【整形外科医監修】子どもの猫背が気になる。姿勢の悪さによる影響や対処法

【整形外科医監修】子どもの猫背が気になる。姿勢の悪さによる影響や対処法

病院に行く目安や家庭で取り組めるサポート

子どもの姿勢の悪さや猫背が気になることはありませんか?猫背の治し方や対処法、病院での受診の目安が気になるママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、治し方など家庭でできる対処法について解説します。

千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

子どもの猫背

近年、身体を動かして遊ぶ子が減り、ゲームで遊ぶ子どもが増えていることから、子どもの姿勢の悪さや猫背が問題になっています。子どもの体は、大人と違って柔軟にできているため、長時間同じ姿勢でいると歪んでしまったり、悪い姿勢がくせになったりするため注意が必要です。猫背の影響や正しい姿勢が身につくように、家庭で取り組める治し方やサポートが気になるママやパパもいるでしょう。

今回は、子どもの猫背による影響や病院での受診の目安、正しい姿勢を身につけるための対処法について解説します。

子どもの猫背で起こる影響

iStock.com/BBuilder
子どもの姿勢が悪いと、子どもの成長に関するトラブルを起こす可能性があります。どのような影響があるのでしょうか。

体の働きが悪くなる

姿勢が悪くなると、体のさまざまな器官に大きな負担がかかります。内臓の代謝が悪くなると、エネルギーの消費や消化が上手くできなくなり、肥満体質につながる可能性もあります。消化が悪いと、お腹の調子が悪くなることもあるでしょう。

体の働きが悪くなると、体内に老廃物がたまって、疲れやすい、だるいといった体の働きにも影響が出るため注意が必要です。

集中力の低下

猫背になると、姿勢が前かがみの状態が続くため、姿勢がよいときと比べると呼吸が浅くなりがちです。浅い呼吸で脳に取り込める酸素量が減ると、集中力が低下したり、学力に影響する場合があるため注意が必要です。

また、脳に上手く酸素が送り込めないと、自律神経が乱れてしまう場合もあります。集中力の低下に加えて、イライラしたり、怒りっぽくなってしまうこともあるでしょう。

健康に影響する

猫背や姿勢の悪さが、頭痛やめまい、肩こり、腰痛などのさまざまなトラブルを引き起こす場合もあります。

また、姿勢の悪さは、歯列や身長などの子どもの成長にも影響を与えてしまう可能性もあります。身長は成長期をすぎるとほとんど伸びることが期待できません。育ち盛りの子どもは、特に注意が必要です。

病院での受診の目安

子どもが腰痛や関節の痛みを訴える場合は、早めに病院で受診をしましょう。腰痛や関節痛などのトラブルは、整形外科が専門になります。理学療法士が在籍する整形外科クリニックが特にお勧めです

子どもの姿勢を見るうえで、立った時に首が前に出すぎる場合や、背中が丸まり猫背になっている場合、肩の高さや骨盤の高さが左右で違うといった姿勢が気になる場合は整形外科クリニックで医師に相談をするとよいでしょう。

家庭で取り組める治し方や対処法

猫背になったり、姿勢悪くなったりしないためには、小さいうちから正しい姿勢を心がけることが大切です。家庭で取り組める猫背の治し方や対処法についてご紹介します。

正しい姿勢を確認する

身長をはかる男の子
iStock.com/pinstock
子どもに姿勢を治しなさいと注意しても、親自身の姿勢が悪かったり、正しい姿勢を子どもが知らないことで身につきにくいこともあるでしょう。なぜ姿勢が悪いといけないのかといった理由とあわせて、鏡や写真を使って確認すると、子どもがわかりやすいかもしれません。

正しい姿勢は、両足と指全体をしっかり地面につけて、背筋を伸ばして真っすぐ立つことです。横から見て胸やお腹が突き出すようではよい姿勢とは言えません。椅子に座るときは、骨盤が倒れないように背筋を伸ばして座りましょう。子どもだけでなく親もいっしょに正しい姿勢を確認することが大切です。

運動やストレッチをする

筋力を鍛えたり、のばしたりする運動やストレッチを取り入れると、体が偏って固まるのを防ぎ、猫背やなど姿勢の悪さの予防にもつながります。同じ運動を続けるよりも、バランスよく体を動かすとよいでしょう。

体幹を鍛えるトレーニングや、骨盤のゆがみを改善する体操を取り入れながら、さまざまな運動やストレッチを心がけましょう。

長時間のゲームは控える

子どもがゲームに熱中していると、長時間同じ姿勢で座ってしまうこともあるでしょう。その際、背中が丸まる、下を向いて座るなど姿勢が悪いと、猫背につながってしまう場合があるため注意が必要です。

ゲームをする際は時間を決めたり、時間を区切ってストレッチなどを取り入れるとよいかもしれません。ゲームに夢中になると、子どもが自分自身で意識しづらいこともあるので、大人が声をかけるなど、工夫しながら対処することが大切です。

グッズを使用する

正しい姿勢を身につけることを目的としたグッズにはさまざまな種類があります。骨盤矯正や姿勢矯正など正しい姿勢をサポートするクッションや椅子、体に身につけるベルトや下着などが代表的かもしれません。子どもの年齢や身長にあったものを選ぶとよいでしょう。

間違った使い方をすると余計に姿勢が悪くなる場合もあるため注意が必要です。説明書をしっかり確認して正しい使用を心がけましょう。

正しい姿勢が身につくようサポートしよう

親子
iStock.com/pixelfit
子どもの猫背や姿勢の悪さは、体のさまざまな器官の働きが悪くなったり、呼吸が浅くなって集中力が低下したりとさまざまなトラブルを起こす可能性があります。

子どもが腰痛や首の痛みを訴える場合や、姿勢が気になるときは、早めに病院に行き整形外科医師に相談をしましょう。

監修:千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

No Image

千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

上高田ちば整形外科・小児科 院長。日本整形外科学会 整形外科専門医。
整形外科・リハビリテーション科を担当。お子様が楽しく通えて、お母様も安心のクリニック作りを目指して地域に貢献する医療に取り組んでいる。

2019年12月12日

専門家のコメント
18
    かよう先生 保育士
    ゲームをしたり、家で過ごすことが多くなることに伴って姿勢が気になるという子どもが増えてきた印象です。
    猫背を直したいけど、呼吸が浅くなったり、集中力が切れたりすることに繋がると知って改めてしっかり考えなければ行けない問題だなと思いました。
    いしし プレパパ修行中
    @かよう先生さん
    呼吸が浅くなることもあるんですね。。。 勉強になります!
    ちぃ先生 保育士
    良い姿勢を保つのって難しいですよね。私自身があまり良くない方なので親子で気をつけていきたいです。

    うちの子の場合、小児科の先生から鼻の通りが悪いために楽な姿勢をとり、それが姿勢の悪さに繋がっているとのこと。姿勢の悪さにも色々な要因があるということも知りました。正しい姿勢を身につけられるよう
    何故姿勢が悪いのかも考える必要があるのかなと思いました。
    わい先生 保育士
    スマホなどゲームをすることで、猫背になったり、首が前にでてきたり、しますね。
    大人は意識だけでは、なかなかなおっていきません。強制下着もありますね。子どもは強制下着はなかなか着けてくれません。
    でも、子どもはゲーム感覚なら姿勢をよくすることができます。ゲームで遊びながら行うと楽しく姿勢もなおっていきます。
    でぶいも先生 保育士
    机と椅子が今の体に合っているかもとても影響があると思います。我が家の息子も1才ですが、椅子は座った時に足がしっかりついて、テーブルがおヘソの高さにくるよう調節して姿勢が安定するように気をつけています。
    める先生 保育士
    ゲームや、スマートフォンなどで動画ばかり見たりしていると猫背になってしまいます。保育園では身体を動かす運動遊びを取り入れたりして、身体の動きを確認するようにしています。また、食事をするときの姿勢なども大人がよくみて、言葉かけができるといいですね^^
    KST 専門家
    一長一短で治るモノではないということですね。
    みき先生 保育士
    姿勢を指摘するとき、ただ背中まっすぐにしなさい!というのではなく、おじいちゃんになる前に背中だけおじいちゃんになっちゃうかもよ、、、など子ども自身が意識してそうなりたくない!と思えるような声かけを、するといいかもしれませんね。
    姿勢を正しく保ちやすいクッションや椅子などを活用してもいいかと思います。
    なこ先生 保育士
    スマホ動画やゲームが日常化しているのでたしかに猫背の子が多い印象です。我が子もスマホを触る時は背筋を伸ばす様に気をつけています。
    はなこ先生 保育士
    食事中や、走る姿とか前傾姿勢な感じで気になります!!
    自分自身が姿勢悪くて気をつけてても癖ついてしまっているので子供たちにはそうならないように気をつけていきたいと思います😩
    いちぽ先生 保育士
    姿勢は本人の癖なので意識しないと治らないですよね。
    小さい頃から姿勢が悪いと大人になるまでずっとなので、気をつけないといけないですね。
    我が子も注意してみていくようにします。
    ぽんた先生 保育士
    我が子もゲーム、パソコンやりすぎて完全に猫背です、、、(*_*;一時期試して良かったのは、バランスボールに座ってゲームをやることでした。が、そのゲームがパソコンに代わり、バランスボールに座ってはできなくなってしまい、いまは別の案を模索中ですが、、、。スマホゲームとか、ゲーム機なら、バランスボール作戦は使えると思いますので、よかったらお試しください。あと、本人はまるで猫背の自覚がないので、運動会などでみんなが並んだところの写真をとって本人に見せたりしています。。。
    しょうこ先生 保育士
    うちの小学生も姿勢が悪いです。
    猫背で腰がそっててお腹が前に突き出るような状態です。
    ゲームはしないしテレビもほとんど見ない。
    プールや体操教室に通って、筋肉がつけばあるいは変わるかなと思いましたが今のところ変化なし。
    身体の芯が通らずグニャグニャなので、行動もシャキッとしません。
    まずは一緒にご飯を食べる時の姿勢から手本を見せつつやっています。
    はなこ先生 保育士
    子供の姿勢すごく気になります!!
    特に長女がなんかいつも丸い背中、、、、椅子の座り方も悪い、、、私自身もですが、子供の姿勢気にして行きたいです!
    ゆう先生 保育士
    たしかに以前に比べて、猫背の子どもが増えたように思います。大人でも猫背の方を多く見かけます。スマホやゲームなどの現代病も影響していますよね。呼吸など健康にも影響を及ぼすので気をつけていきたいです。
    じゅん先生 保育士
    猫背の子どもが増えたと言う事に驚愕しています。外遊びの時間が減ったからでしょうかね?私の保育園や幼稚園では、保育士も子ども達と身体を使って遊ぶ事を心がけています。階段を上り下りすることも解消法だと思います。
    ふぅ先生 保育士
    大人の猫背はカッコ悪いですもんね☺︎子供の頃から良い姿勢を習慣付けていきたいですね✨集中力に繋がるとは思っていましたけど、まさか呼吸まで浅くなるとは💦一番近くにいる親が手本となっていくべきですね
    いちぽ先生 保育士
    大人もスマホなどをいじる機会が多いと猫背になりやすいですよね。
    週間なので小さいうちから姿勢は正しく過ごせるように注意したいですね。
    ぺち先生 保育士
    園でも猫背が気になる子どもいました。やっぱりスマートフォンなどが普及しているからなんですかね、、??
    ゲーム感覚で、のびーをしたり、運動したりするのがいいのかなぁ?と思います!
おすすめユーザーのコメント
2
    SB
    姿勢は、クセになってしまうとなかなか治しにくいですし、意識しづらいですよね。

    私自身も、姿勢が悪いと感じているので、子どもといっしょに気をつけていきたいと思いました。鏡を使うのはわかりやすそうですね!

    YSK
    子どもの姿勢の悪さはけっこう気になります。

    食事の時や勉強しているときに、声をかけるのですが長時間続かないなーと。

    正しい姿勢を教えるのはすぐできそうなのでやってみようと思います。

トラブルの関連記事

カテゴリ一覧