【小児科医監修】赤ちゃんのやけど(火傷)。起こりやすいシーンと水ぶくれの応急処置

【小児科医監修】赤ちゃんのやけど(火傷)。起こりやすいシーンと水ぶくれの応急処置

赤ちゃんや子どものいる家庭で熱湯や暖房器具を使っていると、やけど(火傷)を心配するママも多いのではないでしょうか。そこで赤ちゃんがどのような場面でやけどしやすいのか、やけどをしてしまった場合どのように対処すればよいのかを紹介していこうと思います。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

こんな場面で赤ちゃんはやけどをすることもある

熱い飲み物が入ったやかんやポット、ガスコンロ、ストーブなどのほかに炊飯器の蒸気など火以外でもやけどをすることがあるようです。

炊飯器の蒸気
© Tsuboya – Fotolia

また、ママが使ったあとのヘアアイロンなどでもやけどしてしまう、赤ちゃんもいるようなので手が届かない場所や、チャイルドロックをかけるなどしてやけどを防ぐようにしましょう。

やけど(火傷)のステージ別症状

やけどには症状により3つの症状に分けられます。ステージ別に症状を見ていきましょう。

Ⅰ度

Ⅰ度は表面の皮膚のみのやけどを指します。赤くなったり、腫れたりしヒリヒリした痛みがありますが、数日で収まることが多く、跡が残ることもないようです。日焼けもⅠ度に含まれます。

Ⅱ度

比較的軽症な浅達性Ⅱ度と早めの処置が必要な深達性Ⅱ度の二つに分けられます。

浅達性は痛みが強く、そのほかにも熱を持って腫れている感じ、赤い水ぶくれなどの症状が見られます。医師の治療をきちんと受けると、1~2週間治り、傷跡はほとんどのケースで残りません。

深達性は真皮の深いところまでやけどが達している状態で、白い水ぶくれができます。場合によっては神経まで損傷していることもあり、痛みを感じにくいこともあります。傷跡も残る場合が多いです。

Ⅲ度

Ⅲ度は皮下組織までやけどで損傷している状態を指します。神経も焼けてしまっているので痛みは感じないようです。やけどした部分は白く乾燥し、皮膚がもりあがりケロイドという状態になり跡が残ります。場合によっては機能障害が残ることもあるようです。

やけどの状態や範囲によっても治療期間や方法も変わってくるので、かかりつけの小児科や皮膚科を受診し医師の指示を仰ぎましょう。

やけどの初期処置のポイント

やけどをしてしまった場合の初期処置として家で行うときのポイントを聞いてみました。

水道水などの清潔な水で冷やす

水で手を冷やす
Dzelaluddin/Shutterstock.com

冷やすときに受傷部から雑菌を侵入するのを防ぐために清潔な水で冷やすとよいでしょう。洗面器に水を溜めながら、冷やす方法もOKです。

また、発熱時に使用する冷却シートはあまり効果がないようです。
稀に「味噌で冷やすといい」などという人がいますが、逆に傷口から雑菌が入ってしまい、悪化する可能性もあるので、水で冷やす以外はせず、病院へいきましょう。

ちなみに、専門家はこのようにアドバイスしています。

お家でできることは、すぐに水で冷やすことです。できるだけしっかりと冷やしてください。その後はガーゼを巻いた保冷材などで浸してもいいでしょう。赤ちゃんお肌は薄く柔らかいですから、すぐに氷や保冷材を使うと肌の損傷が強くなることがあります。水が一番です。落ち着いた後も直接は付けずにガーゼやタオルでくるんでから使ってくださいね。水ぶくれになっているので皮膚科受診をお薦めします。
出典: AskDoctors

冷やす時間は15~30分が目安に

冷やす時間の目安は15分~30分ですが、患部の痛みが消えるまで冷やしましょう。やけどが広範囲の場合はすぐに小児科や皮膚科を受診しましょう。

衣類を脱がさず、衣類の上から冷やす

衣類を着用している場合、無理に脱がせると、皮膚がはがれてしまうことも。着せたまま冷やすのがよいでしょう。

やけどの後の水ぶくれ

火傷の水ぶくれ
9Gawin/Shutterstock.com

やけどのあとに水ぶくれになったこともあるのではないでしょうか。原因や期間、破れたときの処置の仕方を調べてみました。

水ぶくれになる原因

水ぶくれができる仕組みとは、やけどによって損傷した血管から体液が漏れ出すことで起きます。

水ぶくれになるやけどの場合Ⅱ度以上のことが多く、見た目より重症なこともあるようなので水ぶくれが白くなったときは急いで受診しましょう。

水ぶくれができる期間

やけどのステージによっても異なりますが、ひどいと3週間以上かかることもあるようです。

破れるとどうなる?

水ぶくれが破けてしまった場合、破れたところから細菌感染することもあるので清潔なガーゼなどを当てて保護しましょう。また、破けてしまった皮膚は取らずに、早めに受診することで、傷跡の有無にも関係してくるようです。

水ぶくれは、やけどの度合を知るうえでバロメーターになります。なるべく破けないように清潔なガーゼで保護して過ごしましょう。破けてしまった場合は、触らずすぐに受診しましょう。

赤ちゃんのやけど(火傷)は水ぶくれの有無と適切な初期処置が大切!

子どもの手を包むママ
Photosani/Shutterstock.com

赤ちゃんのやけどは、チャイルドロックや、赤ちゃんの手の届かない位置で熱を発する家電を使うなど、日頃の工夫で防ぐことができます。

しかしやけどをしてしまった場合は慌てず、すぐにきれいな水で冷やして初期処置をしましょう。白い水ぶくれになったときには医療機関を早めに受診することで、あとが残る度合、期間も変わってきます。赤ちゃんの皮膚の状態をこまめに観察して、早めの対応を心がけてください。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)
眞々田 容子

信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバー こどもクリニック

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年04月04日

専門家のコメント
14
    いちぽ先生 保育士
    やけどはまだしたことがないですが、アイロンやコテなどについ触れてしまってというのは日常起こ
    ひで先生 保育士
    低温やけども注意が必要ですね、大人ですらうっかりなってしまうので、、、
    のんの先生 保育士
    ストーブの前にじっとすわっていて、
    背中が真っ赤になる!なんてこともあります。
    子供は大人
    めい先生 保育士
    子どもの動きは予測できないので、いつ火傷をしてしまうか分かりませんね。
    つかまり立ちができ
    あー先生 保育士
    わたしのこどももも料理をするのを横でみていたら、火傷をしたことがあります💦きをつけていて
    すー先生 保育士
    火傷はしたことないですが、アイロンするときは子どもが部屋に入ってこないようにドアを閉めるか
    すみっこ先生 保育士
    炊飯器でご飯を炊いているときの蒸気に触れてしまい、火傷まではいきませんでしたが痛い思いをさ
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧