【産婦人科医監修】ママがインフルエンザのときは母乳を与えてよい?授乳時に気をつけること

【産婦人科医監修】ママがインフルエンザのときは母乳を与えてよい?授乳時に気をつけること

母乳には免疫物質が含まれ、体内で作られた抗体が母乳移行して赤ちゃんを感染症から守るといわれています。インフルエンザにママがかかったとき授乳をすると、赤ちゃんに母乳からうつるのではないかと心配な人もいるでしょう。薬を服用中の授乳はできるのか、ママがインフルエンザ時の授乳の注意点を解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

インフルエンザに感染したときに母乳はあげていいの?

授乳中にママがインフルエンザにかかってしまったとき、赤ちゃんに母乳をあげてもよいのか、治るまで母乳はやめるべきか悩むママも多いかもしれません。
母乳は血液からできていますが、ウイルスは気道粘膜で増えるため、血液中にインフルエンザウイルスは現れません。母乳には免疫物質が含まれていて、ママの体内で作られた抗体が母乳移行して、赤ちゃんを病気から守る働きがあるといわれています。
母乳を通して赤ちゃんにインフルエンザがうつることはないため、ママがインフルエンザに感染したときに母乳をあげても問題ないとされています。

ママがインフルエンザ時の授乳の注意点

ママの母乳を飲む赤ちゃん
iStock.com/szeyuen

ママがインフルエンザに感染したときに母乳移行で赤ちゃんがインフルエンザになることはありませんが、インフルエンザにかかっているママが赤ちゃんに授乳するときにはいくつかの注意点があります。

直接授乳する場合は

日本産婦人科学会では、ママがインフルエンザのときも以下のことがすべて当てはまれば直接授乳をしてもよいといわれています。

・タミフルあるいはリレンザを2日以上服用していること
・熱が下がって平熱となっていること
・せきや鼻水がほとんどないこと

出典:妊娠もしくは褥婦に対しての新型インフルエンザ感染(H1N1)に対する対応 Q&A/厚生労働省

感染対策をしっかりする

マスクをする女性
iStock.com/maroke

母乳を介してインフルエンザがうつることはないですが、赤ちゃんのお世話をしていて感染する可能性はあります。

ママの咳やくしゃみなどが飛沫感染して赤ちゃんがインフルエンザにならないように、授乳時もマスクを着用しましょう。また、手や服にウイルスがついた状態で赤ちゃんに接触することでインフルエンザが感染する可能性があるため、授乳前は石鹸を使ってしっかり手を洗うことが大切です。

授乳のときは赤ちゃんがママの肌に密着するので、授乳前にシャワーを浴びたり、授乳時は洋服を着替えるなどインフルエンザウイルスがなるべくついていない状態で授乳することが重要です。授乳時に赤ちゃんの口を拭くときに使うガーゼやおくるみは、授乳ごとに1回1回新しいものに変えるようにしましょう。

体調が優れないときは搾乳で

インフルエンザは、高熱や関節痛、頭痛などの全身症状が特徴です。ママが高熱や激しい関節痛でつらいときなどは無理に授乳しようとせず、搾乳してインフルエンザの症状がでていない家族から赤ちゃんにあげるようにしましょう。

インフルエンザの症状がない家族が哺乳瓶で授乳したあとは、哺乳瓶や乳首は普段通りの洗浄と滅菌で十分です。

添い乳で授乳する

ママの体調が重症で母乳をあげるのがつらいときには、添い乳で授乳ができます。
寝たままの授乳は、通常の授乳の体勢よりだいぶ楽に感じられたり、授乳が終わったあとにそのまま寝ることもできます。体調が優れないときに身近に手伝ってくれる人がいない場合は添い乳で授乳するとよいかもしれません。

ママの体調の度合いに合わせて、どのようなスタイルで授乳するかを選んでもよいでしょう。

ママの水分補給も忘れずに

インフルエンザに感染すると、高熱が出る人も多いです。熱や汗で体内の水分が奪われやすくなっている状態から、授乳をするとママの体内の水分はもっと減ります。

脱水症状にならないためにも、ママも意識的に水分を摂るようにしましょう。

薬を飲んでいても授乳できるの?

内用薬
iStock.com/gyro

インフルエンザのときには、抗インフルエンザ薬が処方されることが多いです。インフルエンザで薬を処方しているときに母乳をあげると赤ちゃんに影響するのではないかと心配になる人もいるでしょう。

インフルエンザの薬が母乳移行する可能性はありますが、母乳移行したとしても微量なため赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれています。

ママがインフルエンザで受診するときに、授乳中であることを医師に忘れずに伝えることが大切です。授乳中ということを伝えると、体内吸収が少なく赤ちゃんに影響の少ない薬を処方してくれるので、医師の指示に従うようにしましょう。

ママがインフルエンザのときは正しい感染対策を

てを洗うママ
iStock.com/PeopleImages

授乳中のときにママがインフルエンザにかかったら、母乳から赤ちゃんにインフルエンザウイルスがうつるのではないかと心配になる人も多いでしょう。

ママのインフルエンザウイルスが母乳移行して、赤ちゃんにうつることはありません。母乳には、赤ちゃんを病気から守る免疫物質が含まれママの体内で作られた抗体が母乳移行し、赤ちゃんを病気から守る働きがあるため、母乳をやめる必要はありません。ただし、母乳を介してインフルエンザに感染するのではなく、感染対策をしていないときにうつることがあります。

インフルエンザにかかっているママが母乳を赤ちゃんに直接授乳するときは、洋服を清潔なものに着替え、手をしっかり洗ってマスクをするなどの配慮をしっかりすることが大事です。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

※記事内で使用している参照内容は、2018年10月24日時点で作成した記事になります。

2018年10月26日

専門家のコメント
14
    かよう先生 保育士
    インフルエンザの時の母乳はやめた方が良いと思ってましたが、母乳自体は大丈夫だと記事を読んで
    もえ先生 保育士
    たしかに母乳を通してうつることはないけど、お世話を通して赤ちゃんに移る可能性はあるんですね
    いちぽ先生 保育士
    母乳にインフルエンザの成分がはいっていることはないですが、体調が悪いときの授乳はお母さんに
    せおみ先生 保育士
    赤ちゃんを病気から守る免疫物質が含まれママの体内で作られた抗体が母乳移行し、赤ちゃんを病気
    すー先生 保育士
    インフルエンザでも母乳はあげられるんですね!でも体調も悪い時の授乳はつらいのと、赤ちゃんに
    あー先生 保育士
    お母さんが病気になったときの授乳は悩みますよね💦とくにくすりを服用しているときなどは授乳
    まい先生 保育士
    母乳から移ることは無いのですが、お薬を飲んでたり、やはり免疫も落ちているのであまりオススメ
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

  • 新型コロナウイルス対策として、入念な手洗いやアルコール消毒が日常となった昨今。例年に比べ、子どもの手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか。加えて、これから本格的な冬を迎えるため、乾燥によってさらに悪化の懸念も。今回は、子どもの手荒れについて、原因や症状、家庭で行うケアについて解説します。

    小西真絢(巣鴨千石皮ふ科)

  • 命に関わる重大な事故につながることもある子どもの誤飲。大人が目を離したすきに事故が起こることも多いため、目が行き届きにくくなる場面では注意が必要です。今回は、乳幼児期の誤飲について、起きてしまう原因、実際に誤飲してしまったときの症状や応急処置、家庭での対策について解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 病院を受診するべきか、救急にかかるべきか、正しい選択が迫られる子どもの急な発熱やケガなどの症状。コロナ禍の今、どのような対応が適切か悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの発熱やそれ以外の容態の変化などの際の救急を受診する目安と注意点、また保護者がとるべき対応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの歯並びに影響が出ないか気になるおしゃぶり。定番の育児グッズですが、いつからいつまで使用してよいのか迷うこともあるでしょう。今回は、おしゃぶりが歯並びに与える影響や効果、使う際の注意点、卒業の仕方について詳しく解説します。

    坂部潤(医療法人社団スマイルベア 小児歯科専門医 キッズデンタル)

  • 新しい生活様式で当たり前になった体温測定。体温測定は体温を測るところだけに目が行きがちですが、実は他にも意外な効果があるのです。教えてくれたのは、現役保育士のてぃ先生。親子で楽しく体温測定するポイントをお伝えします。

    株式会社ケイジェイシー

    PR

  • 新しい生活様式が呼びかけられ、マスク着用が習慣化している現在。幼い頃からマスク生活を強いられる現代の子どもにとってどのような影響があるのでしょうか。口呼吸がもたらす子どもの成長への弊害と口呼吸の危険サインについて分かった中編。後編では、口呼吸から鼻呼吸へ改善する実践法についてみらいクリニック院長の今井一彰先生に解説してもらいます。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 新しい生活様式が呼びかけられ、マスク着用が習慣化している現在。幼い頃からマスク生活を強いられる現代の子どもにとってどのような影響があるのでしょうか。マスク着用から引き起こされる健康トラブル”マスクシンドローム”の危険性と呼吸の重要性が分かった前編。中編では、口呼吸がもたらす弊害についてみらいクリニック院長の今井一彰先生に解説してもらいます。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク着用が当たり前となった現在。このような「新しい生活様式」が子どもに重大な弊害を及ぼすというみらいクリニック院長の今井一彰先生。前編では、マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸についての危険性について聞きました。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 日常的によくみられる子どもの鼻水・鼻づまり。なるべく早く解消してあげたいですよね。今回KIDSNAでは、現役保育士のママに「子どもの鼻水・鼻づまり」に関するアンケートを実施。保育園でのあるあるシーンや、保育士目線での対応方法をご紹介します。

    大正製薬株式会社

    PR

  • 抱っこや授乳、オムツ替えなど、子育て中は無理な姿勢が続くことが多く、肩こりや腰痛に悩むママが多いようです。今回KIDSNAでは、「ママの肩こり・腰痛」に関するアンケートを実施。肩や腰に負担を感じるのはどんなとき?子育て中の肩こり・腰痛あるあるや、おすすめのケアアイテムをご紹介します。

    花王株式会社

    PR

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ