルトや果物のソースに混ぜたり少量のジュースに混ぜたりしていました1歳半すぎ
    なごみ先生 保育士
    ジュースもゼリーも嫌いな子だったので、シロップの薬はなるべく出さないようにお願いして粉薬に
    せおみ先生 保育士
    0.1歳の時は薬に少しお湯を混ぜ団子状にして上あごにつけて、飲ませていました。
    2.3歳に
    すみっこ先生 保育士
    混ぜるものによっては苦味が増してしまうものもあるので、薬剤師さんに相談をしてみると良いと思
    りお先生 保育士
    薬はヨーグルトに混ぜて飲ませることが多いです。
    大抵は甘く味がつけてあるのでそのまま水で溶
    しまこ先生 保育士
    ゼリーやヨーグルトに混ぜるのもいいですが、私のおすすめはあんこです。市販のチューブに入った
    りり先生 保育士
    うちの子達はありがたいことに薬を処方されると「やったー」と喜ぶ珍しいタイプです(笑)スプー
    ぽんた先生 保育士
    うちの娘は粉薬が苦手で、体重がクリアしてからは、錠剤にしてもらいました。薬の形態は、可能な
    まい先生 保育士
    薬が嫌な子は本当嫌がりますよね
    ゼリーなど使ったり、頬の内側につけたりやってみたらいいと思
    ゆか先生 保育士
    うちの子はシロップが甘すぎるのかいやがり飲みませんでした。
    ですので小さいうちから粉薬でし
    みー先生 保育士
    シロップは2人とも喜んで飲んでいました!粉薬はバニラアイスに混ぜて飲ませると気づかずに飲ん
    たんぽぽ先生 保育士
    もっぱらヨーグルトに混ぜて与えています!でも抗生物質によっては乳製品と混ぜると更に苦くなる
    のんの先生 保育士
    小さい子に薬を飲ませるのはとても大変ですよね。
    私は、注射器に少量の水でといた薬を入れで、
    みき先生 保育士
    ちょっと変化球な対処法ですが、
    今日はなんと!お薬をもらっちゃいました!◎◎ちゃんって書い
    いちぽ先生 保育士
    便秘気味なので、酸化マグネシウムの粉薬を朝晩飲んでいます。
    水に溶かしたり、ヨーグルトや汁
    たんぽぽ先生 保育士
    我が家はずっとヨーグルトに混ぜていましたが中には乳製品に反応してますます苦くなるものもある
    ろろ先生 保育士
    薬というものが特別なものと子どもたちの意識にあるのかわかりませんが、わたしが受け持った部屋
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧