【小児科医監修】子どもの救急、症状別の対応と知っておきたいサービスについて

【小児科医監修】子どもの救急、症状別の対応と知っておきたいサービスについて

子どもの急な体調不良のとき、どのように対応したらよいか戸惑ってしまった経験はありませんか?症状や月齢によって、対応の仕方も変わってくるでしょう。そこで、子どもの症状別の救急対応の方法と、万一のときに役に立つ情報を紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

病院がやっていないときの子どものトラブルには

病院がやっていない時間帯に子どもの体調が急変したら焦りますよね。救急車を呼んだ方がよいのか、救急で受診するべきか、または様子を見て翌日の診察時間内に受診すればいいのか迷うママやパパも多いことでしょう。

そこで、症状別の正しい判断の目安とためになる情報を紹介します。

子どもによくみられるトラブル・症状

「高熱が出た」「吐いた」「けいれん」など子どもによく見られる症状から救急で受診する必要があるのか、診療時間内に受診するべきかを紹介します。

ここで紹介した記事はあくまでも目安です。最終的には、お子様の様子をよく観察し、各家庭で判断してください。

39℃以上の熱(高熱)が出た場合

救急病院
©ucchie79- Fotolia

生後3ヶ月までは診療時間外でもすぐに病院へ。高熱で、さらにけいれんをしている場合には救急車を呼んですぐに病院に向かいましょう。

子どもが生後3ヶ月以上で、

・40℃以上の発熱
・熱に加えてけいれんがあった
・意識がもうろうとしている
・顔色が悪い
・食欲がなく吐く
・体を動かすと泣いてぐずる
・おっぱいや水分を飲めない

場合には診療時間外でも病院に行き受診が必要です。

高熱があるものの、わりと元気があって水分も摂れているときは、翌日、診療時間内に受診すれば大丈夫です。

けいれん

けいれんは3歳児未満の子どもに多く見られる症状です。

けいれんしている我が子を見ると、いつもとあまりにも様子が違うため動転してしまうママも少なくありません。できるだけ落ち着いてけいれんの様子や、けいれんしている時間をしっかり確認することが大切になってくるでしょう。

・熱があり、意識がもうろうとしていてほとんど反応がない
・5分以上けいれんが続く
・意識がなかなか回復しない

上記の場合は、救急車を呼んですぐに病院に行きましょう。

・熱がで始めてすぐにけいれんした
・元気だったのに突然けいれんした
・初めてけいれんした

上記の場合は、診療時間外でも病院に行きましょう。

また、泣いている最中に起こすけいれんが「憤怒けいれん」です。大泣きしたり、かんしゃくを起こしているうちに息ができなくなることでけいれんが発生。ただし一時的な発作なのですぐにおさまります。後遺症がないので、すぐに病院に行かなくても大丈夫でしょう。

また、病院に行く際に、「舌をかまないように」と、口になにかをかませる人がたまにいますが、逆に危険なのでやめてください。

呼吸が苦しそう

呼吸が苦しそう、息苦しそうな時は、月齢ではなく子どもの状態や症状で判断するのがポイントです。

・初めて食べたもののあとに呼吸が苦しそうで元気がない
・急に激しく咳込み、元気がなく咳が続く

上記の場合には救急車で病院に行きましょう。

・呼吸するたびにゼーゼー音がして元気がなく苦しそう
・元気がなく、粘り気のあるドロッとしたたんがでる
・息が荒く、犬の遠吠えのような咳がでて元気がない

上記の場合には診療時間外でも病院に行きましょう。

下痢・嘔吐が止まらない

下痢・嘔吐のときも月齢ではなく、嘔吐した物や便の色、子どもの状態や機嫌をチェックするのがポイントです。

・初めて口にする食べ物を食べた後に吐き、顔色が悪くぐったりして元気がない
・吐いたものが緑色
・いちごゼリーのような色のうんちがでる

上記の場合には救急車を呼びましょう。

・10~30分おきに激しく泣いて吐く
・下痢便が何度もでて嘔吐もある

上記の場合には診療時間外でも病院に行きましょう。

誤飲

誤飲
©milatas- Fotolia

誤飲したものによって緊急を要するかが異なります。

・トイレ用洗剤
・花火
・防虫剤
・抗うつ剤
・たばこが浸かった灰皿の水

など塩酸やクレゾール、ニコチンを含んでいるものが危険です。誤飲した場合には救急車を呼んで病院に行きましょう。

・灯油
・家庭用漂白剤
・日焼け止め化粧品
・香水
・たばこ

を誤飲した場合には診察時間外でも病院に行きましょう。

・蚊取り線香
・口紅
・クレンザー
・粘土
・シリカゲル

を誤飲した場合は緊急ではなく、診療時間内に病院に行きましょう。

万一の救急の際に役立つ情報とは

子どもの救急対応が必要になったり、急変トラブルはこのほかにもたくさんあります。そこで子どもの急な病気の対応の判断目安になる病院の情報など子どもの救急対応や、万一のトラブルのときに役立つ情報をご紹介します。メモで保存しておくと、いざというときに安心です。

子どもの電話相談事業(♯8000)

厚生労働省が行っている事業です。休日や夜間などの急な子どもの病気にどのように対応したらよいのか、直接、住んでいる地域の小児科医や看護師に電話で相談ができ、症状に応じたアドバイスをしてもらえます。全国から利用できるのも魅力です。

子どもにやさしいタクシーの利用

夜中の急変で電車や車が使えないときにはタクシーが便利です。

エチケット袋やウェットティッシュを完備していたり、子どもの扱いに慣れているドライバーが乗務しているタクシーもあります。

休日診療している近隣の病院情報

住んでいる地域の医師会のホームページや市役所などのサイトを見ると、休日急患診療所や小児急病センターなどの情報が載っています。

子ども(小児)の救急対応に備えて対策や情報をチェック

救急車
©xiaosan- Fotolia

様子がいつもと違ったり、突然体調を崩したりなど、救急対応が必要な子どものトラブルの際は、ママやパパも焦ってしまいますよね。やみくもに救急車を呼ぶのではなく、子どもの様子をよく観察し、冷静に判対応することが大切です。

また、万が一の子ども(小児)の救急に備えて、役立つ情報を調べておくと焦らずに済むかもしれませんね。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年04月15日

専門家のコメント
16
    ゆう先生 保育士
    熱性けいれんで、甥っ子が救急車で運ばれたことがあります。初めてのことで、親も周りも動転して
    いちぽ先生 保育士
    #8000もしくは、近所に小児救急があるので直接電話をかけるようにしています。いざとなると
    せおみ先生 保育士
    子どもの体調不良や事故は本当に心配になりますよね。夜中や休診日に限って熱が上がってきたり。
    すみっこ先生 保育士
    #8000で相談をしたことがあります。的確に教えてもらえ、これからどうするべきなのか(すぐ
    さと先生 保育士
    保育園で6才の子どもが初めて熱性けいれんを起こし救急車を呼んだことがあります。
    初めてのこ
    あー先生 保育士
    地域によってこどもの夜間の救急のうけつけ場所などちがうのであたまに入れておきたいですよね!
    すー先生 保育士
    1度#8000に電話したことがありますが、それ以外は小児科の先生在住の救急に連れていってい
    まい先生 保育士
    #8000、かかりつけの医師に電話がいいと思います。
    焦ってしまうので冷蔵庫に貼っておくな
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧