ヨックモックミュージアム、夏休み子ども向け特別企画ラーニングプログラム ピカソdeアート「わたしの地中海パフェ〜食べて、感じて、アートして~」を2022年7月30日㈯に開催

ヨックモックミュージアム、夏休み子ども向け特別企画ラーニングプログラム ピカソdeアート「わたしの地中海パフェ〜食べて、感じて、アートして~」を2022年7月30日㈯に開催

今年の夏は親子でピカソを感じ、「わたしの地中海パフェ」をつくってみませんか? 

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
一般社団法人YMハウス(東京都港区、代表理事藤縄利康)が運営する 「ヨックモックミュージアム」は、現在開催中の企画展「地中海人ピカソ-神話的世界に遊ぶ」の特別企画ラーニングプログラムとして、ピカソdeアート「わたしの地中海パフェ〜食べて、感じて、アートして~ 」を2022年7月30日㈯に開催いたします。

パフェの講師として、ヨックモックグループ内ハイエンドパティスリーブランド「アン グラン」のシェフパティシエ昆布 智成(こんぶともなり)がレクチャーいたします。また、完成した作品(パフェ)をその場で食べることで参加者の五感をおいしく刺激します。
※衛生上の理由で持ち帰ることはできません。制作後その場で召し上がって頂きます。
出来上がりイメージ(昆布氏の作品)
出来上がりイメージ(昆布氏の作品)
ピカソdeアートは展覧会を通して、ピカソの作品や生涯に触れながら、感じる力、つくる力を育むことを目的としています。

生涯を通して「地中海人」であり続けたピカソ。地中海沿岸で生まれ育ち、晩年、本格的に作陶を始めたのも地中海近くのヴァローリスという町でした。地中海地方は、きらめく太陽、美しい海、色鮮やかな生き物が生息する、自然豊かなあたたかい所です。歴史も古く、古代から様々な神話が語り継がれてきました。ピカソの独創的な発想や造形の源のひとつには、彼の愛し続けた地中海がありました。

パフェ作りをしていただく前に館内を巡り、展示されているピカソの作品をじっくり観察します。展覧会でピカソの地中海を体全体で感じ取り、「わたしの地中海」のイメージをふくらませます。そのイメージを作品のアイディアとして、色とりどりの食材を用い、器に彩って「わたしの地中海パフェ」をつくり上げます。
詳細はこちら

2022年07月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧