【小児科医監修】これっておむつかぶれ?病院へ行く目安と受診すべきかについて

【小児科医監修】これっておむつかぶれ?病院へ行く目安と受診すべきかについて

赤ちゃんの肌はデリケートです。毎日のおむつ替えが原因でおむつかぶれになる赤ちゃんも少なくないようです。また、おむつかぶれは小児科、皮膚科、何科の病院に行ったらよいのか、悩むママも多いようです。おむつかぶれの症状と、ホームケア、治療法、病院に行く目安や薬の使い方をあわせてご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

おむつかぶれの原因

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べると、皮膚が薄く外からの刺激に弱いのが特徴です。またおしっこやうんちの成分は肌にとっては刺激になります。

さらに、汗やうんち、おしっこがたまったおむつの中は、高温多湿で蒸れた状態となり、デリケートな肌のバリア機能がさらに弱まった状態になります。肌のバリア機能が低下しているところに、刺激となるおしっこやうんちの成分が、長時間接触することでおむつかぶれが起こります。

このほかにも、サイズの合わないおむつを使うことで、うんちやおしっこが肌の広範囲に広がったり、ゴム部分がきつくて肌が擦れて肌トラブルを起こす場合もあります。一日に何度もある、おむつ替えのときにおしりふきでゴシゴシ強く拭くと、それが肌にダメージを与え、おむつかぶれを引き起こす場合もあります。

おむつかぶれの症状

赤ちゃんのおむつ替え
ucchie79/Shutterstock.com

おむつかぶれの初期症状として、陰部やおしりを中心に、おむつがあたる部分が赤みを帯びることがあげられます。

股や足の付け根、肛門周りに起こりやすく、おむつカバーや紙おむつの、ゴムがあたる太ももや腰にも起こる場合があります。肛門の周りに輪をかいたような赤い部分がみられることもあります。赤い小さな発疹がみられ、悪化すると皮膚がただれ、痛みやかゆみが生じたり出血する赤ちゃんもいるようです。

新生児期やお腹の調子が悪く、下痢やゆるいうんちが続くときには、特に症状がひどくなる傾向があります。

病院へ行く目安

「おしりが赤いだけなんだけど…」と、受診を迷うママも多いでしょう。「肌が赤くなっているだけで機嫌がいい」などの場合は、この記事の最後に記載しているホームケアを行い、様子を見てもいいでしょう。

ただし、おしりまわりの皮膚がただれたりむけている、赤いブツブツや湿疹が広がっている、赤ちゃんがかゆがって機嫌が悪い、痛がって泣くなどの症状がみられたら、カンジダ皮膚炎などになっている場合があります。すぐに病院に行くようにしましょう。

小児科と皮膚科どっちにいけばいいの?

診察を受ける赤ちゃん
buritora/Shutterstock.com

「もしかしてこれおむつかぶれかな?」と思ったときに小児科、皮膚科など何科の病院に行けばよいのか迷うママが多いようです。

小児科でも皮膚科でもどちらの病院でもよいですが、まずはいつも診察してもらっている、かかりつけ医にみてもらいましょう。かかりつけ医が小児科医なら小児科で、すでにかかりつけの皮膚科があるなら皮膚科に直接行くのもよいでしょう。

かかりつけの小児科で診てもらった結果、症状によって皮膚科を紹介される場合もあります。

おむつかぶれで処方される薬

おむつかぶれの症状によって処方される薬は変わってきます。症状によってどのような種類の薬が処方されることが多いかを調べてみました。

いずれの薬の場合も、用法や用量をよく確認して使用してください。また、症状がなかなか改善されない、悪化した場合は、医師に相談しましょう。

症状が軽めのときは「保湿薬」や「非ステロイド外用薬」

おむつ交換の回数が多いと、その分おしりふきなどで清潔にする回数も増えます。清潔にすること自体は肌を健やかに保つために大切なことですが、ふき取りをしたままだと、乾燥して外からの刺激に弱くなってしまい、トラブルを招きやすくなります。

「保湿薬」は、清潔にしたおしりの表面を保護し、おしっこやうんちなどの排泄物の刺激から肌を守ります。

おしりをきれいに洗ったあと水気をよく拭き、保湿薬を塗りましょう。肌をバリアし、外からの刺激をブロックする働きをしてくれます。ほかにも「非ステロイド外用薬」をガーゼにつけて炎症部分に使う場合もあります。

症状が重いときは「ステロイド外用薬」

症状が重いときには、ステロイド外用薬が処方されることが多いでしょう。ひどい部分に塗ると炎症が抑えられますが、やや刺激が強いため、症状があらわれている部分にのみ塗るようにしましょう。基本的に数日間の短期使用です。

おむつかぶれのホームケア

おむつとケア用品
Fascinadora/Shutterstock.com

「おむつかぶれになってしまった」場合は、どんなことに気をつけたらいいでしょうか。今すぐできるケア法をレクチャーします。

おむつをこまめに替える

おしっこやうんちのついた、おむつを長い間そのままつけていたり、おむつを交換するタイミングが長時間見つけられないと、おむつの中は汗やおしっこ、うんちによる蒸れや刺激でダメージを受けます。おむつが濡れていないかこまめに確認し、取り替えるようにしましょう。

肌を清潔にしたら忘れずに保湿を

おしりを清潔に保つことがおむつかぶれにならないために重要です。下痢や軟便のときは、できるだけ洗面器にぬるま湯をはり、おしりをつけて脱脂綿などで洗い流すか、シャワーでうんちを洗い流しましょう。

うんちのたびに洗うと回数が多すぎて、逆におしりがかぶれてしまう場合があるので、おしりを洗うのは1日1~2回を目安にしましょう。おしりふきを使う場合は、ゴシゴシこすると肌への刺激になります。汚れにおしりふきをおしつけて密着させて取り除く「押し拭き」をしてください。

清潔にした後は必ずクリームやローション、オイルなどで保湿をしっかり行ってください。

おしりふきは刺激の少ないものを選んで

おしりふきに含まれているアルコールでかぶれてしまう場合もあります。アルコールを使っていないものや低刺激のおしりふきを選んでください。

また、おしりふきの代わりにベビーオイルをコットンに含ませる、ガーゼを濡らして使うなどの方法でもOKです。

おむつ交換のときに、蒸れて肌トラブルを起こしやすい足の付け根なども優しく拭くことでおむつかぶれの予防につながります。

紙おむつのサイズや性能に注意する

おむつのサイズが赤ちゃんの身体に合っていないと、おむつかぶれや、肌とおむつの摩擦で肌のただれが起きたり、排せつ物が漏れることで、おむつの外の肌荒れの原因になります。

赤ちゃんの体系に合ったサイズや素材のおむつを使うことが大切です。

保湿と清潔にすることでおむつかぶれを防ごう

おむつを替える子ども
iStock.com/iryouchin

おむつかぶれにならないためには、こまめなおむつ交換と、肌を清潔にしてその後しっかり保湿をすることが大切です。ですが、気をつけていてもおむつかぶれになってしまうこともあるでしょう。

症状が軽い場合は、ホームケアをして様子をみてもいいでしょう。ただし、症状がひどいときや薬を処方しても悪化するようであれば、受診の目安を参考に、早めのタイミングでかかりつけの小児科や皮膚科で診てもらうようにしましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニック
クローバーこどもクリニックのブログ

2018年05月02日

専門家のコメント
16
    かよう先生 保育士
    オムツかぶれで受診する目安難しいと思っていました。
    日頃のケアもとても大切ですね。
    ゆう先生 保育士
    オムツかぶれなど、お子様によって全然違いますし、保育する側としては、細かい点も教えていただ
    いちぽ先生 保育士
    うちはうんちの回数が多く拭き残しも肌が荒れる原因になると聞いてよく拭いていました。優しく拭
    こと先生 保育士
    オムツかぶれで受診したことはないですが、私ならなかなか治らず血が出たりしたら受診すると思い
    とーち先生 保育士
    うんちの回数が多い時にオムツかぶれになりました。

    顔に湿疹も出ていたので、湿疹とオムツか
    みー先生 保育士
    オムツかぶれと思い市販のオムツかぶれ用の軟膏を塗っていましたが、一向によくならず、5日目に
    まい先生 保育士
    血が出てしまったりと赤みがひろがって腫れているなどだと少し見てもらった方がいい気もします
    とーち先生 保育士
    うんちの回数が多い赤ちゃんの時期におむつかぶれになりました。

    脱脂綿で優しくお尻を拭いて
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ