【耳鼻科医監修】子どもの鼻血がよく出る原因と対策

【耳鼻科医監修】子どもの鼻血がよく出る原因と対策

突然の鼻血に慌てないための基礎知識

子どもが突然鼻血を出すと驚いてしまうこともありますよね。暑さやのぼせ、風邪を引いたとき、夜中に鼻血が出やすいのはなぜでしょうか。子どもの鼻血がよく出る原因と鼻血が出たときの効果的な対処法、鼻血で病院を受診する目安について解説します。

金髙清佳(おひさまクリニック)

子どもの鼻血

鼻血は、鼻の粘膜や毛細血管が傷つき出血が起こる症状です。

子どもは大人と比べ、鼻の粘膜はやわらかくデリケートなので鼻血が出やすくなっています。

子どもに多い鼻血ですが、新生児期から1歳頃までの赤ちゃんが鼻血を出すことは少ないのです。

なぜ子どもは鼻血を出しやすいのか、原因を詳しく説明します。

子どもの鼻血の原因

子どもが鼻血を出しやすい原因は以下の場合が多いです。

鼻をいじる

子どもが鼻血を出す原因でもっとも多いのは、鼻を手や指でこすり、鼻の入り口付近の毛細血管が集まっている部分を傷つけてしまう「鼻いじり」「鼻ほじり」です。

薄くてやわらかい子どもの鼻の粘膜は、少しの刺激で傷つきやすく、血が出やすい状態です。1度傷ができると、直接鼻をいじっていないときでも些細な刺激で鼻血が出ることもよくあります。

子どもが夜中に突然鼻血を出したときは、寝ている間に無意識に鼻をいじり、粘膜が傷ついたことが原因かもしれません。

また、冬など空気が乾燥しているときは、鼻の粘膜が乾いて傷がつきやすいこともあるでしょう。

暑さでのぼせる

気温が高いときやお風呂上り、運動をしたあと、夜中に睡眠が浅くなったとき、寝起きなど体温が上昇し血行の流れがよくなると、鼻に流れる血液の量が増え、血管が開いて鼻血が出やすくなります。

癇癪を起こしたり、興奮したときに子どもが鼻血を出すこともあるかもしれません。ストレスが原因になるというより、体温の上昇が原因となることが多いです。

風邪・アレルギー

風邪気味の子ども
iStock.com/RyanKing999
風邪を引いたり、アレルギーの発症が鼻血の原因になる場合もあります。

風邪による急性鼻炎、副鼻腔炎、花粉などによるアレルギー性鼻炎など、鼻の粘膜が弱り炎症を起こしたときは、血管が破れやすく普段よりも鼻血が出やすい状態です。鼻水をかんだり、すすったり、くしゃみの刺激で鼻血が出ることもあります。

特に花粉症などアレルギー鼻炎や鼻の入口に湿疹が出ているときは、鼻に痒みを伴うことも多く、無意識に鼻をいじってしまい、鼻血が出る場合もあるでしょう。

鼻血が出たときの対処法

子どもが鼻血を出したときの正しい対処法をご紹介します。

下を向く

鼻血が出たときに上を向くと血がのどに流れ込み、気持ち悪くなったり、嘔吐の原因になることもあるので注意が必要です。

鼻血が出たときは、まず血がのどに流れないように顔を下向きにして座らせましょう。

鼻血の止血方法は、親指と人差し指で小鼻をギュッとつまみ押さえる方法、ティッシュなどで血を受けながら出血している方の小鼻を親指で押さえ、残りの4本の指を下あごに添える方法が効果的です。いずれもしっかり圧迫して止血を試みます。5分程度で一度はなして、まだ出血するか確認し、止まっていなければ追加で圧迫しましょう。

子どもが鼻血を出したときは、座った状態で下を向き、止血しながら安静にすることを心掛けましょう。

子どもが泣いている、興奮している状態では、血圧が上がり血が止まりにくいことがあるので、まずは子どもを安心させてあげてください。

運動やお風呂は控える

お風呂
iStock.com/Siraphol
鼻血が止まったあとすぐの運動やお風呂は控えたほうがよいでしょう。身体が温まると血液の巡りがよくなり、できたかさぶたが剥がれ、再び鼻血を出すことがあるかもしれません。

鼻血で受診する目安

鼻血の症状だけだと病院を受診してよいのか悩むママもいるでしょう。

子どもは鼻血を出しやすい傾向にありますが、以下のような鼻血の症状見られるときは、早めに病院を受診しましょう。

  • 正しい止血を行っているのに鼻血が10分以上止まらない
  • 多量の出血がある
  • 顔色が青ざめている
  • 鼻血以外に歯や耳など他の部分からも出血がある
子どもの鼻血は、正しい止血を行えば5分~10分程度で止まることが多いです。

止血を続けても鼻血が止まらない、コップ1杯程度の出血がある、顔色が悪くぐったりしているなどの症状がみられる場合や毎日鼻血を出すときも注意が必要です。先天性の血液疾患や鼻腫瘍などの可能性もありますのですぐに病院、できれば耳鼻咽喉科を受診しましょう。

また、頻繁に鼻血を繰り返す場合はアレルギー性鼻炎や蓄膿症など、鼻にトラブルを抱えている可能性が高いので、できるだけ早く病院を受診し治療を開始しましょう。

鼻いじりをしないように鼻のトラブルをケアすることが鼻血予防に繋がります。

子どもの鼻血は成長と共に減っていく

耳鼻咽喉科を受診する
Monet-stock.adobe.com

子どもが突然鼻血を出すと驚いてしまうこともありますよね。子どもが鼻血を出したときはママが落ち着いて正しい止血方法を行いましょう。

子どもがよく鼻血を出す原因は、ほとんどが鼻いじったり、鼻を強くかんだときなどに起こる外傷や暑さからののぼせによるものなので、正しい対処法をとり止まれば心配はありません。

鼻血は、鼻の粘膜が弱っているときに出やすいので、風邪や鼻水が出ているときは、普段よりも鼻血が出やすいです。

鼻血を予防するためには、普段から鼻をいじらないように伝える、鼻炎などの症状を治療する、子どもの爪のケアをするなどの対策を行いましょう。

子どもの鼻血は、免疫力が高まり風邪を引きずらくなること、成長と共に鼻の粘膜が強くなることで自然と減っていくものです。繰り返す鼻血が心配なときは、1度かかりつけの耳鼻咽喉科を受診しましょう。

No Image

金髙清佳(おひさまクリニック)

金髙清佳の監修記事一覧(バックナンバー)

横浜市立大学医学部卒。耳鼻咽喉科専門医。補聴器相談医。大学病院や地域の中核病院で研鑽を積んだ後、おひさまクリニックにて耳鼻咽喉科を担当。小児から高齢者まで幅広く対応しています。

おひさまクリニック

2020年03月05日

専門家のコメント
48
    はなばたけ先生 保育士
    原因と対策、とまではいきませんがポケットの中にはビニール袋にゴム手袋を入れたものが1セット
    まり先生
    @はなばたけ先生さん
    手袋は二枚重ねにしておく、と聞いた事があります。
    とーち先生 保育士
    私自身が子どもの頃、鼻血をよく出してました。

    何もしてないのにいきなり出てくるので私自身
    さと先生 保育士
    私自身が花粉症の時期になるとよく鼻血を出していました。
    圧迫で止血するのはなかなか大変です
    のの先生 保育士
    子どもはよく鼻血を出します。また一回出すと続くことが多いですね。園では直接血液を触らないよ
    ゆきな先生 保育士
    無意識に鼻をいじっているこ沢山いますよー!!笑
    あと暑いと鼻血が出る子たくさんいます!あま
    すみっこ先生 保育士
    寝ているときの鼻血は気がついたときに「あーーー」ってなりますよね😭💦
    お布団が血だらけ
    かんな先生 保育士
    鼻血が出たときは口の中が血のニオイや不快感で気持ちが悪くなることがあるのでうがいをしてもら
    cocoまま先生 保育士
    粘膜に傷が付いていませんか?子どもって穴があると触りたくなります^ ^爪をまずは短く切って
    みぃ先生 保育士
    園の中でも外でもポケットティッシュ、ゴム手袋、ビニール袋は常備しています。
    暑いとどんどん
    りお先生 保育士
    子どもは鼻血、よく出しますよね💦
    特に男の子が多いように思います。

    8歳長男もよく鼻血
    あーちん先生 保育士
    鼻血が出やすい子はいますね。
    長引くことはほとんどないので、止まるまで様子を見ています。
    すー先生 保育士
    うちも一時期鼻血を出している時がありました。たくさん出てるわけではないのであまり心配はして
    まあ先生 保育士
    鼻血出やすい子多いですよね。鼻血が出たときには直接触らないようにビニール手袋や、なければビ
    りり先生 保育士
    鼻血は急に出るので驚きますよね〜。
    でも、親が驚くと子どもも驚くので、冷静に大丈夫だよ〜と
    まり先生 保育士
    鼻血の時は涼しくしたり鼻の上を冷やしたりとにかく止血します。
    上を向くのは、鼻から口に血液
    はなばたけ先生 保育士
    鼻自体になにがあったわけでもなく、体調が優れない時によく鼻血が出ていました。あとは無意識に
    のんの先生 保育士
    鼻血が出てもまず慌てないことが大切です。
    血液ですので、直接触れずゴム手袋などを装着して止
    cocoまま先生 保育士
    子どもがそんなに頻繁に鼻血を出すととても心配になりますよね。我が子は鼻血をまだ出した事があ
    はなばたけ先生 保育士
    これからの時期は熱中症の危険も考えられるので要注意ですよね〜、エプロンやすぐ手の届くところ
    いちぽ先生 保育士
    鼻血が出やすい子っていますよね。
    鼻をいじる癖があって鼻の粘膜が弱っていて少しの刺激で鼻血
    まい先生 保育士
    子どもは鼻血でやすいですよね
    ポケットティッシュはいつも持ち歩いています。
    あとはビニール
    ろろ先生 保育士
    夜中に必ず鼻血を出す子がいたので、空調を整えてのぼせないようにするのと、枕元に箱ティッシュ
    せおみ先生 保育士
    我が子もよく、鼻血をだします。寝ている時にでることもしばしば。一昔前は、鼻にティッシュ等を
    すみっこ先生 保育士
    鼻血が頻繁に出て、尚且つなかなか止まらない場合は一度受診をすることをおすすめします!
    一向
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧