【小児科医監修】突発性発疹は2回目もかかるのか?1回目と2回目での症状の違い

【小児科医監修】突発性発疹は2回目もかかるのか?1回目と2回目での症状の違い

原因やホームケアについて

1度突発性発疹にかかっているけれど、高熱や発疹など突発性発疹のような症状が見られると2回もかかる可能性はあるのか疑問に思うかもしれません。乳幼児に多い病気ですが、3歳頃にかかることはあるのかや、熱なしで発疹が出たり2回目と1回目で症状の違いがあるのか、かかったときのホームケアについて解説します。

金髙太一(おひさまクリニック)

突発性発疹とは

原因

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルス6型ヒトヘルペスウイルス7型が原因で起こる感染症です。唾液のなかにあるウイルスが赤ちゃんの鼻やのどに入ることで感染します。

症状

機嫌の悪い赤ちゃん
ucchie79/Shutterstock.com
突発性発疹にかかると、突然高熱が出て高熱は3~4日続きます。赤ちゃんにとって生まれて初めての高熱になる場合が多く、熱性けいれんを起こすこともあるので注意が必要です。

熱が下がると、顔やお腹、背中に2~3㎜から1㎝程度の赤い平坦な発疹が広がりますが、発疹はかゆみを伴わず、自然に消えることがほとんどです。

子どもによって下痢を伴うこともありますが、発熱と発疹だけで終わる子が多いようです。

不機嫌病と呼ばれることもあるくらい(解熱後に)機嫌が悪くなったり、鼻水や咳などの風邪の症状はほぼなく、熱が高いわりに元気があることが多いのが特徴です。


かかりやすい年齢

生後4ヶ月頃からかかる子どもが増え、1歳頃にかかる子どもが多いようです。

突発性発疹は2回かかるのか?

突発性発疹の原因となるウイルスには2種類あるため、1度突発性発疹にかかっても2回目に違う種類の型にかかる可能性があります。

乳幼児がかかりやすい病気ですが、乳幼児期に突発性発疹に1度もかかったことがない場合、3歳や小学生など年齢が高くなってからかかることがあります。

また2回突発性発疹にかかるときには、1回目にヒトヘルペスウイルス6型に感染し、2回目にヒトヘルペス7型に感染するケースが多いようです。


1回目と2回目の症状の違い

突発性発疹に2回かかったときは1回目の突発性発疹と2回目にかかる突発性発疹の症状に違いがあるのか気になるママもいるでしょう。突発性発疹の主な症状である発熱と発疹の症状がでることに大きな違いはありませんが、なかには、1回目にかかったときと比べて2回目にかかったときの方が発疹が早くに全身に広がり、溶連菌と間違えたという人や、熱なしで全身に発疹が出たという人もいるようです。

突発性発疹は2回目もかかる可能性がある感染症ですが、受診をすると突発性発疹ではなく、ほかの病気と診断される場合もあるため症状が出たら必ず受診するようにし、受診する際には以下のことを医師に伝えられるようにメモをとっておくとよいでしょう。

突発性発疹に2回かかったときは1回目の突発性発疹と2回目にかかる突発性発疹の症状に違いがあるのか気になるママもいるでしょう。突発性発疹の主な症状である発熱と発疹の症状がでることに大きな違いはありませんが、なかには、1回目にかかったときと比べて2回目にかかったときの方が発疹が早くに全身に広がり、溶連菌と間違えたという人や、熱なしで全身に発疹が出たという人もいるようです。

突発性発疹は2回目もかかる可能性がある感染症ですが、受診をすると突発性発疹ではなく、ほかの病気と診断される場合もあるため症状が出たら必ず受診するようにし、受診する際には以下のことを医師に伝えられるようにメモをとっておくとよいでしょう。

  • いつから発熱し、その後の熱の経過はどうか
  • 鼻水や咳、子どもの機嫌などの症状について
  • おしっこは出ているか
  • 水分や食事はとれているか

ホームケア

突発性発疹にかかったときのホームケアをご紹介します。

水分補給をしっかりとする

水分補給する赤ちゃん
all_about_people/Shutterstock.com

突発性発疹に感染すると高熱が出ることが多く、熱や汗で脱水症状を引き起こす可能性があります。こまめな水分補給をすることが大事です。

温めすぎない

高熱で寒気がするのではないかと赤ちゃんに厚着をさせたり、掛け布団を多めにかけると熱がもっと上がる原因になります。赤ちゃんが快適に過ごせるように暑がっていないか様子をよく見て洋服や布団の枚数を調整しましょう。

部屋の室温も夏場なら26~28度程度、秋から冬には20度前後に保つようにしましょう。

身体を冷やす

赤ちゃんが嫌がらなければ、濡れタオルや氷枕で冷やしてもよいでしょう。冷やす場所は、首や脇の下、太ももの付け根など太い動脈が通っているところが熱を下げるには効果的です。

氷枕を使うときには、首が曲がりすぎてしまうと赤ちゃんが呼吸をしづらくなるので、角度に注意しましょう。

高熱時はお風呂は控える

お風呂は体力を消耗するため、高熱があるときにお風呂に入ると熱がもっと上がったり、つかれて症状が悪化することがあるため、お風呂はなるべくやめておきましょう。

子どもが汗をかいたら蒸れタオルで汗をふいたり、着替えさせて清潔にします。

微熱で、機嫌が悪くなければシャワーを浴びてもよいでしょう。

2回目の突発性発疹に感染したら適切なケアを

赤ちゃんの熱を冷ます
paulaphoto/Shutterstock.com

突発性発疹に1度かかったあと、2回目はかからないと思っているママもいるかもしれませんが、突発性発疹の原因ウイルスは2種類あるため2回目もかかる場合があります。

また、突発性発疹は乳幼児だけがかかる病気ではなく、乳児期に1度もかかっていないと3歳や小学生でもかかる可能性があります。

突発性発疹は、高熱と発疹が主な症状で一般的に1回目でも2回目にかかっても症状に大きな違いはありませんが、まれに熱なしで発疹だけが全身に現れて終わるケースもあるようです。

突発性発疹は、1度かかったら免疫ができるわけではなく、2回目もかかることを知り、子どもにいつもと違う様子や気になる症状が現れたときには受診することが大切です。

子どもが2回目の突発性発疹に感染したときも、慌てず適切なホームケアで対応しましょう。

監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長)

No Image

金髙太一(おひさまクリニック)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)

おひさまクリニック院長。小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。

子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

2019年07月03日

専門家のコメント
30
    かよう先生 保育士
    1度かかっても2度目もかかることを知っておくと焦らず対応出来そうです。
    ゆう先生 保育士
    突発性発疹にかかったときの適切なケアを知れて良かったです。水分補給や、体を冷やすなど、基本
    なつまる先生 保育士
    2回目にかかることを最近私も知りました。しかしこの事実を知っていて
    2回かかることもあるん
    ゆか先生 保育士
    2回かかることは少ないですがまれにいますね。
    2回目はかかると思っていない親御さんが多いか
    いちぽ先生 保育士
    1回しかかからないと思っていました。二回かかることもあるんですね。詳しくかいてあるので、読
    せおみ先生 保育士
    突発性湿疹は一回しかかからないと思っていました。2人とも1歳未満にかかり、初めての高熱でし
    すー先生 保育士
    突発性発疹に2回かかることもあるという事をこの記事で知りました。うちは2人とも突発性発疹に
    ちぃ先生 保育士
    一度でなく二度かかることも稀にあるみたいですよね。いつもと様子が違く、おかしいと感じたら医
    なごみ先生 保育士
    私の働いていた園でも何年か前から突発性発疹に2回かかる子どもが時々いました。それまでは1回
    あー先生 保育士
    突発性発疹は何回もかかるのでやっかいですよね💦とくに肌にあらわれるので初めてのお母さんは
    おはぎ先生 保育士
    娘も2回かかりました!熱性けいれんになりやすいタイプで、二回目のとき3歳でした。けいれんが
    まい先生 保育士
    基本1回なのですが2回かかる場合があるようです。
    なってから熱は下がったのに機嫌悪いのは船
    りお先生 保育士
    突発性発疹、2回もかかるなんて知りませんでした!!
    我が家、長男も長女も突発はやらず、次女
    めめ先生 保育士
    まさに下の子が突発になり熱は下がりましたがかなり機嫌が悪いです。我が子は二人とも突発になる
    とーち先生 保育士
    突発性発疹、2回かかりましたー

    最初は驚きましたが、調べてみるとなる子もいるようです。
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧