【耳鼻科医監修】子どもの口臭は副鼻腔炎が原因?咳や鼻水もあるときは受診が必要?

【耳鼻科医監修】子どもの口臭は副鼻腔炎が原因?咳や鼻水もあるときは受診が必要?

子どもに口臭や鼻水、咳や頭痛、鼻呼吸が苦しそうな様子があるときは副鼻腔炎かもしれません。副鼻腔炎の兆候や症状、原因、副鼻腔炎は周囲にうつるのかなどを白金エムズクリニック院長の耳鼻科医、三塚沙希先生監修のもと解説します。また受診が必要な症状や副鼻腔炎のホームケアや対処法もあわせてご紹介します。

三塚沙希(エムズクリニック白金)

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、鼻の奥にある副鼻腔という場所に炎症が起こって、膿がたまる病気です。

副鼻腔炎は、花粉やホコリ、風邪のウイルスが原因でかかることが多く、子どもの場合、一度患うと風邪をひくたびに再発しやすくなります。

専門家も

こどもの間は副鼻腔炎を繰り返すことが多いです
出典: Askdoctors

と注意喚起をしています。

副鼻腔炎は、うつる病気ではありませんが、風邪や感染症がきっかけでかかることが多いため、風邪や感染症が流行っているときなどは特に注意が必要です。

副鼻腔炎には、症状が出てから4週間以内で治る「急性副鼻腔炎」と、症状が1~3ヶ月以上続く「慢性副鼻腔炎」があります。

子どもの副鼻腔炎の兆候

・鼻水がのどに落ちて気持ち悪がる。
・鼻づまりがつらくて、十分に睡眠がとれない
・鼻が詰まったり苦しくなったりして母乳や食事をとれない、食欲不振

などの様子が見られる場合には副鼻腔炎の可能性があります。思い当たる様子があるときには受診が必要かもしれません。

子どもの副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎にかかると主に、鼻水、咳、頭痛、口臭、いびきなどの症状が見られます。

それぞれの症状を詳しく見ていきましょう。

鼻水

はなみずをかむ子ども
iStock.com/Sasiistock

アレルギーの鼻水は、透明でサラサラしているものですが、副鼻腔炎の鼻水は黄色や緑色っぽく、粘り気があります。アレルギー性なのか、副鼻腔炎なのかは鼻水が見分けるポイントになります。

急性副鼻腔炎:黄色い鼻汁が出ます。青っ鼻のような緑色の鼻汁が特徴です。

慢性副鼻腔炎:になると、粘り気があり、膿のような鼻汁が出ます。

副鼻腔炎は、鼻水がのどに流れ、たんが絡んだような湿った咳が現れます。喘鳴を伴い、ゼロゼロした音がなる咳が特徴です。

頭痛

子ども頭痛い
kornnphoto/Shutterstock.com

頭に近い鼻の奥の副鼻腔に風邪ウイルスや花粉、ホコリなどのアレルゲンが入って副鼻腔炎を起こすため頭痛を感じます。副鼻腔に膿がたまってくると頭に重さを感じ、膿がたまって悪化していくと、眉の間やこめかみ辺りにも痛みを感じることもあります。

鼻をすすると副鼻腔に圧力がかかり、頭痛、頭重感の症状が強くなります。子どもが頭を支えるような姿勢をとりたがったり、何かにもたれかかる様子が増える場合には副鼻腔炎になっている可能性があります。

口臭

鼻づまりで口呼吸が増えると、口の中が乾燥し、雑菌が繁殖しやすくなり口臭が強くなることがあります。また鼻の粘膜が炎症を起こして鼻づまりが続くと、副鼻腔に膿がたまります。膿がたまることで口臭につながることがあります。

特に寝起きのときなどに、子どもにこもったような口臭があるときは副鼻腔炎の可能性があります。

いびき

副鼻腔炎では、鼻づまりの症状から、特に就寝時の口呼吸が増え、子どもでもいびきをかく場合があります。

顔面痛

目の近くの副鼻腔に炎症がおこると、頬や両目の間、眼痛を引き起こす場合があります。副鼻腔のひとつである前頭洞という部位に炎症を起こしたときには、おでこに痛みを感じることもあります。風邪のあとなどに子供が顔を痛がる、手で覆うなどの様子が見られたら副鼻腔炎を疑ってみましょう。

発熱

副鼻腔炎で発熱することもあります。

また副鼻腔炎で高熱や激しい頭痛があるときには、まれに副鼻腔の炎症が、目や脳にいき、視力が落ちたり、強い頭痛から意識障害などの合併症を引き起こす危険性があるので注意が必要です。

副鼻腔炎のときの対処法

副鼻腔炎にかかったときにはどのようなことに注意したらよいでしょうか。

鼻をまめにかむ

赤ちゃん 鼻かみ
iStock.com/real444

副鼻腔に鼻汁がたまると、副鼻腔炎になりやすくなります。特に幼児は、大人と比べると副鼻腔が小さいので、なるべく鼻をすすらないようにまめに鼻をかんで、鼻汁が副鼻腔にたまらないようにすることが大事です。

また、鼻をかむときは、片方ずつ、適度な強さで、鼻汁をしっかり出し切るまで繰り返しかむようにしましょう。ママやパパが先に鼻をかんで見せたり、鏡の前に立たせて、ティッシュを使わずに鼻をかませ、自分の姿を確認させたりすると、鼻のかみ方がだんだん上手になってくるかもしれません。

鼻の吸入

耳鼻科や小児科を受診すると、霧状の薬剤を病院にある鼻の穴や口から吸入し、副鼻腔に直接に送り込む治療が受けられます。

鼻の中の菌に直接働きかけるので効率のよい治療法です。

処方薬の内服

副鼻腔炎には、鎮痛剤や抗生剤、消炎剤、鼻水やたんの排出をうながす薬が処方されるでしょう。個人差がありますが、比較的長期投与となることが多いようです。

専門家も次のように述べています。

副鼻腔炎は治療に長くかかる疾患です。 定期的に通院治療を受けることをお勧めします。
出典: Askdoctors

また長期間抗生剤の投与に効果が見られないときには、鼻水の細胞や菌を調べる場合もあります。「子どもだから」というわけではないですが、副鼻腔炎と診断されたら完治まで時間がかかると思っておいた方がよいでしょう。

副鼻腔炎の症状を知り、正しい対処をしよう

親子にこにこ
ANURAK PONGPATIMETT/Shutterstock.com

副鼻腔炎はアレルギーや風邪などで鼻水をすすることが原因で、かかることが多いでしょう。青っ鼻のような鼻汁や、鼻汁がのどに流れる症状が特徴です。ほかにも子どもの鼻水や咳がずっと続いたり、口臭が気になると、副鼻腔炎かもしれません。

副鼻腔炎は人にうつることはありませんが、風邪を引いたときには鼻をすすらないように注意し、鼻をしっかりかむことで副鼻腔炎になるのを予防できるかもしれません。

年齢が低いと、上手に鼻をかむのはなかなか難しいものです。鼻すい器で鼻水を取ったり、ママやパパが丁寧に鼻のかみ方を教えることが大切です。副鼻腔炎かもしれないと思う症状が見られたら、受診をして正しい治療で完治させることが大切です。

監修:三塚沙希(エムズクリニック)

No Image

三塚沙希(エムズクリニック白金)

三塚沙希の監修記事一覧(バックナンバー)

エムズクリニック白金 院長。

わかりやすく、丁寧な診察を心がけ、お子様からお年寄りまで安心してかかれるクリニックを目指している。

エムズクリニック白金

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年09月17日

専門家のコメント
12
    いちぽ先生 保育士
    鼻が詰まっているときや喉が乾燥しているとき、臭いを感じる時があります。
    副鼻腔炎でもそのよ
    じゅん先生 保育士
    副鼻腔炎は、私もなった事がありますが熱が出て、非常に痛いです。特に奥歯が痛くなります。目の
    せおみ先生 保育士
    鼻が詰まっている時や、鼻水が出ている時、など口を開けて寝ているなー。と思うと次の日、いつも
    のんの先生 保育士
    子供の口臭が気になるということが結構ありました。
    いちど耳鼻科に通わせてみようと思います。
    すみっこ先生 保育士
    口呼吸になると乾燥してしまうのもあり子どもでも口臭に繋がると歯医者さんで教えてもらいました
    まい先生 保育士
    口が乾燥しているとか副鼻炎を起こしているとたしかに臭う気はします。
    病院でみてもらって、お
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

カテゴリ一覧