取材レポート

「取材レポート」についての記事をまとめたページです。(7ページ)今世の中で話題のテーマや子育てに関するテーマについて、KIDSNA編集部が独自に取材。さまざまな切り口から子育てに関するレポートを随時配信。そのほかにも子育てをテーマにしたグループインタビューや専門家監修の記事など、ためになる情報満載、ぜひご覧ください。

  • ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。今回は、子どもたちのロコモ予防対策に取り組む林整形外科 院長の林承弘先生に話を聞いた。

    <連載企画>子どもの体と向き合う

  • ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。今回は、子どもの偏食について管理栄養士の上田玲子氏にインタビュー。

    <連載企画>子どもの体と向き合う

  • ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。今回は、ブルーライト研究の第一人者である、おおたけ眼科つきみ野医院(神奈川県大和市)院長の綾木雅彦先生に話を聞いた。

    <連載企画>子どもの体と向き合う

  • KIDSNA編集部の連載企画『天才の育て方』。 #12は、アインシュタインに匹敵する頭脳を持ち、アートや音楽など多方面で活躍している太田三砂貴さんにインタビュー。現在は大学生で学問に専念する彼は、どのような価値観を持って人生を歩んできたのだろうか。幼少期まで遡り、そのルーツを探る。

    <連載企画>天才の育て方

  • ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。今回は、ゲーム依存について国立病院機構久里浜医療センター院長の樋口進先生にインタビュー。

    <連載企画>子どもの体と向き合う

  • ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

  • 『#私の子育て』第8回は、5人の子どもを育てるモデルの敦子さんにインタビュー。助産師をめざして看護学校へ通いながら、仕事、そして子どもたちとの時間をどのように工夫しているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育てられるのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介していきます。今回は、『全米最優秀女子高生』を育てたアメリカにお住まいのライフコーチ、ボーク重子さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • 新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの学校や保育園・幼稚園が休所しています。家での時間が増えた今だからこそ考えたいのは、子どもの有効な時間の使い方や、親子でいっしょにできること。今回は、KIDSNA公認保育士プロアドバイザーの皆さんのおうち遊びのアイデアを、実際に編集部のママと子どもたちが試してみました。

    ♯休園休校を乗り切る

  • 子どもとのおでかけ先に悩むことはありませんか?KIDSNAでは今回、アプリ読者対象に東京ドームシティの屋内型キッズ施設「アソボ〜ノ!」の特別キャンペーンを行っています。ぜひこの機会にご利用ください。

    株式会社東京ドーム

    PR

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育つのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介。今回は、『全米最優秀女子高生』を育てたアメリカにお住まいのライフコーチ、ボーク重子さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • 2020年の教育改革が始まり、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなる今、これからの子どもたちに必要なのはどのような教育なのか。この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第6回は、本格的なプログラミング学習で次世代の人材を育てる「CA Tech Kids」代表、上野朝大さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 子どものブロックおもちゃを検討しているママ・パパもいるのではないでしょうか。今回の記事は、日本生まれのブロックおもちゃ「JOIZ(ジョイズ)」の体験レポートです。実際に保育園で園児に遊んでもらった様子や園の先生方に「JOIZ」の率直な感想を伺いました。

    ピープル株式会社

    PR

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第4回では、地方と都市を結ぶ新しい学校のかたちを提案する「デュアルスクール」について、東京と徳島のふたつの拠点から話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の著者、ブレイディみかこさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、宗教学者の中村圭志さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 今回はプレママ2人が小児科医の眞々田先生と先輩ママに赤ちゃんの睡眠について話を聞きました。睡眠は赤ちゃんの成長にとって重要ですが、出産後のママにも大切です。赤ちゃんと寝ることの苦労や睡眠不足の悩みの解決方法とは?

    株式会社 大和屋

    PR

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 低年齢幼児のことを研究してつくられた「レゴ®デュプロ」は、単に組み立て遊びをするだけでなく、子どもが心からたのしい!と思える色々な遊び方ができるブロック玩具。今回の記事では3組の親子にレゴ®デュプロで遊んでいただき、新発見した魅力をレポート。お得な情報もお伝えしていますので、要チェックです。

    レゴジャパン株式会社

    PR

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目前に、進化の真っ只中を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前でなくなるこれからの時代に、子どもに必要な教育とは何なのか?この連載では、テストや成績、運動神経など従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第2回では、大自然に囲まれたフィールドで、親子のための“遊びの学校”を実践する原っぱ大学 ガクチョ―、塚越 暁氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 親である私たちが教わってきた教育があたりまえでなくなる新時代に子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、子どものテストや成績、運動神経ではなく多方面で子どもの能力を伸ばす学びのカタチについて紹介をしていく。第1回目は新時代の教育改革者として子どもの興味開発教育を行う探究学舎 宝槻泰伸氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年を間近に迎えた近年、さまざまなテクノロジーの進化で世の中が大きく変わろうとしている。私たちの子どもが大人になる頃にはどのような時代になっているのか。今の当たり前が当たり前ではなくなっているだろう。KIDSNA編集部の連載企画『子どものミライ』#05では、繊維の加工からクラウドサービスまでをワンストップで行う、世界で唯一のウェアラブルIoT企業ミツフジ株式会社に、スマートウェアと共存するミライについて話を聞いた。

    <連載企画>子どものミライ

  • 今、ファンタの新CM「#はじめてのファンタ」篇がSNSを中心にママやパパたちの間で注目を集めています!親子のビッグイベントである、子どもの“はじめて”の瞬間。子どもがはじめて炭酸飲料を口にするとき、どんな表情を見せてくれるのでしょうか。共感の声続出のCM動画を見た、ライターがファンタを飲みながら親子時間を過ごしてみると…?

    日本コカ·コーラ株式会社

    PR

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#06は弁護士の大渕愛子氏にインタビュー。タレント業、育児グッズの企画販売もこなす彼女は現在、3児のママ。法律の専門家という責任の大きな仕事をこなしつつ子育てを楽しむ彼女は、どのように育児と仕事を両立しているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て