【耳鼻科医監修】赤ちゃんや子どもがなりやすい中耳炎の種類

【耳鼻科医監修】赤ちゃんや子どもがなりやすい中耳炎の種類

症状別の治し方や受診のポイント

赤ちゃんや子どもが中耳炎をくり返す理由をご存知でしょうか。赤ちゃんや子どもが中耳炎になりやすい原因と中耳炎の種類別の症状、治し方について解説します。また、中耳炎は自然治癒するのでしょうか。受診が必要な症状の見極めポイントもあわせてご紹介します。

三塚沙希(エムズクリニック白金)

赤ちゃんや子どもは中耳炎になりやすい?

子どもの耳管は、大人と比べて短く、傾斜がなく水平になっているため細菌が入りやすい構造になっています。

また、鼻をうまくかめない子は鼻水を吸いますが、鼻と耳はつながっているので鼻を通して鼻水が耳に伝わり、中耳炎にかかりやすくなります。

中耳炎にも種類がある

子どもの耳
iStock.com/hatipoglu
中耳炎には「急性中耳炎」「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」と種類があります。

それぞれの種類によって原因や症状が異なるのでしょうか。種類別の中耳炎の特徴とあわせてご紹介します。

急性中耳炎

原因

細菌やウイルスが鼓膜の奥の中耳に入って、炎症を起こしたのが急性中耳炎です。

急性中耳炎は、ウイルスやインフルエンザ菌や肺炎球菌などの細菌が原因になることが多いです。

症状

  • 発熱
  • 痛み
  • 鼓膜の腫れ
  • 耳垂れ

話せない赤ちゃんでも痛みを伴うので、泣き出したり、機嫌が悪くぐずったり、手で耳を触る回数が増えたときには急性中耳炎にかかっているかもしれません。

滲出性中耳炎

原因

急性中耳炎をそのまま放置したり、完全に治る前に治療をやめてしまうと、鼓膜の奥にある中耳腔に液体が溜まり、滲出性中耳炎になります

他にも、アレルギー性鼻炎などを持っていたり、耳と鼻をつなぐ耳管から耳の奥に空気が上手に出入りできないときにも滲出性鼻炎になることがあります。

中耳腔に溜まる液体は、サラサラしているものから粘り気のあるものもあり、滲出液とも呼ばれています。

症状

  • 耳が詰まったように感じる
  • 耳のなかでガサガサ音が鳴る

滲出性中耳炎は、痛みや発熱を伴わないことが多いので、子ども自身では症状に気づかず、なかなか発見できない場合があります。

子どものしゃべる声が大きくなったり、呼んでも気づかない、返事がないときや自然にテレビの音量を大きくしているなどの姿が見られたら注意が必要です。

慢性中耳炎

原因

急性中耳炎を繰り返したり、急性中耳炎が治らずに炎症が慢性化するのが慢性中耳炎です。鼓膜に穴があいたままだったりします。

症状

  • 耳垂れ
  • 難聴
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 頭痛

耳垂れや難聴の症状が悪化すると、めまいや耳鳴り、頭痛などの症状が現れます。

中耳炎は自然治癒するのか?

急性中耳炎は症状が軽症であれば自然治癒することがあります。

滲出性中耳炎も症状が重症でなく、聞こえや鼓膜に変化がなければ3ヶ月様子をみて自然治癒することがありますが、慢性中耳炎の場合は、自然治癒することは難しいため、受診をしてきちんと治療することが必要です。

しかし、急性中耳炎や滲出性中耳炎でも痛みが強く出ていたり、熱が続く場合には自然治癒をしないことが多いです。

また、薬で症状がおさまってきたからと通院や薬の使用を勝手にやめてしまうと慢性中耳炎になったり、治ってきていた中耳炎が再発する可能性があります。自己判断せずに早めに受診しましょう。

中耳炎の治し方

耳の診察
Bangkoker/Shutterstock.com

中耳炎の種類によって治療の仕方が違います。種類別による中耳炎の治し方をご紹介します。

急性中耳炎

軽症の場合は、鼻やのどの治療を行い、痛み止めの薬で治すのが一般的です。

症状が進んでいる場合は、耳の奥の方まで炎症を起しているケースがあるので抗生物質が処方される場合がありますが、通常は薬の使用から数日~10日程度で治ります。

滲出性中耳炎

まず鼓膜を観察し、どの程度聞こえているのかを調べます。

飲み薬の内服治療で治らない場合は、鼓膜にチューブを入れて行う小手術やアデノイドが大きい場合には鼻の奥のアデノイドをとる手術で治す場合もあります。

治療期間は、5日~1ヶ月程度かかることが多く、症状が長引くと完治するまでに1ヶ月くらいかかることがあります。

慢性中耳炎

外耳道をきれいにしてから、点耳薬の投与すると耳垂れを止めることができます。

しかし慢性中耳炎は、鼓膜に穴があいている状態なので風邪を繰り返したり、耳に水が入ると再発する可能性があります。

薬の治療で改善が見られず、症状が悪化する場合は抗菌薬の使用や手術になることもあります。

中耳炎の種類に合った治療を

先生と子ども
maroke/Shutterstock.com

赤ちゃんや子どもは耳の構造や鼻を上手にかめないことから中耳炎にかかりやすく、治ったと思ってもまた繰り返すことがあるでしょう。

「急性中耳炎」「滲出中耳炎」「慢性中耳炎」と中耳炎にも種類があり、原因や症状はそれぞれで変わってきます。

「急性中耳炎」と「滲出性中耳炎」は自然治癒する場合もあるので、子どもが中耳炎かもしれないと思っても焦らず、まずは子どもの症状をしっかり把握しましょう。

中耳炎の種類によって処方薬や治療の仕方もかわってくるため、完治させるためには適切な治療が大事です。

監修:三塚沙希(エムズクリニック白金 院長)

No Image

三塚沙希(エムズクリニック白金)

三塚沙希の監修記事一覧(バックナンバー)

エムズクリニック白金 院長。

わかりやすく、丁寧な診察を心がけ、お子様からお年寄りまで安心してかかれるクリニックを目指している。

エムズクリニック白金

2018年12月28日

専門家のコメント
16
    KST 専門家
    疑いがあれば即病院に限る。
    かよう先生 保育士
    中耳炎の種類によって完治までの日数や症状が変わってくるけれど、どちらも受診して、しっかり治
    いちぽ先生 保育士
    子どもはうまく鼻がかめない子が多くどうしても中耳炎になりやすいですよね。園でも鼓膜にチュー
    せおみ先生 保育士
    我が子も熱や鼻水が出ると急性中耳炎になります。幸い、自然治療で治ることばかりなのでよいです
    みー先生 保育士
    中耳炎に種類があるのは知らなかったです。
    うちの子もしょっちゅう中耳炎になり耳鼻科に通って
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    ついこの間、私自身が急性中耳炎から滲出性中耳炎になりました💦水の中に入った時のように片耳
    とまと先生 保育士
    小児科の先生にも、中耳炎を予防するには鼻水をこまめに吸うことが大切だと言われました。
    子ど
    まい先生 保育士
    風邪をひくと合併症のようになりますよね、
    だから私は内科というより耳鼻科に行っていました、
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧